RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『幽(百年文庫・84)』感想:★★★★★

2015.12.12 Sat

幽 (百年文庫)
幽 (百年文庫)ワイルド ウォルポール サキ Oscar Wilde

ポプラ社 2011-07
売り上げランキング : 765506


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 百年文庫の84『幽』はイギリス特集。
 収録作品は以下。

・「カンタヴィルの幽霊」 ワイルド、小野協一・訳
・「ガブリエル・アーネスト」 サキ、浅尾敦則・訳
・「ラント夫人」 ウォルポール、平井呈一・訳

 タイトルの通り、幽霊特集。2作目はちょっと違うが。


スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『逃(百年文庫・88)』感想:★★☆☆☆

2015.11.28 Sat


逃 (百年文庫)
逃 (百年文庫)田村 泰次郎 ハーディ ゴーゴリ Thomas Hardy

ポプラ社 2011-08
売り上げランキング : 1318353


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 またしても百年文庫。
 とは言え、今回の『逃』は、正直あまり面白くない。「男鹿」は良い作品なんだが、他の2作があんまりなぁ。

 収録作品は以下。
・「男鹿」 田村泰次郎
・「幌馬車」 ゴーゴリ、横田瑞穂・訳
・「三人の見知らぬ客」 ハーディ、井出弘之・訳



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

『架(百年文庫・95)』感想:★★★★☆

2015.11.21 Sat

架 (百年文庫)
架 (百年文庫)火野 葦平 吉村 昭 ルゴーネス Leopoldo Lugones

ポプラ社 2011-10
売り上げランキング : 1011593


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 個人的にかなりお久しぶりな百年文庫。ポプラ社ちゃんのことはあまり好きではないので、珍しく図書館本。
 薄い上に文字が大きくて、さっくりと読み終わるシリーズ。
 今回の収録作品は以下。

・「伝説」 火野葦平
・「火の雨」 ルゴーネス、牛島信明・訳
・「少女架刑」 吉村昭


 本書のメインは「少女架刑」。ずっと読みたいと思っていた作品だったので、ここで出会えて嬉しい。
 想像していたのとは異なるテイストの物語だったのも嬉しい。


Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『蜘蛛 (世界恐怖小説全集・11)』感想:★★★☆☆

2015.08.22 Sat

蜘蛛 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第11〉)
蜘蛛 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第11〉)植田 敏郎

東京創元社 1959
売り上げランキング : 2246199


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 H・H・エーベルスの短編集かと思ったが、違ったぜ。
 収録作品は以下。

・「ロカルノの女乞食」 クライスト
・「たてごと」 ケルナー
・「蜘蛛」 エーベルス
・「みいら」 エーベルス
・「死んだユダヤ人」 エーベルス
・「イグナーツ・デンナー」 ホフマン
・「世襲地」 ホフマン

 エーヴェルスとホフマンが同居してるって時点で結構アレだよなぁ……。
 特にどこにも書かれていないけれど、ドイツ縛りでお送りしている模様です。
 あとどうでもいいが、目次では解説は251pからとなっているが、実際は283pから。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『祈(百年文庫56)』感想:★★★☆☆

2013.08.14 Wed


祈 (百年文庫)

久生 十蘭 アルツィバーシェフ チャペック
ポプラ社 2010-12
売り上げランキング : 630226
by ヨメレバ


 薄い上に文字が大きく、あっさりと読み終わってしまう一冊。
 収録作は以下。

・「春雪」 久生十蘭
・「城の人々」 チャペック、石川達夫・訳
・「死」 アルツィバーシェフ、森鷗外・訳


 鴎外ではなくて鷗外らしいと今知った。そこまで興味がなかったせいで、漢字表記にまで気を配ったことが今までなかったようだ。
 森鷗外(森林太郎)翻訳のものはいかめしくて読みにくいというのが個人的な印象だったのだが、今回は新字・新仮名に改められているせいか、素直に読めた。
 単純に私がアルツィバーシェフが好きだからかもしれないが。
 それにしても、鷗外がまさかロシア語まで翻訳しているとは知らなかった。しかもアルツィバーシェフだなんて、意外なチョイス。
 簡単に調べたところ、他にもトルストイやツルゲーネフ、レールモントフ、アンドレーエフの作品も翻訳していた。
 それ以外にもポーやダイセイニ卿を翻訳していたりと、ドイツ以外にも色々と手を広げており、なんだか気になってきた。
 確かちくま文庫から森鷗外の全集が出ていたはずだけれど、これには翻訳も全部入っているのだろうか。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ロシア・ソビエト文学全集24 サーニン 赤い花 マカールの夢 他』感想:★★★☆☆

2013.07.21 Sun


ロシア・ソビエト文学全集〈第24〉アルツィバーシェフ等 (1964年)
ロシア・ソビエト文学全集〈第24〉アルツィバーシェフ等 (1964年)
平凡社 1964
売り上げランキング : 1130657


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本のタイトルが判然としない一冊。「24」という数字も末尾のシリーズ紹介にしか載っていないし。
 まぁ気にしたところで解決するわけではなさそうなので、あまり深く考えないことにする。

 収録作は以下。
・「サーニン」 アルツィバーシェフ、昇曙夢・訳
・「赤い花」 ガルシン、中村融・訳
・「マカールの夢」 コロレンコ、落合東朗・訳
・「白いお母様」 ソログープ、昇曙夢・訳
・「深淵」 アンドレーエフ、石山正三・訳
・「生活の盃」 ブーニン、原久一郎・訳
・「静かな曙」 ザイチェフ、昇曙夢・訳
・「生活の河」 クープリン、昇曙夢・訳


 特筆すべきは「サーニン」、実に本書の2/3ほどを占めている。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『こどもの風景(新・ちくま文学の森 5)』感想:★★★★☆

2013.07.03 Wed


こどもの風景 (新・ちくま文学の森)

鶴見 俊輔 筑摩書房 1995-01
売り上げランキング : 1136039
by ヨメレバ


 正直全く期待していなかったのに、読み始めるとどれも面白かった。
 ただ純真なだけではなく、ただ無知なだけではなく、ただ弱いだけではなく、画一的なルールを飲み込み既製品の如き一律さを身に付ける前の、自由で不自然で醜く輝かしい、誰もが通り過ぎざるを得ない、そして一度は確かに経験した「こども」なる存在を考えさせるアンソロジー。

 収録は以下。
・小曲二章 佐藤春夫
・「波」より ヴァージニア・ウルフ、川本静子・訳
・「少年たち」 チェーホフ、神西清・訳
・「ある小さな物語」 モルナール、徳永康元・訳
・「少女」 ウンセット、尾崎義・訳
・「行列」 夏目漱石
・「牛乳」 武田百合子
・「ずぼんぼ」 幸田文
・「お栄という幼児」 森銑三
・英語教師の日記から 抄 小泉八雲、田中三千稔・訳
・「蔦の門」 岡本かの子
・「孫とおばば」 中野重治
・「胡桃割り」 永井龍男
・「小さな逃亡者」 タゴール、山口三夫・訳
・「対応」 ジョイス、戸田基・訳
・「力づく」 W・C・ウィリアムズ、宮本陽吉・訳
・「一日の期待」 ヘミングウェイ、井上謙治・訳
・「思い出より」 太宰治
・「人の顔」 夢野久作
・「小羊」 ソログープ、中山省三郎・訳
・「赤い酋長の身代金」 O・ヘンリー、小鷹信光・訳
・「小さな王国」 谷崎潤一郎
・「ミリアム」 カポーティ、川本三郎・訳
・少年探偵団 解説にかえて 安野光雅



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『こわい部屋 謎のギャラリー』感想:★★★☆☆

2013.06.28 Fri


こわい部屋: 謎のギャラリー (ちくま文庫)

北村 薫 筑摩書房 2012-08-08
売り上げランキング : 139617
by ヨメレバ


 暑い日には怪談を、……なんて話ではなくて、単純にソログープの「光と影」が収録されていたから読んだだけなんですけれどね。
 背後からひたひたと音もなく迫り来、振り返っては破滅だと分かってはいても、それでも振り返らざるを得ない。
 気が付かなければ幸せでいられたのに、一度違和感に気が付いてしまえば、もはや「知らなかった」頃には戻れない。
 そんな密やかな恐怖を内包する物語たちが揃っている。

 収録作品は以下。
・「チャイナ・ファンタジー」 南伸坊
・「巨きな蛤」 南伸坊
・「家の怪」 南伸坊
・「寒い日」 南伸坊
・「七階」 ディーノ・ブッツァーティ、脇功・訳
・「待っていたのは」 ディーノ・ブッツァーティ、脇功・訳
・「お月さまと馬賊」 小熊秀雄
・「マナイタの化けた話」 小熊秀雄
・「四つの文字」 林房雄
・「煙の環」 クレイグ・ライス、増田武・訳
・「お父ちゃん似」 ブライアン・オサリバン、高橋泰邦・訳
・「懐かしき我が家」 ジーン・リース、森田義信・訳
・「やさしいお願い」 樹下太郎
・「どなたをお望み?」 ヘンリィ・スレッサー、野村光由・訳
・「避暑地の出来事」 アン・ウォルシュ、多賀谷弘孝・訳
・「ねずみ狩り」 ヘンリィ・カットナー、高梨正伸・訳
・「死者のポケットの中には」 ジャック・フィニイ、福島正実・訳
・「二十六階の恐怖」 ドナルド・ホーニグ、稲葉迪子・訳
・「ナツメグの味」 ジョン・コリア、矢野浩三郎・訳
・「光と影」 フョードル・ソログープ、中山省三郎・訳
・「斧」 ガストン・ルルー、滝一郎・訳
・「夏と花火と私の死体」 乙一
・「価値の問題」 C・L・スィーニイ、田中小実昌・訳
「『こわい部屋』の愉しみ」 宮部みゆき・北村薫

 南伸坊の4作品は漫画、末尾の「『こわい部屋』の愉しみ」は宮部みゆきと本書の編者でもある北村薫の対談。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『世界短篇文学全集12 ロシア文学20世紀』感想:★★★★☆

2013.06.18 Tue


世界短篇文学全集〈第12〉ロシア文学 20世紀 (1963年)世界短篇文学全集〈第12〉ロシア文学 20世紀 (1963年)
奥野 信太郎

集英社 1963
売り上げランキング : 1848209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 収録作品は以下。
・「死の刺」 ソログープ、米川正夫・訳
・「恋の学問」 メレジコフスキイ、原卓也・訳
・「霧の中」 アンドレーエフ、原卓也・訳
・「ある平手打の話」 アルツィバーシェフ、米川正夫・訳
・「サンフランシスコの紳士」 ブーニン、黒田辰夫・訳
・「静かな曙」 ザイツェフ、原久一郎・訳
・「さあ、やれ」 クープリン、米川正夫・訳
・「コンミュナールのパイプ」 エレンブルグ、米川正夫・訳
・「消されない月の話」 ピリニャーク、米川正夫・訳
・「ひろいアラピヤ」 イヴォノフ、米川正夫・訳
・「ブルイガ」 レオーノフ、米川正夫・訳
・「果樹園」 フェーヂン、米川正夫・訳
・「おおむ」 ゾシチェンコ、米川正夫・訳
・「ドルグショーフの死」 バーベリ、神西清・訳
・「われらの父よ」 カターエフ、木村浩・訳
・「ろうそく」 シーモノフ、黒田辰夫・訳
・「三月‐四月」 コジェーヴニコフ、井上満・訳
・「春」 アントーノフ、中村融・訳
・「憎しみの教訓」 ショーロホフ、中村融・訳
・「仔馬」 ショーロホフ、米川正夫・訳、漆原隆子・訳
・「ほくろ」 ショーロホフ、米川正夫・訳、漆原隆子・訳
・「恋」 オレーシャ、木村浩・訳
・「スクリーンの前で」 ゾズーリャ、木村浩・訳
・「コロンブス上陸す」 イリフ、ペトロフ、木村浩・訳
・「河」 ボンダレフ、木村浩・訳

 ショーロホフを三篇載せている以外は、各作家一篇ずつ。



Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『昇曙夢 翻訳・著作選集<翻訳篇2> 六人集、毒の園』感想:★★★★☆

2013.05.19 Sun


昇曙夢翻訳・著作選集 翻訳篇 2 六人集

昇曙夢,源貴志 クレス出版 2011-04
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 1910年(明治43年)に貿易社から刊行された『露西亜現代代表的作家 六人集』と、1912年(明治45年)に新潮社から刊行された『露国新作家 毒の園』を復刻したもの。
 オリジナル版では書名も旧字体なのだが、本書では新字で紹介されているので、これに倣った。
 当時の復刻を謳うだけはあり、中身はオリジナルそのままである。つまりは旧字旧仮名の上に、オリジナルからして薄いのだろう読みにくい箇所も存在する。ところどころ振り仮名が振られるべき漢字からズレてもいる。

 この『六人集』と『毒の園』は既に一度1939年に、正教時報社から『還暦記念 六人集と毒の園 附・文壇諸家感想録』とのタイトルで復刻・合本されて刊行されている。
 ただし、この正教時報社版では、オリジナルの『毒の園』に収録されていたクープリンの「囈言」が、同著者の「生活の河」に変更されているとのこと。
 また「露西亞現代代表的作家 六人集」収録の作品は一部が伏せ字にされており、それが甚だしい「夜の叫」や「霧」などは内容が分かりにくくなってしまっている。
 前後の文脈と、それが伏せ字の対象とされたという事実から、穴埋めをするしかない。


 今回のクレス出版による『昇曙夢 翻訳・著作選集<翻訳篇2> 六人集、毒の園』に収録されている作品は以下。括弧内は私による注釈。

露西亞現代代表的作家 六人集
・「夜の叫」 バリモント
・「静かな曙」 ザイツェフ
・「閑人」 クープリン
・「かくれんぼ」 ソログーブ(ソログープ)
・「妻」 アルツイバーセフ(アルツィバーシェフ)
・「霧」 アンドレーエフ

露國新作家集 毒の園
・「毒の園」 フョードル・ソログーブ(ソログープ)
・「地下室」 レオニード・アンドレーエフ
・「夜」 ミハイル・アルツイバーセフ(アルツィバーシェフ)
・「白夜」 アナトリイ・カアメンスキー
・「三奇人」 アレキセイ・トルストイ
・「嫉妬」 コンスタンチン・バリモント
・「囈言」 アレキサンドル・クープリン
・「死」 ボリス・ザイツェフ




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |