RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ファウスト博士 付人形芝居ファウスト』感想:★★★☆☆

2011.10.27 Thu

ドイツ民衆本の世界 3

松浦 純 国書刊行会 1988-11
売り上げランキング : 742386
by ヨメレバ



 ファウスト博士は十六世紀に実在した人物である。彼が具体的に誰なのかは未だに判然としないのだが、その足取りは公的文書に残されている。以下、解説から。
足跡を辿ってみれば、ほぼ確実なところでは、一五〇六年ゲルンハウゼン、おなじころヴェルツブルク、一五〇七年クロイツナハ、一五一三年エルフルト、一五二〇年バンベルク、一五二八年インゴルシュタット、一五三二年ニュルンデルク。(p.302、解説)

 彼は街から街へと放浪する、流浪の人。それは職業と土地に結びつけられていた当時の「普通」の人間とは違う、特別な存在であった。
つけられた称号はインゴルシュタットでは「占師」、ニュルンベルクでは「男色家、妖術師」。(p.302、解説)

 良くも悪くも人とは異なるファウストなる人物は、人々の尊敬と蔑視を同時に受けながら、この時代を生きて死んだようだ。その生き様と共に死に様もまた特別だったようで、故に彼は物語・伝説となり、限りある命しか持たぬ一人の人間から、語られ伝えられる空想の存在へと変貌することとなった。


 ドイツの民衆の間ですっかり人気となったファウストの物語は、過去の他の話をも取り込んで人々の手で大きく育てられていく。
 口で語られるだけであったファウストの物語は、いつからか文字の形を取り始める。その書物たちの中で最も広く流布し、ドイツ語から他の言語に翻訳されフランス・イギリス他にまで広がる礎となったのが、今回の『ファウスト博士 付人形芝居ファウスト』収録の「実伝 ヨーハン・ファウスト博士」である。時は1587年。
 実伝と銘打ってはあるが、その実体は様々な言い伝えのごった煮に過ぎない。欲張りに面白可笑しい話を盛り込んだために、あちこちで小さな破綻が起こってしまっているが、まぁそんな節操の無さもまた魅力である。

 長くなったので、ここで折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |