RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『森は生きている』感想★★★★☆

2015.08.11 Tue


森は生きている (岩波少年文庫)
森は生きている (岩波少年文庫)サムイル マルシャーク Samuil Marshak

岩波書店 2000-11-17
売り上げランキング : 74321


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルだけを見ると、環境問題を扱った作品かのように思えるが、これは『シンデレラ』に代表される継子イジメ物語のロシア版。
 なお原題は"Двенадцать Месяцев"、直訳すると『12か月』。これはこれで『クレヨン王国十二か月の旅』を連想する……のは私だけだろうか。
 人形劇のために書かれたので、物語は戯曲形式を取っている。そんな訳もあり、登場人物に名前はない。


 主人公である「ままむすめ」には、継子イジメ物語にはお約束ながら、継母と義理の姉が。そして二人の性格は悪い。
 しかしこの物語には、性格の悪い人物がもう一人。それはこの国の女王様。早くに両親を亡くし、ままむすめとそう歳の変わらぬ子供ながら、この国の君主となった。両親の悪いところばかりを受け継いだと作中で噂される彼女だが、しかし教えを垂れてくれる教師はいない。

 大晦日の寒い日、ままむすめは薪を取りに森へと行かされる。そこで見たのはリスとウサギの会話。
 思わず笑う娘に話しかけたのは、女王のための新年のモミの木を手に入れよと命令された老兵士。彼は言う、大晦日にはどんな不思議なことだって起こるのだと。老兵士は彼女に、彼のおじいさんのおじいさんのおじいさんが大晦日に12の月の全て、つまり1月2月3月…、と出会ったとことがあると教える。

 兵士に手伝ってもらいようやく薪を集め終えたままむすめは家へと帰るが、そこで待っていたのは意地悪な義理の家族だけではなかった。なんと我が侭女王による我が侭なお触れが出ていたのだ。
 なんの気の迷いか、女王は新年の祝いの席にはマツユキソウ(スノードロップ)がなくてはならぬと言う。この地では4月にしか咲かぬ花だ。目的の花を持ってきた者には褒美をやるとのお触れを出したものだから、さぁ大変。欲深い継母と姉は、早速ままむすめを再び森へと追い立てるのでありました。
 ままむすめに言い渡される、「マツユキソウを見付けるまで帰ってくるな」との残酷な命令。渡された籠は、失っても惜しくないボロなのだから、意地悪もここに極まれりである。
 己の死を覚悟しつつ夜の森へと踏み出す、哀れなままむすめ。しかし今日は大晦日。どんな不思議だって起こりえる日なのだ。




スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『八月の暑さのなかで』感想:★★★☆☆

2011.08.01 Mon
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)金原 瑞人

岩波書店 2010-07-15
売り上げランキング : 80457


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 八月になったらこの本を紹介しようと思っていたんだ。周回遅れだけどね!

 激しすぎる日光に白く塗りつぶされる視界。立ち上るアスファルトからの熱気。降り注ぐセミの鳴き声が頭蓋に反響しては外界を埋めていく。
 光と蒸気と音に閉じ込められて、独りぼっち。誰もいない。違う。ただ認識出来ないだけだ。けれど、それは「誰もいない」ことど同義なのではないだろうか。暑さに足下は揺らぎ、セミの鳴き声に今にも己の思考を放り出したくなる。不快さに自分自身を忘れ、真っ白な夏の日差しに溶けて同化してしまいたい、そんな日に相応しい一冊。


 収録作品は以下13作品。
・「こまっちゃった」 エドガー・アラン・ポー 原作、金原瑞人 翻案
・「八月の暑さの中で」 W・F・ハーヴィー
・「開け放たれた窓」 サキ
・「ブライトンへいく途中で」 リチャード・ミドルトン
・「谷の幽霊」 ロード・ダンセイニ
・「顔」 レノックス・ロビンスン
・「もどってきたソフィ・メイソン」 E・M・デラフィールド
・「後ろから声が」 フレドリック・ブラウン
・「ポドロ島」 L・P・ハートリー
・「十三階」 フランク・グルーバー
・「お願い」 ロアルド・ダール
・「だれかが呼んだ」 ジェイムズ・レイヴァー
・「ハリー」 ローズマリー・ティンパリ

 以下は感想。
 


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |