RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『さかしま』感想:★★★★☆

2012.05.11 Fri


J.K. ユイスマンス 河出書房新社 2002-06
売り上げランキング : 22039
by ヨメレバ


 さかしま、原題は"A REBOURS"、見ての通り英単語ならばreverseが相当するのだろう。
 何がどうリバースなのかと言えば、主人公であるデ・ゼッサントの理想が、である。


 貴族の末裔である彼、デ・ゼッサントは、自由に使える富を有する恵まれた人間であった。
 成人を迎えた彼は、自分と同じく古くからの貴族と付き合ってはその時代遅れの度合いに失望し、今度は自分と良く似た環境の青年と交流してはその愚鈍さに幻滅し、文学者と語らっては彼らの売り上げ主義に不愉快になり、ブルジョアと交わってはその厚顔ぶりに匙を投げた。次には女に走ってみたものの、その快楽にも飽きが来た。
 それどころか、こんなくだらない生活がデ・ゼッサントの健康を害し始めたのだった。

 他人に自分と同等の感情を見いだすことに限界を感じた彼は、パリを離れ小さな一軒家に引き籠もり、一人だけの「理想の世界」を作り上げることを決意する。
 壁紙の色や質感に拘り、部屋を引き立てる置物代わりに亀を購入してはその背を宝石で飾らせ、好みの絵を飾ってはそれらがもたらす感動や空想に一人身を任せる。本棚に己の趣味の書物だけを並べ、またその一冊一冊を特別に仕立て上げさせる。
 たった一人の、誰にも邪魔されない、理想の世界。それは他者にはたった一軒の田舎の家に過ぎないが、デ・ゼッサントにとっては己の空想を自由に羽ばたかせることの出来る果ての無い空間だったのだ。
 だがそんな幸福なはずの生活にも終わりが訪れる。その終止符を打つのは、この生活を始める切っ掛けとなったのと同じく……。


 以下、ネタバレ気味。
 



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |