RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『鏡 科学的伝説についての試論、啓示・SF・まやかし(バルトルシャイティス著作集4)』感想:★★★★☆‏

2012.10.02 Tue


鏡 バルトルシャイティス著作集(4)

ユルギス バルトルシャイティス 国書刊行会 1994-12
売り上げランキング : 702799
by ヨメレバ


 途中から、花粉症のせいで「下を向いたら死ぬ(鼻水的な意味で)」状態の中で読む羽目になった、バルトルシャイティスの『鏡』をようやく読み終えた。

 内容はタイトル通り「鏡」をテーマに、ヨーロッパを舞台に紀元前から現代までを縦横無尽に横切りながら、「鏡」の持つ魅力とそれが喚起するイメージ、ありのままの真実を映す「鏡」または真実をゆがめて嘘だけを映し人を騙す「鏡」を語り、人間が「鏡」をどう見つめたか、そこに何を見ようとしたのかを記した書。
 特別結論じみたものは存在せず、変化自在な万華鏡を覗くかの如きめくるめく想像力と理性の一冊。


 感想としては3つ。
 1.頭の良い人ってこういう話し方するよね。
 2.物理的に重たすぎるから電子書籍にしようよ! 図版も好きに拡大出来て便利だろうし。
 3.「伝説」に復活の余地を与えるな。殺せ。ゾンビ化断固反対。


 2は実際に持ってみれば分かるが、妙にこの本は重たい。角張ってもいるので、読んでいると節々が痛くなってくる。
 こういう本こそ電子書籍にすると良いんじゃないかな。写真や図ももっと詳細なのを載せられるよ。
 って確実に赤字になるから、誰もやらないよね分かります。

 1に関しては、本書では語り手たるバルトルシャイティスは決して親切なガイドとは言えず、最低限のパンくずしか残してくれていない。
 点々と落ちているそれを手がかりに、彼の歩む道を追うのは辛い。他の本で鏡にまつわる情報を仕入れていたからまだ何とか落第せずに済んだけれど、それでも途中でドロップアウトしかけまくったよ。
 ただ豊かに飛翔する姿は実に見事で、その様を見られるならば全身筋肉痛になりながらも付いていくだけの価値はある。逆に理解出来なかった時の疲労感が凄い。
 パンくずの落とし方にはやはりある程度の規則性のようなものがあり、最初は面食らっても我慢して黙々と歩き続ければ、その内にコツを掴んで難易度は下がるのだけれど、そこまで行くのがまた辛い。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ロウソクの科学』感想:★☆☆☆☆

2011.09.03 Sat
ロウソクの科学 (岩波文庫)
ロウソクの科学 (岩波文庫)ファラデー 竹内 敬人

岩波書店 2010-09-17
売り上げランキング : 42004


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ファラデーが1860年の年末から61年の年始めにかけて行ったクリスマス講演を本にしたのが今回の1冊。翻訳本は何冊も出ているが、読んだのは2010年に出た新訳の方。
 このクリスマス講演とは名前の通りクリスマスシーズンにイギリスで行われる科学講演であり、現在でも毎年開催されている歴史ある講演である。夏には日本でもイギリスから講師を招いて行われており、今年も今月18日に東京大学で行われる予定となっている。時期が時期だけに、既に申し込み期間は終了しているが。
 公式サイトはコチラ:第22回英国科学実験講座
 サイトのアドレスがhttp://event.yomiuri.co.jp/2011/xmas_lecture/なので、この2011部分を2010や2009に変えれば過去のも見られるのかとやってみたところ、2006年まで見ることが出来た。2006年から2009年までは東京と他一都市の二ヵ所で開催していたようだ。また大阪でも開催して頂けると嬉しいです、主催の読売新聞さん。

 更に調べてみたところ、日本での講演がサイエンスチャンネルで無料視聴出来ることを知った。
 サイエンスチャンネルの公式サイトはコチラ:サイエンスチャンネル
 今日の番組表の下に番組検索ボックスがあるので、検索してください。現時点では2003年から2010年の講演までが見られるようです。


 いつまでもクリスマス講演自体の話をしていても仕方が無いので、『ロウソクの科学』の内容に移ろうと思うのだが、しかし「1860年の講演を今読む意味が分からない」というのが正直な感想だったりする。
 そんな訳で、続きは折りたたみ。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星1つ:★☆☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『火と文明化』感想:★★☆☆☆

2011.07.05 Tue
火と文明化 (叢書・ウニベルシタス)
火と文明化 (叢書・ウニベルシタス)ヨハン ハウツブロム Johan Goudsblom

法政大学出版局 1999-01
売り上げランキング : 930849


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先日 『火の賜物―ヒトは料理で進化した』の感想で、分野を超える研究はそれだけで偉大だと書いた気がしないでもないのだが、本書は何と言うか、「だからどないしてん」としか言いようがないと言うか、うーん。
そんな訳で 本当は感想なんて書かずにスルーしようかとも思ったのだが、ちょっとツッコみたいことがあったので頑張って書いてみる次第。

 本書の作者ハウツブロムは、かの有名なドイツの社会学者ノルベルト・エリアスの影響下にある学者だと訳者あとがきで翻訳者が述べている。そのせいもあってだろうが、本書は『文明化の過程―ヨーロッパ上流階層の風俗の変遷』でエリアスが展開した「文明化」をキーワードに語られて行く。
 そしてここで問題が。私、エリアスの『文明化の過程―ヨーロッパ上流階層の風俗の変遷』読んだことない。エリアスで唯一読んだのは『宮廷社会』だけである。しかし、今更分厚いウニベルシタスの上下巻2冊を読む元気はないので、エリアスの主張を知らないまま読ませて頂きました。そのせいで見落とし・勘違いがあったら、作者にごめんなさいと謝ることにする。


 以下、無駄に長いので折りたたみ。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『火の賜物―ヒトは料理で進化した』感想:★★★★★

2011.07.02 Sat
火の賜物―ヒトは料理で進化した
火の賜物―ヒトは料理で進化したリチャード・ランガム 依田 卓巳

エヌティティ出版 2010-03-26
売り上げランキング : 10166


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これは良書。ここ最近の(と言えるほど読んでもいないのだが)サイエンスノンフィクションの中では、一番のヒット。
 一応最初に断っておくが、私は基本的に「でかい仮説」をぶち上げる人が非常に好きである。蛸壺化が進行する現代科学において、その境界線に穴を開け、分野を越える大きな仮説を提唱するだなんて、それだけで偉大だと思うからだ。
 分野を越えると言うことは己の守備範囲から飛び出すということであり、そして越えた先の分野の研究者から「専門外のくせに」とせせら笑われる危険性をいつだって秘めている。
 その全てを覚悟して、受け入れて、それでも己の仮説を信じて戦い続け、新たに知識を得る度に仮説の修正をし、そしてそしてこんな一般書を発行するに至るほどの結果を得るとは、そこまでにどれだけの苦労と苦難があったことか。
 まぁ、そんな私の嗜好全開で星5つ評価。ちなみに同じ理由でマクリールの『疫病と世界史』もとても好きだとここで告白しておく。


 長くなったので、続きは折りたたみ。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

『暖房の文化史―火を手なずける知恵と工夫』感想:★★★☆☆

2011.06.25 Sat
暖房の文化史―火を手なずける知恵と工夫
暖房の文化史―火を手なずける知恵と工夫ローレンス ライト Lawrence Wright

八坂書房 2003-12
売り上げランキング : 789277


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 最近、17世紀や18世紀を舞台とする物語を読むようになって、「この当時の住環境ってどんなんだったの?」ってのが地味に気になるようになった。
 同じく細かいところが気になる人にオススメなのが、今回ご紹介する『暖房の文化史―火を手なずける知恵と工夫』。
 本書の対象となっているのは、人間が火を手に入れてから現在(と言っても本書が書かれたのは1964年)、そして未来までであり、近世以外が趣味の方にもオススメ。


 読んでいて思ったのは、暖房が実際に部屋全てを温められるようになったのは比較的最近なんだな、と言うこと。イギリスやフランスなんて冬は寒いだろうから、もっと古くから安全で使いやすく暖かい暖房技術が成立していると思っていた。
 「オルレアン公爵夫人は、王室の食卓で風邪をひき、同じような機会に熱さで「鬱血」を起こした(p.121)」し、煙突の設計がまずいせいで「火を焚いていない部屋のベッドにねていた人が、一酸化炭素で死んだこと(p.151)」すらある。
 燃料の問題、煙の問題、暖房能力の問題それぞれは長い長い時間と犠牲を生みながら、ようやっと解決され、そして現在の姿になったのだ。
 作者がイギリスの人なこともあってだろうが、記述はイギリスがメイン。時折イギリスを引き合いに出して茶化しているのだが、イギリスの実情なんて知らないのでどんな反応して良いのか悩んでしまうことがある。
 その部分を差し引いても、小ネタ満載(大きな暖炉は夏場には蓋をされ、故に良い隠れ場所になった(p.121)や、暖炉で串焼きを作る際に、串を回す動力としてハムスターが回すような回転具に犬を入れて回させていた(p.77-78)とか)で、なかなかに面白い1冊。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

『火の起原の神話』感想:★★☆☆☆

2011.06.23 Thu
火の起原の神話 (ちくま学芸文庫)
火の起原の神話 (ちくま学芸文庫)J.G. フレイザー James George Frazer

筑摩書房 2009-12-09
売り上げランキング : 413840


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『金枝篇』で有名なフレイザーが作者。翻訳は青江舜二郎
 ちなみに『火の起源の神話』ではなく、『火の起原の神話』。源ではなくて、原。

 ヒトが生活していくに当たっては、「火」は欠かせない要素だ。火は暖房として利用できるし、夜間照明としても気まぐれな月などよりもずっと上等だ。そして何よりも、火があることで料理が出来る。暖かくて柔らかい栄養価の高い食事を作るには火は必須だ。
 つまり人類にとって、火はとてもとても大切なモノなのである。我々はそんな火に対して、どんな概念を抱いて来たのだろうか。その原型を今に伝える、古の姿を残す各地域の神話を収録した1冊。

 素直に言おう。読むのが激しく苦痛であったと。
 ネタ自体は悪くないと思う。国・地域ごとの記述の量に差がありすぎるんじゃないかとか、東アジアの章があるのに日本への言及が一言も含まれていないとか、そこらへんは別にいい。各地方の神話を淡々と羅列するばかりで、考察の分量が少ないのも別にいい。
 問題は、読んでいる間に何度も何度も陥る「あれ、これさっきも読まなかったっけ?」感だ。
 収録されている神話が珍しく感じられるのも最初の内だけ。地域ごとに多少の差はあれど、ほぼ同じ鋳型で形成された神話を延々と、間違って同じページ読んでるんじゃないかとの錯覚にクラクラしながら読むのは辛すぎた。
 終盤の第十五章の古代ギリシア、第十六章の古代インドはそれまでと異質で新鮮さを感じたが、その後の第十七章の要約と結論で脱力。この最後の要約と結論、本当に要約と結論である。苦労して読んできた内容が綺麗に短く纏められている。
 これ、巻頭に掲げてくれれば良かったのに。詳しく知りたいなら以下の章を読めって形式にしてくれれば、こんな呻きながら読む苦痛感も軽減されただろうに。あぁ、無情。
 
 ちなみに、読みにくいのは翻訳者のせいではないと、翻訳者自身が「あとがき」で述べている。
 なんでも名文家として知られるフレイザー自身が、本書では己の技を発揮することを控え、多少粗雑になろうとも語られてきた神話そのままを読者に伝えることに重点を置いているそうで、故に翻訳もそれに習い素材そのままを提供しているとのこと。




 以前言っていた、一人で開催「火」フェア1冊目。
 2冊目以降があるかどうかは、微妙。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |