RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『スピリット』感想:★★★☆☆

2012.03.15 Thu


スピリット

ティオフィル ゴーチェ 沖積舎 1981-09
売り上げランキング : 998352
by ヨメレバ


 読んでいる間ずっと、川端康成の「片腕」が頭の隅でチラついて離れなかった。
 幻想的な雰囲気ながらやはり日本を感じさせる「片腕」と、フランスの華やかな社交界の一員を主人公とするゴーチェの「スピリット」のどこに共通項があるのかと考えてみたところ、辿り着いたのは、そのどちらもヒロインが一個の人間ではなく、主人公にとって理想の部分のみで構成された「女の一部」であるとの答えだった。しかもその部分は、主人公の好みに応じて純化されている。
 人間という存在が肉体と魂から成るのならば、魂だけの存在となった「スピリット」のヒロインもまた、「人間の一部」には違いない。
 後は作品の根底に流れる、生ける俗物に対する嫌悪か。けれどもゴーチェの「スピリット」は、川端の「片腕」ほど他者を排斥してはいないが。



 主人公ギ・ド・マリヴェールは領地とそこから上がる収入で悠々自適な暮らしを送る貴族身分である。
 二十九歳の彼は美しく、社交界でも一角の人間として認められてはいるが、そろそろ身を落着けてしかるべき年頃であった。が、彼にはその気は全くない。
 それなのに世間は、ギは美しい未亡人ダンベルクール夫人と近く結婚するのだろうと決め付けてしまっていた。当の夫人もすっかりその心つもりだ。彼は彼女に対して何の約束もしてはいないのに。
 その勘違いはギが足しげく夫人の邸を訪れることから生まれていた。ギとしてはただ、夫人の催すサロンが不愉快ではなかったこと、また欠席すると夫人から心の篭った誘いの手紙が届くことなどから、何の下心もなく通っていたのだが。

 部屋着のギが自室で寛いでいたその夜もまた、ダンベルクール夫人の茶会に出席する予定になっていた。けれども部屋はとても暖かで心地良く、寒風吹きすさぶ外になど出て行く気にはなれない。
 ギは夫人に宛てて欠席の手紙を書こうと決意し、ペンを握ったものの全く持って言葉が出てこない。ギはこの手の儀礼のみの手紙を書くのが嫌いであった。
 ただ漫然とペンを握ったままのギの手が動いた。それも本人の意思を伴わずに。すらすらと書き上げられた手紙を見たギは驚く。
 彼本来の筆跡とは奇妙に異なった文字が綴っていたのは、ダンベルクール夫人に対するギの無関心であった。それは社交界に馴染んだ彼には伝えることの出来ぬ、けれども紛れもない本心でもあった。
 ギは礼儀に適わぬその手紙を破棄し、代わりにダンベルクール夫人の茶会に出席するために立ち上がった。部屋を出て行く際に彼の耳に届いたのは、「行かないで」と言いたげな謎めいた溜息。
 その微かな、同時に酷く魅力的な溜息にギは振り返る。だがそこには当然、誰もいはしない。
 この日の異様な出来事をきっかけとして、ギは人間とは異なる世界に住まう精霊、スピリット、が寄せる彼への愛情を知ることとなる。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |