RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『殺人者の顔』感想:★★★★☆

2015.08.29 Sat

殺人者の顔 (創元推理文庫)
殺人者の顔 (創元推理文庫)ヘニング マンケル Henning Mankel

東京創元社 2001-01
売り上げランキング : 59881


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 日常。常なる日々。だがそんなのは、まやかしだ。変わりの無い日々は、突然に変わる。
 平凡な家族だと思っていたのに、娘は十五の時に突如自殺を図った。田舎にはどこにでもいる貧しい農夫の隣人は、突如惨たらしく殺された。


 スウェーデンの片田舎イースタ署に務める刑事、クルト・ヴァランダーの人生は狂ってしまった。平凡だけれどもそれなりに幸せな家庭を築けていると思っていたのに、十五歳になった娘リンダは自殺を図った。その理由は、今でも分からないままだ。
 それからリンダとの関係はこじれてしまった。彼女は家を出て行方もよく分からない。たまにヴァランダーに寄越す電話だけが彼と娘とを繋いでいる。
 妻のモナは家を出た。ヴァランダーといると自分の人生が駄目になると言う。ヴァランダーには分からない。
 ヴァランダーに分かるのは、自分は孤独だということだけだ。そんな彼に追い打ちを掛けるように、老夫婦の惨殺事件が起こる。
 第一発見者である隣人が言うには、彼らはこの田舎ではありきたりな貧しい農民夫婦だったと言う。だが彼らの殺され方は「ありきたり」とは言えない。妙だ。
 虫の息の妻が残した最後の言葉は「外国の」。外国人排斥運動が吹き荒れるスウェーデンでは、その言葉は致命的になり得た。この惨たらしい事件の犯人が外国人だなどと知られれば、その報復に国内で保護されている亡命者が襲撃されるのは必須であった。

 ヴァランダーたちはこの情報を秘匿することを決めるが、しかし情報は漏れてしまった。署内に裏切り者がいるのだ。
 そして彼の危惧した通り、外国人を襲撃するとの予告がもたらされる。何の罪もない亡命者たちを守るため、何の罪もない老人を殺した犯人を捕まえるため、ヴァランダーは精神的にも肉体的にもボロボロになりながらも事件を追う。

ヴァランダーは理解しようと努めた。しかし、結局最後には、さんざん考えてきたことに戻るのだった。いま自分がいるのは新しい世界なのだ。そのことがいままではよくわからなかった。警官としての自分は、ほかの、もっと古い世界に生きている。どうしたらこの新しい世界についていけるのだろう。世の中の大きな変化、それもとんでもない速さで変わる世の中に、自分は不安を抱いている。その不安を、どうしたらいいのだ?(p.349)



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『バスカヴィル家の犬 【新訳版】』感想:★★★★☆

2013.11.04 Mon


バスカヴィル家の犬 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2013-02-27
売り上げランキング : 86335
by ヨメレバ


 先にグラナダTVが映像化した『バスカビル家の犬』を見ていたおかげか、文字情報だけで様々な映像が頭の中に喚起され、舞台となるムーアの陰鬱さと、長年バスカヴィル家に取り憑いてきたとされる魔犬の伝説の忌まわしさが実に生き生きと迫って来た。
 同じ長編の『緋色の研究』、『四人の書名』とは違い、ホームズの推理編と犯人が語る解答編の二部構成になっていないのも良い。

 やっぱりホームズは理路整然とした推理モノとしてよりも、怪奇モノとして推した方が輝く。
 ムーアに多数残る古代人の住処の跡なんて、特に奇妙で物悲しく、口から火を吐くとされる魔犬の伝説と相俟って物語全体を独特の雰囲気で取り巻いている。
 理解を撥ね付ける不可思議の底に沈むパスカヴィル家の怪を、ホームズは最後には理路整然と解きほぐし、全てを人の手に、つまりは理解の下に組み伏せる。
 しかし、それでもあまりにも魅力的なムーアと魔犬の香りは残されているように思えるのは、単純に私がそれらをあまりにも気に入ったが故なのか。


日が落ちてのち、ムーアを横切ることなかれ――世に逢う魔が刻と言うごとく、そは悪霊の跋扈する魔の刻なればなり、と。(p.32)




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】』感想:★★★☆☆

2013.10.31 Thu


回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2010-07-27
売り上げランキング : 78908
by ヨメレバ


 『シャーロック・ホームズの冒険』に続く2作目の短篇集にして、シリーズ4作目。そしてホームズが表舞台から一旦去る巻でもある。

 収録作品は以下の11作。
・「〈シルヴァー・ブレーズ〉号の失踪」
・「黄色い顔」
・「株式仲買店員」
・「〈グロリア・スコット〉号の悲劇」
・「マズグレーヴ家の儀式書」
・「ライゲートの大地主」
・「背の曲がった男」
・「寄留患者」
・「ギリシア語通訳」
・「海軍条約事件」
・「最後の事件」


 キラリと光る作品もあるけれど、もうちょっと手を掛けてあげればずっと良くなりそうなのにと思える作品もちらほらと見られる。ドイルは『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されている「橅の木屋敷の怪」でホームズを殺したがっていたと解説で説明されていたように、ホームズ物の短篇を書くのに飽きが来ていたのだろうか。
 彼の心情は知らねど、「最後の事件」においてドイルはホームズそのものを殺してしまうこととなる。
 最も心血を注いだ作品よりもずっと高い評判と評価を取ったこのホームズ譚に対して、ドイルが色々と思うところがあったのだろうと想像するのは易しいが、ホームズが作者に疎まれる姿を見るのはなんとも心苦しい。

 以下、各話感想。長い。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】』感想:★★★★☆

2013.10.23 Wed


シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2010-02-20
売り上げランキング : 277550
by ヨメレバ


 Amazonではタイトルに【新訳版】と付いていなかったが、東京創元社のサイトでは付けられていたので後に従った。
 同じレーベル、同じ翻訳者の「シャーロック・ホームズ・シリーズ」である『緋色の研究』、『四人の署名』に【新訳版】と付した以上、揃えないと何だか気持ちが悪いしね。


 ホームズシリーズ三作目にして初の短篇集。収録作は以下の12タイトル。
・「ボヘミアの醜聞」
・「赤毛組合」
・「花婿の正体」
・「ボスコム谷の惨劇」
・「五つのオレンジの種」
・「くちびるのねじれた男」
・「青い柘榴石」
・「まだらの紐」
・「技師の親指」
・「独身の貴族」
・「緑柱石の宝冠」
・「橅の木屋敷の怪」

 この短篇たちでホームズ人気に火がついたのも納得な、どれもこれも面白い作品だった。
 適度に意表を突きながらも、決して死体累々になりすぎもせず、かと言って普通に埋没することもなく、ほどよく日常と異常のあわいを保持するバランス感覚には脱帽。憂鬱な通勤電車のお供としては、こりゃ最適だ。
 ただ短すぎて、闇の差す暇がない。前回、「作品内に潜む意図的または無意識な歪さが良いよね」と書いた私の立場は一体。

 ただこのネガティブな印象がなくとも、作品が強度を失わずに成立しているのは短さ故だとも言えそうだ。
 長編である『緋色の研究』、『四人の署名』は共に犯人による事件の全体像の告白部分が独立して存在し、その二部構造はなんだか座りが悪かったのだが、短篇では事件の真相告白部分も上手く取り込まれており、違和感はない。


 しかし全体的に、ワトスンによるホームズの回想との体が漂い、つまりはホームズが既に過去の存在となっているかのような印象を受ける。
 永遠に失われた親友との思い出を綴るかのようなワトスンの語りが、なんとも寂しい。が、これは単に私の思い込みなのかもしれない。
 以下、各話の感想。長い。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『四人の署名【新訳版】』感想:★★★☆☆

2013.10.15 Tue


四人の署名【新訳版】 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2011-07-27
売り上げランキング : 114521
by ヨメレバ


 『緋色の研究』に続く、ホームズシリーズ長編2作目の本作。
 ホームズの奇異な性格にも慣れたつもりだったワトスンだが、暇を持て余したホームズのコカイン遊びにだけは慣れることが出来ない。ついに耐えかねたワトスンは、医師としてまた友人としてホームズに意見するのだが、己の頭脳に見合う事件がないのが悪いとホームズに一蹴されてしまう。

 そんな怠惰が支配する日々を打ち破ったのは、麗しき依頼人。彼女、メアリー・モースタン嬢は今や有名となったホームズに、とある奇妙な事件を持ち込んできたのだ。
 彼女が語るところによると、インドの監獄で守衛を務めていた軍人である父モースタン大尉はかつてイギリスに一時帰国した翌日に失踪したが、彼の親友であったショルトー少佐は彼が帰国していたことを全く知らなかった旨を証言したのだそうだ。しかし不思議なことにショルトー元少佐が死んだ年から、毎年一粒の見事な真珠が贈られるようになったのだと言う。
 真珠の贈りものが数年続いた末に、ついに今年、その贈り主から呼び出された。
 不安に思った彼女は、二人までなら同伴者を許可すると手紙にあったことから、ホームズに付き添いと、そしてこの不思議な事件の真相の追究を依頼しに来たのだった。

 モースタン嬢の持ち込んだ事件にホームズは心躍らせ、そしてワトスンもまた違う意味で心躍らせていた。
 さっそく手紙に従い、モースタン嬢とホームズ、ワトソンの三人が向かった先では、しかし、既に完遂された殺人現場が待ち構えていた。
 死体に残された「四の符牒」との謎めいた走り書き、小さすぎる足跡。魅力的な事件と、魅力的な依頼人が迎える結末は如何に。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『悪魔と警視庁』感想:★★★☆☆

2013.05.07 Tue


悪魔と警視庁 (創元推理文庫)

E・C・R・ロラック 東京創元社 2013-03-21
売り上げランキング : 38827
by ヨメレバ


 花粉症で鼻水の海に溺死寸前だった時期に読んだ割に、するすると読み終わったのを考えると、かなりリーダビリティの高い一冊。
 ただ推理物の常とは言えども、登場人物がそれなりの数なので、花粉症で鈍った頭には辛う御座いました。

 が、星の数が2つ少ないのはそんな問題ではなく、印象的な事件、イギリスの霧を背景とする魅力的な描写、理知的な主人公の活躍といった素晴らしさに比して犯人が、そしてそれを庇い続けたとある人物の理由があまりにもありきたりすぎるのが理由。
 第二の主人公とも言うべき存在感を放った人物の行動理由としては、チープに過ぎて、その上、その人物がそこまで必死に庇うほどに犯人に価値があるとは思えない。

 結果、犯人を庇った人物までをもその価値を軽くしてしまい、彼の人物の独特なキャラクター性こそがその人物を第二の主人公にまで押し上げていた以上、作品そのものまでもがなんだかケチを付けられてしまったように思えて、とても残念だ。
 それでも基本的に推理物を面倒くさがる私をここまで魅惑したのだから、本書はそれほどに面白い本であるのは確かでもある。
 ただそれだけに、オチがなんとも残念なのだ。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『緋色の研究【新訳版】』感想:★★★★☆

2013.01.29 Tue


緋色の研究【新訳版】 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2010-11-27
売り上げランキング : 50600
by ヨメレバ


 ご存知シャーロック・ホームズシリーズが初登場する記念すべき1冊。
 アフガニスタンに派遣されたものの、肩に銃撃を受けた上に病まで得、精神的にも肉体的にも疲れ果ててイギリスへと戻ってきた軍医のジョン・ワトスン。
 乏しくなる一方の財布の中身から、ロンドンで今まで通りの生活を続けることは出来ないと悟り、誰かと家賃を折半して部屋を借りたいと思い立つ。
 偶然出会った知人が紹介してくれた同居人候補者こそが、シャーロック・ホームズ。
 このホームズが天才的な観察眼と思考力の代わりに、倫理観その他の「普通」を捨て去った人間であることにワトスンが気が付いた頃には後の祭り。
 ホームズお気に入りの、ベイカー街221番地Bでの同居生活は既に始まっていた。
 そしてワトスンも興味心から、ホームズと共に事件を追うことになる。


 ただ、ワトスンのみならず読者も、ホームズの思考に付いて行くことはほぼ不可能だ。何せ犯人はホームズに捕まる場面で初登場するのだから。
 それでもホームズの言い分をそのまま信じるのならば、犯人が具体的に誰かまでは分からずとも、被害者とどのような関係にあるどのような属性の人物か程度ならば、分かることになるが。



Theme:本読みの記録 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ポオ小説全集1』感想:★★★★☆

2012.11.30 Fri


ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)

エドガー・アラン・ポオ 東京創元社 1974-06-28
売り上げランキング : 102010
by ヨメレバ


 ポーの作品を発表された順に、傾向に配慮せずに収録した全集の第1巻。
 収録作品と翻訳者は以下。

・「壜のなかの手記」 阿部知二・訳
・「ベレニス」 大岡昇平・訳
・「モレラ」 河野一郎・訳
・「ハンス・プファアルの無類の冒険」 小泉一郎・訳
・「約束ごと」 小泉一郎・訳
・「ボンボン」 永川玲二・訳
・「影」 河野一郎・訳
・「ペスト王」 高松雄一・訳
・「息の喪失」 野崎孝・訳
・「名士の群れ」 野崎孝・訳
・「オムレット公爵」 永川玲二・訳
・「四獣一体」 高松雄一・訳
・「エルサレムの物語」 高松雄一・訳
・「メルツェルの将棋差し」 小林秀雄、大岡昇平・訳
・「メッツェンガーシュタイン」 小泉一郎・訳
・「リジイア」 阿部知二・訳
・「鐘楼の悪魔」 野崎孝・訳
・「使いきった男」 宮本陽吉・訳
・「アッシャー家の崩壊」 河野一郎・訳
・「ウイリアム・ウィルソン」 中野好夫・訳
・「実業家」 宮本陽吉・訳


 怪奇的な作品の多くには読んだ記憶があるが、その他の風味のものはほとんどが初。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『吸血鬼ドラキュラ』感想:★★★★☆

2011.07.15 Fri
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)ブラム ストーカー Bram Stoker

東京創元社 1971-04
売り上げランキング : 12363


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 レ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』を読んだついでに、ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』を読了。
 いくつかの出版社から出ているが、私が読んだのは創元推理文庫の物。翻訳は平井呈一。


 吸血鬼の伝承自体は東欧の地では古くから存在していた。それがヨーロッパひいてはキリスト教と出会い変質し、そしてヨーロッパに持ち帰られたことによって、ヨーロッパ、特に東端に位置し東欧との接触の多かったドイツに於いて、吸血鬼の存在は18世紀初頭にはかなり信じられたのだそうな。
 その熱狂と混乱から時が経ち、「吸血鬼など絵空事だ」との認識が共有されるようになって初めて、吸血鬼小説は日の目を見ることとなる(吸血鬼を主題とする作品としては、小説よりも詩の方が早いのだが)。
 その先鞭を付けたのがジョン・ボリドリの短編小説「吸血鬼」。作品中に登場する吸血鬼が悪名高いバイロン卿をモデルにしていると見なされたこと、またボリドリがバイロンの主治医だったことなど色んな事情があったせいで、この作品は一時バイロン作だと宣伝され、故に大反響を巻き起こした。
 その後、二匹目のドジョウを狙った作品がいくつも発表された末に登場したのがレ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』であり、本書『吸血鬼ドラキュラ』はカーミラを越えんとして書かれた作品なのだそうだ。
 ストーカーの意気込みは見事に成就し、ドラキュラの名は誰もが知るところとなった。おかげでウラド公とトランシルバニアのイメージが歪んだが。

 とまぁ、そんな前書きはどうでも良いのだが、あまりにも有名すぎて、そう言えば真面目に読んだことないなーと思ったので、カーミラのついでに読んでみた次第。
 ポリドリの「吸血鬼」が短編、「カーミラ」が中編なのに対して、「ドラキュラ」は堂々たる長編。手に重たい。


 この小説は、作中の登場人物たちが書いた物(手紙、日記、電報、エトセトラ)を集めたという形式で展開されていく。
 最初に読者に提示されるのは、イギリス人ジョナサンの日記。彼が土地の売買の契約を成立させるために、はるばるトランシルヴァニアのドラキュラ伯爵の城に出向く途中から始まる。
 ドラキュラ=吸血鬼との方程式がガッツリ染みついている身としては、「ジョナサン、行っちゃダメ!」と叫びたいところだが、何も知らないジョナサンは勿論城に行ってしまう。仕事ですし。
 だが、その旅路の途中で出会った地元の人々の曰くありげな仕草や、また城に到着してからの伯爵との対話などからジョナサンは、伯爵が普通の人間ではないこと、さらに己が現在捕らわれた身となっていることを確信するに至る。
 そんな気が狂いそうな状況の中、ジョナサンは必死に日記を綴り、愛する婚約者ウィルヘルミナ(ミナ)と生きて再会するために決死の行動に出る。
 と、物語が緊迫したところで場面は変わり、今度はミナとその友人ルーシーの微笑ましい文通の様子が記される。この温度差が非常に良い。
 ルーシーののろけも実にニヤニヤさせてくれる。このほっこり感が、その後の悲劇の伏線だとは、いやぁ、やられた。作者、やりおるわ。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ゾティーク幻妖怪異譚』感想:★★★☆☆

2011.07.13 Wed
ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)
ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)クラーク・アシュトン・スミス 大瀧啓裕

東京創元社 2009-08-30
売り上げランキング : 104986


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 クラーク・アシュトン・スミスの手による、地球最後の大陸ゾティークを舞台とする短編16編に、詩「ゾティーク」を加えたのが本書。
 遠未来でありながら現在の科学技術は失われて久しく、もはやそんな技術があったことを知る者すらいない。
 唯一の大陸には屍体を喰らう神が君臨する都市があり、また他方では風のように速やかに命を奪う病が流行する。
 悪戯に死者を蘇らせて憚らない魔術師、拷問が趣味な王。王女は魔術で男を誑かし、また王妃の命を受けて恐ろしい納骨所に向かう騎士たちがいる。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |