RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『黒衣の女』感想:★★★☆☆

2012.12.12 Wed


黒衣の女 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

スーザン ヒル 早川書房 1987-06
売り上げランキング : 319005
by ヨメレバ



 いかにもイギリス女流作家の作品と言った趣き。
 霧に包まれるロンドン、クリスマスの情景、ヒースの花咲く荒れ地、忠実なる犬なんて要素がそう感じさせるのだろうか。
 ホラーではあるが血みどろの殺戮が起こるわけでは全くなく、べったりとした怨念、それも主人公にはどうしようもない、が濡れた長髪のように絡みついて彼の人生を変えてしまう、そんな湿度の高い物語。



 小説は郊外の暖炉を囲む一家の描写から始まる。時期はクリスマス。
 主人公のアーサー・キップスは弁護士であり、長年の仕事ぶりが認められ今や弁護士事務所の共同経営者となっている。
 彼は再婚した妻と、妻の連れ子である四人の子供たちと共にクリスマスを祝っていた。だが冬は怪談の季節でもある。
 子供達は己の話術を見せつけるように、交互に知る限りの怖い話を身振り手振りを交えて語り始める。そしてその後にアーサーにせがんだ。
「お父さんも何か怖い話をしてよ」
 それは悪意も何もない単なるお願いだったのだが、その瞬間にアーサーが克服したはずだった過去の忌まわしい恐怖が彼の中で弾けた。
 平気だと思っていたのに、つい先ほどまでは。もはやあの恐怖は過ぎ去り、今はただの過去でしかないと思っていたのに。

 耐えきれずに強い言葉で子供達を突き放し、団らんの空間から飛び出してしまったアーサー。
 このままでは過去に囚われたまま一歩も進めないと覚悟を決めた彼は、過去の暗い出来事と決着を付けるべく、一人机に向かう。書くことで悪魔払いを行うのだ。
 アーサーが書き記すのは、まだ若く希望に満ちていた彼を見舞った理不尽な日々。そして彼と彼の人生に大きな打撃を与えた、黒衣の女の姿。
 読者はアーサーの書き記す過去を、彼と一緒に追体験することとなる。



スポンサーサイト
Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅤ(完結)』感想:★★★★☆

2012.01.06 Fri


アバタールチューナーⅤ (クォンタムデビルサーガ)

五代 ゆう 早川書房 2011-10-21
売り上げランキング : 29931
by ヨメレバ


 ネタバレ注意。
 Ⅰ巻の感想はコチラから。


これは戦いなのだよ、君、<神>と、われわれ人類との、休戦もなければ講和もあり得ない、血みどろの闘争なのだ(p.112)



 体が結晶化し死に至る奇病キュヴィエ症候群は、五年前から過酷さを増し、今やほんの僅かな太陽光すら致命的であった。進行の激化を引き起こしたのは太陽の黒化であり、それをもたらしたのはキュヴィエ症候群の謎を解く為に生み出されたはずの<テクノシャーマン>セラフィータであった。
 今や死と同義の太陽光から守られ、地上にあるドームに暮らせるのは、<カルマ協会>に選ばれた人間のみ。<協会>によって価値がないと見なされたその他の人間達は、黒い太陽を避けるために地下に逃れ<ローカパーラ>との名を持つ組織を結成し、過酷な環境でギリギリの生活を送っていた。
 それがシミュレーション世界<ジャンクヤード>に生きるサーフらが目指した<楽園>、即ち現実世界の姿であった。

 仮想世界<ジャンクヤード>から現実世界に転移を果たしたサーフらは、<ASURA>と呼ばれる超人的かつ悪魔的な能力を有する肉体に宿った。戦いのない平和な世界を欲し続けた彼らが現実世界で選んだのは、悪魔と罵られ嫌悪されながらも己の心と身体、そして各自の<アートマ>を駆使して戦い、『生きる』ことであった。
 だがサーフら三人の前に、仲間であるはずのヒートが立ちふさがる。己のアートマ<アグニ>を<協会>の協力により<シヴァ>へと進化させたヒートは、新しく手に入れた強大な力を駆使して世界を滅ぼそうと目論む。
 ヒートを止めるために、そして何よりも世界を救うために、<神>と語らう<テクノシャーマン>であるセラの奪還にサーフたちは挑む。
 だが<ジャンクヤード>で自我を得たセラは、もはや、かつての全知であり無知であった<女神>セラフィータとは異なり、肉と人格を備えた人間なのであった。


どんなふうに造られようと、どんなふうに生まれようとも、わたしたちはここにいます。生きています。それを否定することは、誰にもさせません。(p.88)





Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅣ』感想:★★★★☆

2012.01.02 Mon


アバタールチューナーⅣ (クォンタムデビルサーガ)

五代 ゆう 早川書房 2011-08-25
売り上げランキング : 10886
by ヨメレバ


 突如与えられたアートマの異形への変身能力は、<ジャンクヤード>の住人達に火器を凌駕する戦闘力と飢え、そして自我と自意識を芽生えさせた。
 その中の一人<エンブリオン>リーダーであるサーフは、今までは漫然と夢見ていた楽園<ニルヴァーナ>を自らの意思で目指す。アートマと共にもたらされた黒髪の少女サラが語る美しい楽園に到達すべく足掻いた先に待っていたのは、黒い太陽と黄色い空、荒れ果てた大地と、そして変身能力を有する<協会>の戦闘部隊からの攻撃であった。

 楽園とはどこまでも美しく、アートマも存在しない、皆が幸福に暮らせる場所ではなかったのか。
 混乱するサーフに襲いかかるのは、既に<ジャンクヤード>で見慣れた下位アートマたちと、初めて遭遇する強力な火器。戦闘の過程でサーフは、自分が有する肉体が以前よりも格段に能力を上げていることに気が付く。
 そんな彼を、<カルマ協会>関係者らは戦闘用バイオメカニック<ASURA‐01>と呼んだ。

 アートマにより異形への変身能力を得ても、飢えに苦しめられてもなお人間であろうと、人間でいようと欲し<ジャンクヤード>で生きた彼らを、<協会>の関係者からは型番で呼称する。そして<協会>の庇護を得られなかった人々が、太陽が黒変した日から一段と過酷さを増したキュヴィエ症候群から逃れて結成した地下組織<ローカパーラ>もまた、彼らを「悪魔」と恐れる。


どうせ行く場所などない。他の人間にとって、おまえたちは悪魔、異形の存在であり、恐れと嫌悪、そして排斥の対象になるだけだ。だが、ここにいれば、意味が与えられる。存在の意味。生きる意味が(p.69)

では、人間であるあなたは、生きる意味を理解してるのか。あるいは、『生命』が、『生きる』ということがどういうことか理解しているのか。ジャンクヤードにおいて、われわれは『生きた』。それと、この実体世界での『生きる』とのあいだに、どういう差違が存在するのか答えてほしい(p.101)



 どのような境遇に置かれようとも、前を向いて人間として生きようとするサーフと仲間たち。参謀タイプとして作られたが故に人間味を欠いていたゲイルにも己の意思が宿り、そして「彼」がついにサーフと袂を分かつ。
 <テクノシャーマン>セラフィータにその顔だけで気に入られることとなった水無瀬眞は、同じ顔をしたサーフに憎悪を燃やし、<協会>勢はサーフら<ASURA-AI>五体の回収に動き出す。

 登場人物は全員揃い、舞台もまた整った。今ここに存在する『生命』として『生きる』先に待つ結末は。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ』感想:★★☆☆☆

2011.12.28 Wed


クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ (ハヤカワ文庫JA)

五代ゆう 早川書房 2011-06-23
売り上げランキング : 6339
by ヨメレバ


 面白いか面白くないかと問われれば、間違いなく面白いのだが、駆け上がる物語に私はどうしてもついていくことが出来ない。脚が重くて立ち止まってしまう。
 理由を探るならば、恐らくは、この物語の内包する「壮大さ」を私は受け止めることが出来ないからだろう。高い高い階段をひたすら登り詰めていく物語に対して、私は足を止め、酷く覚めた目で見上げてしまう。しかもその私の表情は、半笑いなのだ。
 エーヴェルスの『アルラウネ』や『吸血鬼』のフランク・ブラウンが許容可能なのに対して、この物語が許容出来ないのは自分自身でも理解不能。正直、フランクさんの方が今となっては難易度高いんじゃないかと思うのだが。本当にどうして私がこんな半笑い状態に陥っているのか全く分からない。
 大雑把に言ってしまえば要するに、私の好みの問題ということか。
 世間評価はもっと高くて当然だとは思うが、ここは私の「感想」なので星2つで。




 前巻までの物語は一端停止し、表紙と同じく本巻では大きく舞台が変わる。本書が語るのは、全ての発端である。
 何故<ジャンクヤード>と呼ばれる世界が誕生したのか、サーフらの前に現れた<ジャンクヤード>には存在しない筈の色である黒い髪、瞳の少女セラとは何者なのか、Ⅱ巻ラストに現れたサーフとそっくりの人物は誰なのか、その答えと、そして新たなる謎が提示されるのがこの巻である。

生き物はどんなものでも嫌ってるけど、たぶん、絶滅すればいいとまで憎んでいるのは、人間だけでしょうね(略)ときどき、キュヴィエ症候群を起こさせたのは、<神>じゃなくて彼なんじゃないかと思うこともあるわ(p.241-242)


 体が結晶化し最後には死に至るキュヴィエ症候群が蔓延していた。関節が冒されれば運動が阻害されるが、しかし、最期の最期、全てが結晶化するその寸前まで意識と生命は保たれる恐ろしい病であった。
 発症のトリガーとなるのは、恵みのはずの太陽光。今や人々は太陽光を何よりも恐れ、できうる限り太陽を避けて暮らしていた。
 この恐ろしい病の蔓延に伴い、国家の多くはもはやその体を成さず、人類は死滅の危機に徐々に近づいていた。
 そんな流れに軛を穿つべく作られたのが<EGG>と呼ばれる施設であった。その卵の中心でまどろむのは<女神>セラフィータ、通称セラ。

 恋人であり患者でもあった螢の自殺により深く傷ついていた精神技術者であり、共感能力を有するサイキックである穂村一幾は、螢の双子の兄である水無瀬眞により、<EGG>へと呼び寄せられる。
 その不躾な振る舞いに反感を抱く一幾ではあったが、結局は眞の望んだ通りにセラとの対話を試みることとなる。
 <神>と語らう以外の何事にも関与しない少女セラ。彼女には現実世界は見えず、彼女が棲まうのはデータと量子の世界。セラは情報を操り、数多の奇跡を気ままに行う<テクノシャーマン>と称される唯一無二の存在であった。
 人とは違う次元に存在する彼女と何らかの感情を共有し、意思疎通を可能にすることこそが、共感能力者であり高度な精神技術者である一幾に求められていた。そのために彼は眞に<EGG>へと呼ばれたのだ。
 けれども、既に警告は発せられていたのだ。螢は一幾に何度も言った。「兄さんは悪魔だ」、と。「命令されたら従わずにはいられない、人の姿をした悪魔だ」。

 僕は<神>の超越性は信じない。だが、その力は本物だ。誰にも、誰にも僕たちを止めさせはしない。この人を超える力は僕たちのものだ(p.391)



 そして物語は、前巻と繋がる。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ』感想:★★☆☆☆

2011.12.18 Sun


クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ (ハヤカワ文庫JA)

五代ゆう 早川書房 2011-04-21
売り上げランキング : 90613
by ヨメレバ


 「ジャンクヤード」と呼ばれる世界に君臨するは<カルマの審判者教会>、通称<教会>。
 <教会>はジャンクヤードの住人達に教える。6つある地域全てを支配したトライブには、楽園<ニルヴァーナ>への道が開けるのだと。そのためにお前達ジャンクヤード人は産出され、生きるために戦い、そして敗者は<教会>に戻りまた新たな生を与えられるのだ、と。
 だが、ジャンクヤードには存在しないはずの黒髪黒瞳の少女サラの出現から全ては変わり始める。人々には「アートマ」と呼ばれる異形の存在への変身能力と、火器を凌駕する戦闘能力が与えられ、そして自我が芽吹いた。
 彼らの変化に気が付かぬ<教会>は急速に力を失い、今までは絶対だったルールも次々と破られていく。
 それに反比例するように、疑問は膨らみ続ける。<教会>とは何なのか、彼らが説く楽園<ニルヴァーナ>とは何なのか。戦い、死に、そしてまた生まれる自分という存在は、一体何なのか。
 <教会>は俺たちの罪を浄めているという
(略)
 だが、その<罪>を犯させているのは誰だ。休む暇もなく戦いを命じ、せっかく自分たちで浄化した者に、再び罪を犯させてむごたらしく殺し、殺させるのは誰だ。積みかさねた日々の記憶まで、<罪>と称して引きはがすのは、いったい誰のしわざだ(p.98-99)

 サラの存在が示すのは、「ジャンクヤード」と呼ばれる世界は何らかの存在に支配されている末端でしかないという事実だった。<教会>だけではない、<教会>すらをも支配する誰かが居る。

 サーフらの中から葉を伸ばした自我は、支配地域を拡大し楽園への道を得るためだけに戦い続けることを、もはや彼ら自身に許しはしなかった。
 揺らぐ「自分」という存在。揺らぐ世界。己は何者なのか? この世界は一体何なのか?
 全ての疑問に決着をつけるために、そして何よりも敵側に奪われたサラを奪還するために、サーフたちは<教会>、今までは絶対不可侵だった存在、の敷地内に足を踏み入れる。


「俺たちは天に、<教会>と<楽園>に、<神>に、叛逆する。<エンブリオン>リーダー、サーフの命令だ。聞くか、皆」(p.298)




Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ』感想:★★★☆☆

2011.12.12 Mon

クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ (ハヤカワ文庫JA)

五代ゆう 早川書房 2011-02-18
売り上げランキング : 63541
by ヨメレバ


 「ジャンクヤード」と呼ばれる世界の中心には<カルマの審判者教会>、通称<教会>、と呼ばれる絶対的な統治者が鎮座していた。白く美しい教会が建つ地サハスララ・エリアから隔てられた周囲には、ぐるりと6つの地域が存在している。
 <教会>は教える。6つの地域を全て支配したトライブには、楽園<ニルヴァーナ>への道が開けると。そのためにお前達ジャンクヤード人は産出されるのだと。
 <教会>に教えられるままに、彼らは戦い、死んだ。その死体は分解され銀の雨と化し<教会>の地下へと戻り、罪を浄化された後に、また新たな個体として「産出」されては<教会>の門を出る。永遠なる繰り返し。その渦中に生きるジャンクヤード人は、自分たちの存在にも、戦う理由にも、そして<教会>が謳う楽園<ニルヴァーナ>の存在にも、疑問を抱いたことはなかった。
 いや、そもそもとして、「疑問を抱く」ことすら出来なかったのかもしれない。その日までは。

 その日、サハスララ・エリアを取り囲む6つの地域の1つムラダーラ・エリアを支配する<エンブリオン>は、隣接するスワディスターナ・エリアの<アサインメンツ>と対峙していた。両者が睨み合う2つのエリアの境目には、高さ約3.5メートル、幅約2メートルの謎の黒い物体が静かに存在していた。その正体は誰にも分からない。
 <アサインメンツ>、<エンブリオン>ともに、件の物体は相手が置いたのだと認識していた。自分たちではないのだから、当然相手のはずだ。睨み合う両者。平行線を辿るばかりの2つのトライブの言い争いは、やがて戦闘の開始を告げる。
 だが、その戦闘は中断された。エリアの境目に佇んでいた黒い物体が突如光を発したのだ。その光は周囲の人間たちを刺す。
 <エンブリオン>のリーダー、サーフもまたその光に貫かれた。そして、意識を回復した時には、彼はもう「変わっていた」。彼だけではない。<エンブリオン>の全員が、いや、ジャンクヤードの全てが変わってしまったのだ。
 彼らが手に入れたのは「神」もしくは「悪魔」と呼ばれる異形への変身能力と、そして、<教会>に強制されない自由な意志であった。

 サーフたちは変わった。これからも変化していく。今までただの繰り返しに過ぎなかったジャンクヤードも変化した。絶対的だった<教会>が、いくつものルールが、急速に無効化されていく。
 変わることへの恐怖と甘美。そのどちらが真実なのであろうか。
 件の黒い物体から現れた、黒髪黒瞳の少女サラ。サーフの前に幾度も姿を見せる、「猫」。サーフたちの物語が始まる。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『MORSE―モールス』感想:★★☆☆☆

2011.07.30 Sat
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト John Ajvide Lindqvist

早川書房 2009-12-30
売り上げランキング : 1980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 8月5日に全国ロードショー(公式サイトはコチラ)とのことなので、今更ながらの読書感想文。
 ちなみに今年公開されるハリウッドのはリメイクであり、最初に本書を映画化したのはイタリア。こちらも去年、日本で公開されていた。公式サイトはコチラ
 既にこちらは『ぼくのエリ 200歳の少女』のタイトルでDVDが販売されております。


 ある日、いじめられっ子の少年オスカルが住むマンションの隣に美しい少女エリが引っ越して来た。
 エリのしゃべり方は古風だし、ルービックキューブも知らないと言う。それにとても不潔だ。どう考えても普通じゃない。
 そうオスカルは思うものの、彼女と出会ったことで勇気を得る。彼女に見せても恥ずかしくない生活を手に入れたいと願うようになったのだ。
 時を同じくして、恐るべき犯罪が新聞を賑わした。
 オスカルの住むブラックベリからそう遠くない場所で、少年が殺されたのだ。それも奇妙な方法で。再度の犯行が囁かれる中、実際に犯人は次なる犯行を企て、そして……。


 と言うのが本書の簡単なあらすじ。
 そもそもとして、貴方は吸血鬼物が好きですか? 私は大好きです。吸血鬼に限らず、「人間の形をした人間ではないモノ」が好きだ。
 何せ彼らは常識からの逸脱が許されているのだもの。どれだけ普通の人間から離れていても問題視されることはない。だって「人間じゃない」んだもの。違うのは当然だ。
 普段から他者と己の認識の違いに戦慄しがちな私としては、そんな許された彼らが羨ましくて仕方がない。私が世間の「普通」と違うのに理由はない。けれど、吸血鬼が世間の「普通」と違うのは当然だ。
 しかし、そんな「人間の形をした人間ではないモノ」である吸血鬼ではあるが、彼らは生きていくために生き血を必要とする。つまり人間の常識から解き放たれている筈の彼らは、人間の近くで生活する必要があり、そのために人間の振りをしなくてはならないのだ。
 そして場合の多くにおいて、彼らは元人間でもある。人間であった頃の記憶を有し、その昔を懐かしく思い返したりもする。

 人間から逸脱した存在でありながら、人間の振りをして暮らし、人間生活を懐かしく愛おしく思う。そんな矛盾を抱えた吸血鬼というファンタジーがとても私は好きだ。
 が、やっぱり個人的には吸血鬼には人間から抜け出した「人間の形をした人間ではないモノ」として超然としていて頂きた。い。吸血鬼と化したその日の姿のまま永遠を生きる彼らに、年齢を重ねたが故の「何か」を期待したい。それは若さを喪失しながら生きる私という一個の人間に希望を与えてくれるものだから。
 化け物でありながらある意味で人間でもあり、若くありながらも年寄りであり、死者でありながら生き物である。その解決されない矛盾こそが私の吸血鬼への傾倒の理由だ。
 もう既にお気づきのことと思うが、私はこの作品が気に入らない。なので以下は覚悟してどうぞ。ネタバレも全開です。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |