RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『マインド・イーター[完全版]』感想:★★★★★

2011.11.27 Sun

マインド・イーター[完全版] (創元SF文庫)

水見 稜 東京創元社 2011-11-19
売り上げランキング : 4262
by ヨメレバ


 「日本SFが成し遂げた最高の達成」との帯に踊っていた煽り文句は伊達でも酔狂でもなかった。
 本書は1982年から84年にかけて発表された水見稜の、「マインド・イーター(以下M・E)」に纏わる連作を全て収めた1冊。

 収録作は以下8作品。
・「野生の夢」
・「サック・フル・オブ・ドリームス」
・「夢の浅瀬」
・「おまえのしるし」
・「緑の記録」
・「憎悪の谷」(初出時のタイトルは「スクリーム」)
・「リトル・ジェニー」
・「迷宮」

 「サック・フル・オブ・ドリームス」と「夢の浅瀬」は、過去1984年に発行されたハヤカワ文庫の『マインド・イーター』には収録されなかった。
 今回この2作品を収録し、これをもって「完全版」とのこと。ちなみにハヤカワ文庫でこれらの作品が排除されたのは、単にページ数の問題だったようだ。
 しかし個人的には「野生の夢」の直ぐ後が「おまえのしるし」だなんて、情報過多で破裂してしまいそうな並びに思えてならない。




スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ブリンジ・ヌガグ 食うものをくれ』感想:★★★★☆

2011.10.05 Wed
ブリンジ・ヌガグ―食うものをくれ (1974年)
ブリンジ・ヌガグ―食うものをくれ (1974年)コリン・M.ターンブル 幾野 宏

筑摩書房 1974
売り上げランキング : 779556


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 現在では新本で手に入らない1冊。原題は"the Mountain People"、出版は1972年。
 訳者あとがきでは「ナショナル・ブック賞を受賞」との記載があるが、受賞はしていない。1973年のNational Book AwardsのCONTEMPORATY AFFAIRS(時事問題)部門のファイナリストに名を連ねてはいるが。
 ちなみにこのNational Book Awards、日本語版wikipediaでは「全米図書賞」と訳されている。同ページ内から引用すると、「アメリカで最も権威のある文学賞の一つ」なのだとか。本書『ブリンジ・ヌガグ』が最終候補にまで残ったCONTEMPORATY AFFAIRS部門は1972年から1977年までしか存在していない。




 犬と猫の祖先は同じだ、という話がある。彼らを分けたのは環境であった。
 森林で小動物を狩る道を選んだ猫は単独生活者となり、体もそう大きくならなかった。平原に出て自分よりも大きな獲物を狙うことを決めた犬は、狩りの必要性から群を作るようになり、社会的な生き物となった。
 人間が社会生活を基本としているのも、環境要因が原因なのだろう。他の動物と比べて体こそ大きいものの、これといった誇れる身体能力を持たぬ人間は集団で集まり、頭脳に頼って生き延びることになったのだ。
 社会生活は環境に強制された結果でしかなく、環境が変われば生き方も変わる。どんな生物であれ、それらは固定された存在ではない。外部要因や内部要因に突き動かされ、日々日々適応競争に明け暮れている。環境はいつ激変するか分からず、変化に対応出来ない種族はただ滅びるだけだ。一寸先は闇なのである。


 そんな中で、一つの「実験」が行われた。場所は国境近くのウガンダ。対象は少数狩猟民族のイク族(発音としてはイーク族の方が正しい)。実験主はウガンダ政府である。実験内容は、狩猟民族であるイク族から狩猟を奪い、耕作がほぼ不可能な地に定住させて畑を作らせることにより、彼らの社会がどう変貌を遂げるか。
 けれど悲しいかな、この「実験」には実験を行う側にも行われる側にもその意識がなかった。実験主には、イク族が狩猟の場としていた土地に住まう動物を保護したいとの意図と、彼らを定住させ教育させたいとの「発展した側」からの押しつけがあるばかり。現地の状況を調べることもしない、もしくは出来ないのである。故に、この非人道的な実験は、ただ進行し続ける。行う側に意図はなく、行われる側もまた声を上げることはない。
 それに偶然立ち会う羽目になったのが、本書の著者ターンブルである。



 長くなるので、ここでいったん折りたたみ。
 改行する元気がわいてこないので、文字ぎっしり仕様でお送りします。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『火と文明化』感想:★★☆☆☆

2011.07.05 Tue
火と文明化 (叢書・ウニベルシタス)
火と文明化 (叢書・ウニベルシタス)ヨハン ハウツブロム Johan Goudsblom

法政大学出版局 1999-01
売り上げランキング : 930849


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先日 『火の賜物―ヒトは料理で進化した』の感想で、分野を超える研究はそれだけで偉大だと書いた気がしないでもないのだが、本書は何と言うか、「だからどないしてん」としか言いようがないと言うか、うーん。
そんな訳で 本当は感想なんて書かずにスルーしようかとも思ったのだが、ちょっとツッコみたいことがあったので頑張って書いてみる次第。

 本書の作者ハウツブロムは、かの有名なドイツの社会学者ノルベルト・エリアスの影響下にある学者だと訳者あとがきで翻訳者が述べている。そのせいもあってだろうが、本書は『文明化の過程―ヨーロッパ上流階層の風俗の変遷』でエリアスが展開した「文明化」をキーワードに語られて行く。
 そしてここで問題が。私、エリアスの『文明化の過程―ヨーロッパ上流階層の風俗の変遷』読んだことない。エリアスで唯一読んだのは『宮廷社会』だけである。しかし、今更分厚いウニベルシタスの上下巻2冊を読む元気はないので、エリアスの主張を知らないまま読ませて頂きました。そのせいで見落とし・勘違いがあったら、作者にごめんなさいと謝ることにする。


 以下、無駄に長いので折りたたみ。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |