RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎』感想:★★★☆☆

2013.08.29 Thu


輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎

ホリー・タッカー 河出書房新社 2013-05-18
売り上げランキング : 168965
by ヨメレバ


 予想よりも平易な内容の一冊。いかにもアメリカ発の一般向けの科学書と言ったところか。
 「科学革命期の」とあるが、科学革命なるものがその言葉ほど明確なものではなかったこと、また科学者たちとそのパトロンである国あるいは個人により、それぞれの威信を賭けた発見合戦が繰り広げられたいたことが示されるに留まる。
 また「殺人事件」と謳ってはあるが、その顛末は割と簡易に示されるのみであり、当時の面倒極まりない司法制度には触れる程度で深くは踏み込んでいない。

 そのあたりを期待した読者には肩透かし、けれどもその手の興味を持たない読者にはなかなかに魅力的だろう。
 本書で描かれるのは、人間への輸血なる新たな概念に取り組んだフランスの片田舎出身の医師ドニが、血液循環説を支持するイングランドの王立協会(=新勢力)と、頑なに過去の体液説に固執するフランスのパリ大学(=旧勢力)の両方を敵に回しながら果敢に戦い、そして葬り去られるまでの物語である。


 けれどもドニは決して無垢なる悲劇のヒーローではない。彼も、彼のパトロンとなる貴族モンモールも、功名心に焦る卑小なる人間の一人に過ぎない。
 それは真っ向から睨み合う王立協会の面々も、パリ大学の教授連も同じである。誰が歴史的な発見を成し遂げるのか、誰が「正解」を手に入れるのか、誰もが火花を散らして烈しく鍔迫り合いを繰り広げる。
 けれども「正解」を採点してくれる絶対の存在などいはしない。だからこそ、彼らは「政治」を繰り広げるのだ。

 そしてその構図は、基本的には現代になっても変わってなどいない。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『鏡の文化史』感想:★★☆☆☆

2012.08.20 Mon


鏡の文化史 (りぶらりあ選書)

サビーヌ メルシオール=ボネ
法政大学出版局 2003-09
売り上げランキング : 676075
by ヨメレバ


 正直、感想がないのが感想。
 でもまぁ折角だし、ひねりだしてみましょうか……。
 とりあえず、とても読みにくかったことを記しておきたい。原著のせいなのか、翻訳のせいなのかは知らない。


 内容紹介によると「地位の象徴,貴族の贅沢品,女性の宝物,家具…として文明を映してきた鏡の発展史を豊富な資料から解き明かし,鏡をめぐる人々の感性と生活像を多彩に描き上げる。」とのことなのだが、「多彩」かと問われると、うーん?
 その点では『鏡の歴史』の方がずっと多彩なんじゃなかろうか。こちらは未だ50p程度までしか読み進めていないけれど、それでも視野の広さの差は歴然としている。


 本書で作者メルシオール=ボネが対象とするのは、西洋の鏡もしくはガラスに限られている。
 中心がフランスとなるのは、彼女がフランスの歴史家であることを考えれば、当然のこととは言える。その他の地域が殆ど出てこないのは予想外であったが。



Theme:感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ガラスの文明史』感想:★★★★☆

2012.07.08 Sun


ガラスの文明史

黒川 高明 春風社 2009-02
売り上げランキング : 785962
by ヨメレバ



 約五千年前に初めて作られて以来、人類と共にあった「ガラス」に関する歴史を描いた1冊。
 当初は宝石を模倣した色ガラスから始まったものの、その優れた特性から容器として、また芸術性のある贅沢品として発展し、現在でも窓ガラスを始めとして様々な分野で文明を支えているガラス。

 だがガラスの歴史は一筋縄ではいかない。
 新たな技術のパイオニアたちは自分たちの発見が盗まれることを恐れて、その秘密を文章またはそれに類似する方法で残すことはなかった。技術は人から人へとただ受け継がれ、故に戦争や政治的不安定により職人が離散した途端に失われてしまう。
 また技術が確立したところで、それを維持するには原料の安定的供給や商品の買い手、パトロンが必要なのである。
 燃料である木材の枯渇、環境への影響からの強制的な工場の移動、更には宗教的な、あるいは単純なる流行の変化からの資金繰りの悪化等の変化に晒され、ガラスを巡る環境は移り変わっていく。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |