RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

METライブビューイング2013-2014『鼻』感想:★★☆☆☆

2013.11.18 Mon


METライブビューイング2013-2014


 私の今年度初METライブビューイングは、ショスタコーヴィチの『鼻』。

 オペラって何? 総合芸術さ!
 とでも言いたくなるほどに、オペラというか演劇というかな一作でした。
 原作がゴーゴリの同名の短篇だけに、オペラにするには尺が足りなかったのだろう。原作はほぼそのままに、場面それぞれが膨らまされ、結果、主題が分かりにくくなった印象。
 話の流れを知ってる私ですら「あれ、今何やってるところなんだっけ?」状態に何度か陥ったので、初見の人がどう感じたのか気になる。



 今回の指揮はパヴェル・スメルコフ、演出はウィリアム・ケントリッジ。
 コワリョフ役はパウロ・ジョット(バリトン)、コワリョフの鼻役がアレキサンダー・ルイス(テノール)、警察分署長はアンドレイ・ポポフ(テノール)。


 呑んだくれの床屋のイワンは、朝食のパンの間から鼻を発見する。
 普段から客のヒゲを剃るのに、相手の鼻を強くつまんでいた彼のこと。もしや鼻を捥いだか切り取ったかしてしまったかと大混乱。
 とりあえず隠しておこうとするのだが、妻は誰のものかも分からない鼻を家に置いておくなど言語道断と夫を鼻ともども追い出す。
 仕方なくイワンは鼻をこっそり捨てようと試みるのだが、周囲の状況がなかなかそうはさせてくれない。

 一方、目覚めた八等官のコワリョフは、昨日こしらえてしまった鼻の上のニキビの具合を見ようと鏡を手にしていた。
 だがコワリョフが見たのは潰れたニキビでも巨大化したニキビでもなければ、つるつるすべすべに治癒された皮膚でもなかった。そもそも鼻そのものがなかったのだ。
 目を疑うコワリョフ。だが夢ではない。その証拠に、下男に捻らせた尻は痛い。
 昨日まで鼻があった場所は、いまや空白! 大変だ。こんな間抜けな姿では、出世どころか笑いものだ!

 慌てて外へと飛び出したコワリョフは、逃げ出した鼻を追い求めて右往左往。しかしようやく出会えた鼻は、自分よりも身分の高い五等官の姿をしていて……。


スポンサーサイト
Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ロシア・ソビエト文学全集4 死せる魂 外套 鼻 検察官』感想:★★★★☆

2013.09.24 Tue


ロシア・ソビエト文学全集〈第4〉ゴーゴリ (1964年)ロシア・ソビエト文学全集〈第4〉ゴーゴリ (1964年)

平凡社 1964
売り上げランキング : 1414877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 収録作品は全てゴーゴリ作。翻訳者はそれぞれ以下。
・「死せる魂」 中村融・訳
・「外套」 岩上順一・訳
・「鼻」 横田瑞穂・訳
・「検察官」 米川正夫・訳


 ユダヤ人とドイツ人の扱いに差別と偏見感が満載だった同じくゴーゴリの作品を集めた『ロシア・ソビエト文学全集5』に比べて、今回はその手の話題がほぼなく、心安らかに読める一冊。
 一方で、『ロシア・ソビエト文学全集5』ではロシアの土の匂いすら漂ってきそうなほどに濃厚に描かれていた土着の発想がこの『4』では薄く、良くも悪くもお上品に。『5』ではあれだけ跋扈したコサックも、悪魔も、登場しない。
 どちらが良いかは個人の趣味になるが、世間一般ではこちらの方が反応は宜しそうである。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |