RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ファウスト 第一部・第二部(集英社文庫ヘリテージシリーズ)』感想:★★★★★

2012.05.30 Wed


ゲーテ 集英社 2004-05-20
売り上げランキング : 6188
by ヨメレバ


 中公文庫の手塚富雄翻訳の第一部に続いて、池内紀翻訳の第一部・第二部読了。こちらは第二部もまだ流通に乗っているので、新本で買える。
 韻文で書かれたゲーテの作品『ファウスト』を、日本語の響きに配慮して翻訳した手塚富雄訳に対して、池内紀訳は分かりやすさを重視した散文形式となっている。
 分かりやすければ良いかと問われれば、必ずしもそんなことはないと答えるが、キリスト以前の神話が乱舞する第二部を韻文で読むと意味不明に陥りそうなので、最初に読んだのが散文だったのは幸運かもしれない。
 ただ第一部の翻訳を比べてみれば、個人的には手塚訳に軍配を上げる。池内訳では場面場面の語り口の違いがよく分からない。



 知識の探求に明け暮れ、結果、大先生と慕われるようにまでになったファウストだが、当の本人は全く満足などしてはいなかった。

この世をもっとも奥の奥で動かしているものは何か、それが知りたい。(p.32, 第一部)

 全てを知りたいとの大きすぎる野望と、それを果たすことの出来ない己の限界とに疲れたファウストの前に、悪魔メフィストフェレスが現れる。
 メフィストフェレスはファウストをサイコロとして、神と賭けをしたのだった。ファウストの魂を手に入れた方が勝ちだ。
 そんなことなど当然知らぬファウストは、メフィストフェレスと契約を交わす。
 そして知識の探求など投げ捨てて、人間に備わったもう一つの能力、愛、を欲したファウストが出会うこととなるのは、マルガレーテ、愛称グレートヒェン。
 そうして彼女の悲劇が幕を開ける。
そのわたしが、いまは罪を犯している。でも――そうなるまでの道筋は、とてもよかった、うれしかった。(p.228, 第一部)


すべて生じてくるものは、当然のことながら滅びていく。だからして生じてこないのが、なおのこといい。(p.79, 第一部)


 さりとて、生じてしまったものを「なかったこと」にすることは出来ない。それはメフィストフェレスにも覆すことは不可能だ。
 幸福だった娘グレートヒェンを悲運に突き落としたファウストは、それでも生きていかなければならないのだ。



スポンサーサイト
Theme:紹介したい本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ファウスト 悲劇第一部』感想:★★★★★

2012.05.16 Wed


ゲーテ 中央公論新社 1974-10
売り上げランキング : 243084
by ヨメレバ


 「面白いと感じる」ことは、一体どういうことなのだろう。

 ゲーテが当時の世相を皮肉る様は、お世辞にも理解出来たとは言えない。戯曲形式で描かれる物語は、はっきり言って読みにくい。幕間でどれほどの時間が経過したのかもさっぱりだ。
 数多の登場人物が入り乱れる場面の必要性が分からない。山場であるはずのメフィストフェレスとの契約の場面も、グレートヒェンの破滅の場面もあっさりだ。しかも今気が付いたが、最初はマルガレーテ表記だったのが途中でグレートヒェンになっているじゃないか。

 と、色々と突っ込みたいところもあるものの、それらが全く瑕疵に見えないのほどに魅力的だった。
 

いや。われわれの陥っているこの間違いだらけの境涯から、
いつかは脱け出せると思い込んでいられるものは、しあわせだ。
われわれは、必要なことはいっこう知らず、
知っていることは何の役に立てることができないのだ。
(p.80)


 住民達から尊敬されるファウスト博士は、けれども己の限界に煩悶していた。弟子のワーグナーに羨ましがられても少しも嬉しくはない。
 祖父から父へ、父から己へと引き継がれた知の遺産。その上に立ったところで、見えるものとて何もない。彼が所有するのは手を触れたこともない実験器具と、虫食いだらけの書物の山だけ。
 追い詰められたファウストは、ついにはノストラダムスの書物から偉大なる地霊を呼び出すも、そのあまりの偉大さに自身の矮小さを知らされるばかり。
 全てに絶望した彼は、かつて産み出した褐色の液体により己の命を絶とうとするが、その行為は天使の合唱と鐘の音により阻まれる。そして物語はメフィストフェレスとの出会いへと展開する。


 自分自身に絶望し、悪魔の手を取ったファウスト博士は何を得ようとするのだろうか。
 己の器の小ささに苦しみながら、大いなる階段を上ろうと足掻く彼は何者か。
 そんなファウストにメフィストフェレスが応えて曰く。

あなたは、やっぱり――あなたですよ。
何百本の髪の毛を植えた仮髪をかぶっても、
一メートルもある高下駄をはいても、
あなたは、あなたであることに変わりはない。
(p.127-128)



 さてさて、悪魔の言葉は真実や否や?
 愛しい愛しいグレートヒェンを悲劇に突き落としたファウストは、彼の望み通りのものを手に入れることが出来るのか?

 続きは『ファウスト 悲劇第二部』で、……と言いたいところだが、何故だか二部は上下共に絶版もしくは重版未定で、本屋には置いておりません。ご購入は古書店で!
 



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |