RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『結晶世界』感想:★★★★☆

2011.10.13 Thu
結晶世界 (創元SF文庫)

J・G・バラード 東京創元社 1969-01-10
売り上げランキング : 185883
by ヨメレバ


 頁を繰ってびっくり、文字小さい! 印刷の濃さも一定じゃない。初版が1969年とは言え、ちょっと驚いた。

「先生、気の小さい乗客がたが気づいていないことは、あなたの病院の外の世界だって、ひとまわり大きな癩病院にすぎんということなんですよ」(p.15)


 かつて関係を持っていた人妻スザンヌから手紙を受け取ったサンダーズは、一ヶ月の休暇を取りカメルーン共和国を訪れた。目的地は彼女とその夫がいると思われるモント・ロイアル。
 けれど赤道直下であるはずのカメルーンでは、同じ太陽の下にあるはずの街は光を失い陰鬱な雰囲気を漂わせ、ただ森の木々だけが生気に溢れていた。
 港町で足止めを喰らい続けるサンダーズは、同じホテルに宿泊する記者ルイーズと共に、川を利用してモント・ロイアルを目指す。だがその途中でサンダーズは、怪しい生気に充ち満ちた森へと足を踏み入れることとなる。そこで彼を待っていたのは、結晶化しつつある森であった。その勢力は広がり続けており、しかもその現象に遭遇しているのはカメルーンだけではなかった。

 尾を引いて輝くエコー彗星。時間を超越して生きるウイルス。サンダーズの専門である癩病も時間を反映させる存在だ。煌めく結晶化した生物。春分の日。一日が昼と夜に二分される日。
 黒の僧衣を纏う神父バルザス。医師であるサンダーズは白。白いスーツ姿のベントレス。黒い革の胴着のソーレンセン。夜を愛するスザンヌ、白いワンピース姿のルイーズ。
 主人公サンダーズは、進行する結晶化現象を食い止めるなどの英雄的行為とはほど遠い人物である。彼は輝く森と生物と遭遇し、己の内なる欲望と対面するだけだ。彼はひたすら自分のためだけに生きる。
 森の中で繰り広げられる、一人の女を巡るベントレスとソーレンセンの争い。サンダーズにとってのスザンヌとルイーズ、それぞれの重み。
 陳腐な恋愛模様など知らぬ結晶化現象は、彼らとは違う次元でただただ進行していく。人間同士の対立も、その存在の中では強い光に撹乱され、ただ潮解するのみ。
 歯車を踏み外した世界は止まること無く転がり続けていく。けれども、その中にはまだ結晶のプリズムに魅入られていない、今まで通りの人間もまた存在しているのである。


 結晶化した生物が放つ幾重もの光。変わりゆく世界で、サンダーズは内なる自分の願望の声を聞き、健全なるルイーズは変わらずに以前と同じ日常に立ち続ける。
 著者バラードが執拗なまでに描き出した美しい結晶世界に取り込まれるか、その世界を認識することも出来ずに今までと同じ世界に留まるか。それは読者の素質次第、なのだろう。



 以下、ネタバレ気味。


スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(3) | Trackback(1) | top↑ |