RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『身体論のすすめ』感想:★★★★☆

2012.02.26 Sun


身体論のすすめ (京大人気講義シリーズ)

菊地 暁 丸善 2005-04
売り上げランキング : 306888
by ヨメレバ


 おや、意外と面白い。というのが率直な感想。
 門外漢にも身体について考えてもらおう、とのコンセプトで、幅広い分野の研究者から「身体論」をテーマに講義を行ってもらい、それを書籍化したのが本書。
 収録されているのは以下12章。続く13章目の身体論を考えるのは、読者の私であり貴方であるのだそうだ。

序章:「寄せて上げる冒険 ――あるいは身体のポリティクス――」 菊池暁
第Ⅰ部:表現と身体
 ・第1章 「ポルノ的身体とは何か ――表象理論と身体――」 大浦康介
 ・第2章 「日本で裸体を描く ――美術と身体――」 高階絵里加
 ・第3章 「音楽は『聴く』ものか ――音楽と身体――」 岡田暁生
第Ⅱ部:行為と身体
 ・第4章 「僕は、昔、皿洗いだった ――技能の身体――」 菊池暁
 ・第5章 「痛み・悼み・祈る ――宗教と身体――」 小牧幸代
第Ⅲ部:制度と身体
 ・第6章 「明治維新と天皇 ――天皇制の身体――」 高木博志
 ・第7章 「教室で座るということ ――学校と身体――」 谷川穣
 ・第8章 「耕す体のリズムとノイズ ――労働と身体――」 藤原辰史
第Ⅳ部:科学と身体
 ・第9章 「『機械』と『歴史』のあいだ ――生命科学の身体観――」 加藤和人
 ・第10章 「『血液循環の発見』とは何か ――近代医学の身体観――」 田中祐里子
終章:「言葉にできない ――死と身体――」 森本淳生


 各章に対する感想は続きを読む以下で。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『女の皮膚の下―十八世紀のある医師とその患者たち』感想:★★★★★

2011.11.24 Thu

女の皮膚の下―十八世紀のある医師とその患者たち

バーバラ ドゥーデン 藤原書店 2001-11
売り上げランキング : 788076
by ヨメレバ


 皮膚とは何かと問われれば、それは外界と「私」とを分け隔てる決定的な境界線であり絶対的な防護壁だ、と私は答える。
 なんらかの障害物により外界から隔てられた内世界の確保は生物の絶対的条件の一つであり、さらにその内世界に一定の恒常性(ホメオスタシス)を有し、自力でDNAを複製する能力を有するものを「生物」と呼ぶことになっている。
 DNAの複製能力が生物に必須の条件であるかについては、私は正直疑問である。この定義だとウイルスは生物とは呼べないこととなるが、DNAないしRNAを利用する以上、生物の枠組みに入れてやりたい気もする。そもそもこの、DNAと遺伝の関連が発見されたのはまだ比較的近年のことでもあるし、定義が確定しないのも当然かと思われる。
 だが外界と己の境界線(人間にとっては皮膚)の保持に関しては、絶対的で恒常的な、現代だけではなくもっと昔から変わらぬ当然の認識だと、私は本書を読むまで信じていたのだ。何の確証もないのに。いや、確証など必要としないほどに自明のことだと思っていたのだ。
 私にとって皮膚は、「恐ろしい」外界から私の中身を守ってくれる素晴らしい守護者であり、「私」という物理的な存在の揺らぐ余地のない外枠でもあった。
 皮膚が破れて中身がこぼれ落ちることが恐怖ならば、皮膚が開かれ外部から何かが侵入するのもまた恐怖である。
 だが一体いつから外部は「恐ろしい」存在になったのだろうか。そもそもそれは何故、恐ろしいのだろうか。
 私が想像するのは、空気中に漂う目に見えないウイルスや細菌たちである。だが彼らが発見されたのはそう過去のことではなく、それ以前は空気中には彼らは「存在しなかった」のである。認識されない存在は、存在しないのと同義なのだから。


 本書でドゥーデンが取り上げたのは、サブタイトルが示すように十八世紀をドイツはアイゼナッハとゴータで生きた内科医であるシュトルヒが記した、彼が後輩の内科医のためにと出版した書物である。シュトルヒは彼の住まう街とその周辺の患者を診たが、本書の対象となったのは女性患者たちの治療である。
 未だウイルスも細菌も発見されていない当時に於いては、外部は恐ろしい存在ではなく、皮膚もまた絶対的な守護者ではない。それどころか、皮膚は外部と「私」を隔てる障害物ですらないのである。



Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |