RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『こわい部屋 謎のギャラリー』感想:★★★☆☆

2013.06.28 Fri


こわい部屋: 謎のギャラリー (ちくま文庫)

北村 薫 筑摩書房 2012-08-08
売り上げランキング : 139617
by ヨメレバ


 暑い日には怪談を、……なんて話ではなくて、単純にソログープの「光と影」が収録されていたから読んだだけなんですけれどね。
 背後からひたひたと音もなく迫り来、振り返っては破滅だと分かってはいても、それでも振り返らざるを得ない。
 気が付かなければ幸せでいられたのに、一度違和感に気が付いてしまえば、もはや「知らなかった」頃には戻れない。
 そんな密やかな恐怖を内包する物語たちが揃っている。

 収録作品は以下。
・「チャイナ・ファンタジー」 南伸坊
・「巨きな蛤」 南伸坊
・「家の怪」 南伸坊
・「寒い日」 南伸坊
・「七階」 ディーノ・ブッツァーティ、脇功・訳
・「待っていたのは」 ディーノ・ブッツァーティ、脇功・訳
・「お月さまと馬賊」 小熊秀雄
・「マナイタの化けた話」 小熊秀雄
・「四つの文字」 林房雄
・「煙の環」 クレイグ・ライス、増田武・訳
・「お父ちゃん似」 ブライアン・オサリバン、高橋泰邦・訳
・「懐かしき我が家」 ジーン・リース、森田義信・訳
・「やさしいお願い」 樹下太郎
・「どなたをお望み?」 ヘンリィ・スレッサー、野村光由・訳
・「避暑地の出来事」 アン・ウォルシュ、多賀谷弘孝・訳
・「ねずみ狩り」 ヘンリィ・カットナー、高梨正伸・訳
・「死者のポケットの中には」 ジャック・フィニイ、福島正実・訳
・「二十六階の恐怖」 ドナルド・ホーニグ、稲葉迪子・訳
・「ナツメグの味」 ジョン・コリア、矢野浩三郎・訳
・「光と影」 フョードル・ソログープ、中山省三郎・訳
・「斧」 ガストン・ルルー、滝一郎・訳
・「夏と花火と私の死体」 乙一
・「価値の問題」 C・L・スィーニイ、田中小実昌・訳
「『こわい部屋』の愉しみ」 宮部みゆき・北村薫

 南伸坊の4作品は漫画、末尾の「『こわい部屋』の愉しみ」は宮部みゆきと本書の編者でもある北村薫の対談。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ラピスラズリ(ちくま文庫)』感想:★★★☆☆

2012.02.04 Sat

ラピスラズリ (ちくま文庫)

山尾 悠子 筑摩書房 2012-01-10
売り上げランキング : 8741
by ヨメレバ


 読んだのはちくま文庫版。
 作者による「あとがき」によれば、国書刊行会から出た単行本版に全面的に手を入れたとのこと。

 収録されているのは5作品。
・「銅板」
・「閑日」
・「竈の秋」
・「トビアス」
・「青金石」
 全部合わせても250ページを超えない小さな1冊。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ドイツ幻想小説傑作選 ロマン派の森から』感想:★★★☆☆

2011.08.21 Sun
ドイツ幻想小説傑作選 ――ロマン派の森から (ちくま文庫)
ドイツ幻想小説傑作選 ――ロマン派の森から (ちくま文庫)今泉 文子

筑摩書房 2010-02-09
売り上げランキング : 355967


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「石の夢・異界の女」をテーマに、ドイツのロマン派小説を5編収めたのが本書。収録作品は以下。

・「金髪のエックベルト」 ルートヴィヒ・ティーク
・「アーデルベルトの寓話」 アーデルベルト・フォン・シャミッソー
・「アラビアの女予言者 メリュック・マリア・ブランヴィル」 アーヒム・フォン・アルニム
・「大理石像」 ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ
・「ファールンの鉱山」 E・T・A・ホフマン 

 編訳は今泉文子。
 「金髪のエックベルト」は河出文庫の『ドイツ怪談集』で既読。
 
 突然だが、貴方は学生の頃に国語と呼ばれる科目が好きだっただろうか? 私はとてつもなく嫌いであった。
 「嫌い=その科目の点数が低い故の恨み節」だと思い込んでくださる方が世の中には一定数存在していらっしゃるようなので一応言っておくが、私が最も点数を取れたのは国語であった。下手の横好きとの慣用句があるが、その逆で得意だけど嫌いだなんて関係もあり得るのですよ。と恨み節。
 国語という科目には学生時代ずっとお世話になった。いつだって爆死した他科目の穴埋めをしてくれた。けれどもそれとこれとは別問題であり、私はどうしても国語という科目が嫌いなのである。何が嫌かと言えば、問題の解説が嫌なのだ。「その解説は本当に妥当なのか?」との疑問、しかも解決しようのない疑問が脳に浮かんで仕方が無いのだ。問題を解くのは良い、それに点数が付けられるのもまぁ科目なんだから仕方が無い。けれども解説を聞かされるのが嫌で嫌で堪らなかった。
 しかしそんな大嫌いな科目とも大学に入ればサヨウナラである。そんな訳で長らくこの嫌悪感を忘れていたのだが、久しぶりに再会する羽目となった。それも自分が好きで買い、そして読んだ本書によってである。

 つまり、続き以下は文句が八割でお送りします。ご注意ください。


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |