RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎』感想:★★★☆☆

2013.08.29 Thu


輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎

ホリー・タッカー 河出書房新社 2013-05-18
売り上げランキング : 168965
by ヨメレバ


 予想よりも平易な内容の一冊。いかにもアメリカ発の一般向けの科学書と言ったところか。
 「科学革命期の」とあるが、科学革命なるものがその言葉ほど明確なものではなかったこと、また科学者たちとそのパトロンである国あるいは個人により、それぞれの威信を賭けた発見合戦が繰り広げられたいたことが示されるに留まる。
 また「殺人事件」と謳ってはあるが、その顛末は割と簡易に示されるのみであり、当時の面倒極まりない司法制度には触れる程度で深くは踏み込んでいない。

 そのあたりを期待した読者には肩透かし、けれどもその手の興味を持たない読者にはなかなかに魅力的だろう。
 本書で描かれるのは、人間への輸血なる新たな概念に取り組んだフランスの片田舎出身の医師ドニが、血液循環説を支持するイングランドの王立協会(=新勢力)と、頑なに過去の体液説に固執するフランスのパリ大学(=旧勢力)の両方を敵に回しながら果敢に戦い、そして葬り去られるまでの物語である。


 けれどもドニは決して無垢なる悲劇のヒーローではない。彼も、彼のパトロンとなる貴族モンモールも、功名心に焦る卑小なる人間の一人に過ぎない。
 それは真っ向から睨み合う王立協会の面々も、パリ大学の教授連も同じである。誰が歴史的な発見を成し遂げるのか、誰が「正解」を手に入れるのか、誰もが火花を散らして烈しく鍔迫り合いを繰り広げる。
 けれども「正解」を採点してくれる絶対の存在などいはしない。だからこそ、彼らは「政治」を繰り広げるのだ。

 そしてその構図は、基本的には現代になっても変わってなどいない。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『わが人生の記―十八世紀ガラス職人の自伝』感想:★★☆☆☆

2012.07.31 Tue


わが人生の記―十八世紀ガラス職人の自伝

ジャック=ルイ メネトラ,ダニエル ロシュ
白水社 2006-03
売り上げランキング : 723117
by ヨメレバ


 本書はジャック=ルイ・メネトラの遺した「わが人生の記」に、冒頭と末尾にダニエル・ロシュの解説が付属する構成になっている。
 そのおかげでメネトラの言い分だけでは分からないところにまで手が届く親切設計になっている。


 読み終わった自分を褒めてあげたい、なんて文章が出てくるほどに苦労した1冊。
 とは言えそのほぼ全ては私の趣味(つまりは『ヨーハン・ディーツ親方自伝―大選帝侯軍医にして王室理髪師』のディーツ親方の方が好きだ)と、単純に物理的な理由(つまりは本書が大きくて重たくて腕が疲れる)という2点に集約出来てしまう以上、この書物に価値がないという訳ではない。
 それどころか、十八世紀の後半という劇的な時代を生きたパリの職人が書き残した記録である『わが人生の記』は、一部の人間にはとてつもなく面白いものだろう。
 著者であるメネトラはアンシャン・レジーム時代を知る最後の世代であり、そしてフランス革命の目撃者であり、その後のナポレオンの登場をも体験している。激動の時代の証言者、それも珍しく庶民、である。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ガラスの文明史』感想:★★★★☆

2012.07.08 Sun


ガラスの文明史

黒川 高明 春風社 2009-02
売り上げランキング : 785962
by ヨメレバ



 約五千年前に初めて作られて以来、人類と共にあった「ガラス」に関する歴史を描いた1冊。
 当初は宝石を模倣した色ガラスから始まったものの、その優れた特性から容器として、また芸術性のある贅沢品として発展し、現在でも窓ガラスを始めとして様々な分野で文明を支えているガラス。

 だがガラスの歴史は一筋縄ではいかない。
 新たな技術のパイオニアたちは自分たちの発見が盗まれることを恐れて、その秘密を文章またはそれに類似する方法で残すことはなかった。技術は人から人へとただ受け継がれ、故に戦争や政治的不安定により職人が離散した途端に失われてしまう。
 また技術が確立したところで、それを維持するには原料の安定的供給や商品の買い手、パトロンが必要なのである。
 燃料である木材の枯渇、環境への影響からの強制的な工場の移動、更には宗教的な、あるいは単純なる流行の変化からの資金繰りの悪化等の変化に晒され、ガラスを巡る環境は移り変わっていく。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『アンティーク・レース 16世紀~18世紀 富と権力の象徴』感想:★★☆☆☆

2012.02.08 Wed


アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴

吉野 真理 里文出版 2007-03
売り上げランキング : 242379
by ヨメレバ


 私が読んだのは新装版。
 Amazon情報によると25.6cmx19cmの大きめな本ながら、ソフトカバーな上に100ページほどと薄いので、重すぎて腕が疲れる心配は無用。
 中に収録されているレースの写真はほぼ全てがモノクロだが、レースのほぼ全てが白色なので特に問題を感じない。


 内容としては、サブタイトルが全て。16世紀から18世紀に一大産業となり、機械化によって駆逐されることとなる手編みレースを、写真と文章で説明した本である。レース自体は作者のコレクションから選ばれているようだ。
 レースの編み図は全く収録されていない。そもそもからして、収録されているレースは私たちが普通に連想するかぎ針で編むレース(クロッシェレース)ではなく、ニードルレースとボビンレースの2種類である。
 クロッシェレースも16世紀頃から家庭で楽しまれていたそうだが、この本で扱っているのは当時の貴族階級が身につけたトップクオリティのレースのみ。
 ニードルレースとボビンレースの説明は本書内で成されているので割愛。と言いますか、私自身がよく分かっていないもので。

 レースの写真は大きくて柄が分かりやすく、なかなか良い。
 対して説明が分かりにくいが、そう感じるのは、私の頭の問題なのかもしれない。前に『手芸の文化史』を読んだ時も同じように感じたことだし。
 類書も余りない希少な分野の本だとは思うが、この本は18世紀フランスの歴史に特に拘りがなく、横書き縦書き混合の構成に耐えられる人じゃないと辛い。
 以下理由。ほぼ文句と化しているので折りたたみ。




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『民衆本の世界―17・18世紀フランスの民衆文化』感想:★☆☆☆☆

2011.11.14 Mon

民衆本の世界―17・18世紀フランスの民衆文化

ロベール マンドルー 人文書院 1988-09
売り上げランキング : 320888
by ヨメレバ


 本棚を見れば相手の人となりが分かる、と言ったのは誰だったか。はぐれ刑事純情派の安浦刑事だっただろうか。
 個人の本棚からその人の趣味嗜好が分かるならば、ある時代、ある身分の人物の本棚を覗いて回れば、当該の時代・身分の人たちが何を好み、何を欲していたかの平均値が分かるのではないか、と言うのが出発点であり、今回マンドルーが対象とした「ある時代、ある身分」とは17・18世紀の、人数的には大多数を占めていた「民衆」である。

 ただ貧しい彼らは高価な本を買うことは出来ない。彼らが所有していたのは僅かな金で買える粗悪な青表紙の本のみであり、通称「青本」と呼称されたそれらには資産としての価値は無く、従って死後の遺産目録に記載されることはない。
 ならばどうやって当時の民衆が所有していた本を知ることが出来るだろうか? 調べるためには元となる資料が必要である。
 マンドルーが目を付けたのは、民衆相手の粗悪本を売っていた版元兼印刷所であった。トロワ市立図書館にたまたま寄贈されていた約450点の青本を手がかりに、マンドルーはそれらの内容を分類し、民衆の好みを知ろうとした。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星1つ:★☆☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見―きわめて哲学的な物語』感想:★★★★☆

2011.10.23 Sun
飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見―きわめて哲学的な物語
飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見―きわめて哲学的な物語 (1985年)レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 植田 祐次

創土社 1985-01
売り上げランキング : 1510350


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本作が世に出たのは1781年。ルイ十六世の即位が1774年、王の処刑が1794年だ。
 一つの時代が終焉を迎えつつあったが故に、人々は次の時代に様々な理想郷を想像したのだろう。これもまた、レチフの夢である。彼のユートピア。彼のための、ユートピア。


 物語はレチフこと「ニコラの大将」はある日、乗合馬車の中で奇妙な猿を連れた不思議な人物と知り合いになるところから始まる。彼はニコラの大将に、自分は南半球の人間であること、南半球にはヨーロッパ人が知らない島々があり、そこには様々な「人類」が今も存在していることを語り始める。

 南半球の男は言う、全ては一人の人間の夢から始まったのだと。その男の名はヴィクトラン。彼は身分違いの恋を叶えるために、ギリシア神話のダイダロスよろしく人工翼を開発したのだ。
 翼を上手く操れるようになったヴィクトランは、誰も立ち入れぬ険しい山の上に自分の楽園を作る。その土地だけで完結した生活が送れるように家畜や作物を運び、またそれらの世話をするための人間をも連れてくる。彼は彼だけの人工翼で彼らを脅し、自分を魔法使いだと思わせるのに成功したのだ。ヴィクトランを絶対支配者とする「国」の成立である。
 準備を整えたヴィクトランは、ついに恋しいお嬢様であるクリスチーヌを攫う。犯人がヴィクトランだとは知らぬクリスチーヌは彼を命の恩人だと思い込み、彼を愛するようになる。

 ヴィクトランの幸福は続くが、彼の国は徐々に手狭になりつつあった。クリスチーヌを攫ったのが自分であることを告白し、さらにその行為に対する許しをも得たヴィクトランは、クリスチーヌのための(と言いながらも、結局は彼自身の幸福のためだ)新たな土地を欲するようになる。
 そして飛び出した先が、南半球なのである。

 
 長くなってきたので、ここで一旦折りたたみ。ネタバレ全開でお送りします。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

『宮廷社会』感想:★★★★☆

2011.09.15 Thu
宮廷社会 (叢書・ウニベルシタス)
宮廷社会 (叢書・ウニベルシタス)ノルベルト・エリアス 波田 節夫

法政大学出版局 1981-01
売り上げランキング : 542281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これまた過去に書いた感想文をサルベージ。
 やたらと長い時間を掛けて読み終えた記憶のある『宮廷社会』は叢書・ウニベルシタスの中の1冊。著者はノルベルト・エリアス。
 エリアスならば『文明化の過程』の方が圧倒的に有名だが、私は未読。
 確か高校生の時に一部を英語の授業で読まされ、「一文がクソ長いとか見知らぬ単語だらけだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」な気分になったことをうっすらと覚えているような。日本語で読んでも理解出来ないに違いないものを何故英語で読まされているんだと心の底から謎だったっけなぁ。ああ、英語嫌いだ。


 この『宮廷社会』は1930年代前半にエリアスが書いた大学教授資格論文に序章と補遺を付け加えて1969年に出版した"Die höfische Gesellschaft.: Untersuchungen zur Soziologie des Königtums und der höfischen Aristokratie. Mit einer Einleitung: Soziologie und Geschichtswissenschaft "を翻訳したもの。英語版wikipediaによると英語翻訳版が出版されたのは1983年とあるので、日本語版の方が早く出たことになる。
 またしても英語版wikipediaのエリアスの項目によると、彼の代名詞である『文明化の過程』の原著"Über den Prozess der Zivilisation"は1939年に出版されている。つまり『宮廷社会』の執筆自体は『文明化の過程』に先駆けて行われたのであろう。


 以下、折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |