RSS|archives|admin


『サラゴサ手稿』感想:★★★★★

2011.06.17 Fri
世界幻想文学大系〈第19巻〉サラゴサ手稿 (1980年)
世界幻想文学大系〈第19巻〉サラゴサ手稿 (1980年)荒俣 宏 紀田 順一郎 J.ポトツキ

国書刊行会 1980-09
売り上げランキング : 873943


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
 翻訳者は工藤幸雄。
 「好きだー! 結婚してくれー!!」とか何とか意味不明なことを絶叫したいほどに面白かったです、真面目に。君に出会えて良かった、ってのは誰の歌の歌詞だっけか。
 ただ、「何がどう面白いのよ?」と聞かれると答えに困るのも事実。うーん、何が面白いのかなコレ。一言ではなんとも説明しにくいなぁ。


 『サラゴサ手稿』はポーランドの大貴族ポトツキの作品。
 最初の序の書き手はかつてのフランス軍士官。彼がサラゴサ包囲に参加した際に、イスパニア語で書かれた手稿を発見する。イスパニア語に堪能ではない彼ではあったが、それでもその手稿の素晴らしさは分かった。後に彼は手稿の正当な持ち主から許可を得て、それをフランス語に翻訳することに成功する。以下に記すのはその翻訳後の文章である。
 と、そんな前振りから始まるのが全六十六日分の手稿。ただこの国書刊行会から出ている『サラゴサ手稿』は十四日分だけ。生殺し感が半端無いでごさいます。

 無駄に長くなるので、ここで一旦折りたたみ。


スポンサーサイト



Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(2) | top↑ |