RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ペンテジレーア』感想:★★★★☆

2011.07.10 Sun
ペンテジレーア (岩波文庫)
ペンテジレーア (岩波文庫)クライスト 吹田 順助

岩波書店 1991-03
売り上げランキング : 248605


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 旧字旧仮名。同じ人物が色んな名前で呼ばれるので、混乱する。

 まさか『サロメ』を可愛い女だと感じる日が来るとは思わなかった。そんな強烈な初恋物語。
 サロメと言い、ペンテジレーアと言い、何故そこまで苛烈な初恋に陥らねばならないのか。しかもその苛烈な初恋には、ちゃんと「甘酸っぱさ」や「切なさ」をも内包されているのだから、手に負えない。


 ペンテジレーアの舞台はギリシア神話の時代。ギリシア軍がトロヤ軍を包囲している最中、突如としてペンテジレーア率いるアマツォーネ族の大軍が押し寄せる。
 アマツォーネたちがトロヤに加勢するのではないかと恐れるギリシア軍。だがしかし、アマツォーネたちはトロヤにもギリシアにも加勢することはなく、彼ら2軍に襲いかかるのであった。その魂胆がどこにあるのか分からず、ギリシアの英雄たちは困惑するが、その間にもアマツォーネたちは優位に戦いを進めていくのであった。

 ギリシア軍を困惑させたアマツォーネたちの行動ではあるが、そこには当然ながら理由がある。それは「男狩り」である。
 女だけから成るアマツォーネ族は繁殖のために男、それも強い男を必要としており、戦場で刃を交えた上で己が認めた男を倒し屈服させて持ち帰るのである。
 女王ペンテジレーアの眼鏡に叶ったのは英雄アキレウス(本書ではアヒレス)。彼女は母から「アヒレスを夫とせよ」と遺言されていたのだが、本人を一目見た瞬間に恋に落ちてしまう。対するアヒレスもまた、戦場でまみえた彼女に恋をする。
 だがこのお互いを愛する思いは、すれ違いと勘違いとを動力源に、悲劇に向かって疾走することとなる。


 以下、ネタバレ注意。『サロメ』のネタバレも含む。


スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |