RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『オートラント綺譚』感想:★★★★★

2013.11.20 Wed


オートラント綺譚
オートラント綺譚ロベルト コトロネーオ Roberto Cotroneo

而立書房 2013-10
売り上げランキング : 347917


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 イタリアはオートラント。キリスト教徒の住まう彼の地は1480年8月12日トルコ人に侵略され、住民の多くが虐殺された。
 彼らはあらゆる物を破壊したが、しかし、教会の床に配されたモザイク画だけは傷つけなかった。
 だが時間は価値のあるものにも、ないものにも平等に襲い掛かる。全ては移り変わり、不変のものなどありはしない。モザイクもまた、徐々に時間に磨耗されていく。
 その絵が示す意図はもはや闇に消え、誰にも読み解けない。モザイクを構成する小さな破片たちは、静かに静かに劣化を続ける。かつての色も意味も、今は失われてしまった。

 だが時間は価値のあるものにも、ないものにも平等に襲い掛かる。全ては移り変わり、不変のものなどありはしない。
 ――本当だろうか? 本当に今や全て失われてしまったのか?
 違う、彼らは待っている。
 異教徒による侵略と暴力の記憶を刻み、キリスト教徒の苦難と彼らの命が流した血により特別の地となったオートラント。そこには当時の出来事が、今も変わらずに漂っている。
 彼らは待っているのだ。歴史の輪が閉じられるのを。そしてまた、変わらずに、そして新しく始まるのを。



 オランダ人である「私」は、長い時代を生き抜いてきたモザイクの修復のためにオートラントを訪れる。
 だが彼女にとってオートラントは、ただの仕事場ではなかった。それは唐突に海へと消えてしまった母親が「私」に残した唯一の縁、彼女の一族が辿った歴史を秘めた地であり、またそこは「私」の父親が決して見ることのなかった南国の光が差し込む場所でもあった。
 時間に磨耗させられたモザイクが秘める歴史、その絵自体が密やかに示す意味、小さな破片から成るモザイク自体が「私」を絡めとり、オートラントに、彼女をこの世に生み出した先祖たちの歩みをその頭に吹き込む。

 過去から現在へ、そしてその先へ。時間の経過はしかし、ここでは混乱している。
 最初に光があった。オランダの陰鬱な光とは違う強烈なオートラントのそれは、正午には悪魔を送り込む。
 「私」が日々修復するモザイクの小片は彼女の手の中で溶け、「私」が日々歩くオートラントは彼女に囁きかける影に満ちている。
 「私」がモザイクに意味を、オートラントに己の出自を見出そうとすればするほど、焦点はぼやけ全ては無に、あるいは有に広がり続ける。
 もはや時間は無意味だ。全ては偶然、最初に光を生み出したもうた神が振るサイコロの目に過ぎない。だがそれは、覆い返すことの出来ない偶然なのである。

 この男が私に何を言わんとしてたのかが、分かりだした。それとともに、怖くもなっていた。自分の生命が宙ぶらりん以上であり、偶然や不確定なものの暴力以上なのだということを感じつつあった。(p.144)


いいですか、現代世界では偶然は神の介在と両立しないかに見えます。でも、古代人や中世人にはそうではなかったのです。彼らにとっては、偶然は聖なるもののあらゆる徴表を持っていました。つまり、それは人智美の暴力を発揮できるのと同じように、彼らに恩恵を施すこともできる、というのです。(p.144)



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『かくれんぼ・毒の園 他五篇』感想:★★★★★

2013.08.22 Thu


かくれんぼ・毒の園 他五篇 (岩波文庫)

ソログープ 岩波書店 2013-03-16
売り上げランキング : 240218
by ヨメレバ


 岩波文庫からソログープ短編集。
 現在は絶版となっている中山省三郎翻訳の岩波文庫『かくれんぼ・白い母 他二篇』(中山省三郎・訳)に、昇曙夢翻訳による創元文庫『毒の園 他』を合本にした一冊。
 同じソログープ作品とは言えども翻訳者の違う二冊を合本することに違和感を覚えなくもないのだが、ソログープの有名作がこれ一冊で読めるとの利点には敵わないかなとも思う。
 合本しても随分と薄いしね。

 収録作品は以下。

・「かくれんぼ」 中山省三郎・訳
・「白い母」 中山省三郎・訳
・「光と影」 中山省三郎・訳
・「小羊」 中山省三郎・訳
・「白い犬」 昇曙夢・訳
・「毒の園」 昇曙夢・訳
・「悲劇 死の勝利」 昇曙夢・訳
 翻訳者それぞれの解説も収録。


 『かくれんぼ・白い母 他二篇』やアンソロジーに収録されることの少ない「白い犬」が、一番レアリティの高い一編だと思っていたら、著作権の切れた『死の勝利 序詞及び三幕(パンテオン叢書第二編)』が国立国会図書館によりデジタル資料化されており、家のパソコンからでも見ることが出来たのでありました。
 まぁ、表記や仮名遣いが現代化されていることに、今回の岩波文庫版は価値があるのかもしれない。
 同じように著作権が切れデジタル化されているソログープ作品としては、『創造される伝説』の第一部「血の滴」もある。三部作だが二部以降の日本語訳は存在していない模様。英訳版はあるものの、中古価格でもかなりお高い。

 もう何度も書いている気がするので、以下は簡単に。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

"THE OLD HOUSE AND OTHER TALES"感想:★★★★★

2013.06.04 Tue


The Old House, and Other TalesThe Old House, and Other Tales
Fyodor Sologub John Cournos

Nabu Press 2011-09-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 JOHN COURNOS翻訳による、ロンドンはMARTIN SECKER社が1915年に発行したフョードル・ソログープの短編集。
 著作権の切れた本の再出版を手がけているらしい複数の出版社から少し前に再度出版されており、それらならば現在も新本で手に入るようだ。
 上の書影はその中から最も表紙が素敵なのを選んで使っている。
 MARTIN SECKER社のオリジナル版は既にネット上にアップロードされ誰でも読めるようになっており、私はそちらを利用させて貰った。

 収録作品は以下の11作品。最も一般的と思われる邦題を付した。

・THE OLD HOUSE:古い家
・THE UNITER OF SOULS:魂の結合者
・THE INVOKER OF THE BEAST:獣の使者
・THE WHITE DOG:白い犬
・LIGHT AND SHADOWS:光と影
・THE GLIMMER OF HANGER:餓の光
・HIDE AND SEEK:かくれんぼ
・THE SMILE:微笑
・THE HOOP:輪
・THE SEARCH:身体検査(捜索、とも)
・THE WHITE MOTHER:白い母

 「白い犬」、「光と影」、「かくれんぼ」、「白い母」の4作品は先日出版された岩波文庫の『かくれんぼ・毒の園 他五篇』で読むことが出来る。
 「身体検査」も『日本少国民文庫 世界名作選(一)』に収録されているのでまだ良い。その他は日本語翻訳がないこともないが、どれも1910年から20年代の雑誌や単行本に掲載されたっきりなので、探す方は覚悟なされませ。
 特に「古い家」が掲載された雑誌「露西亜評論」の1919年(大正8年)10月号に至っては、いまのところどこにも収蔵が確認出来ない。他の号はあるのに該当だけ抜けているだなんて、何故そんな……。


 なんて個人的な愚痴に話が逸れたので戻すが、この短編集、ものすごく出来が良い。
 作品の選択と収録順が素晴らしすぎて、もうこの翻訳者は読者の魂を狩る気なのだとしか思えない。そして「白い母」を読み終わった時点で、「狩られても良いかな」なんて気持ちにさせるだなんて、優秀の二文字に尽きる。
 ただ1915年発行なだけはあり、読みやすいかと問われるとかなり疑問。



Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ソログーブ童話集 影繪(春陽堂少年少女文庫94)』感想:★★★★★

2013.05.04 Sat




 結婚してく……じゃなかった、誰がこの本、売ってくれ!
 私、この本めちゃくちゃ欲しい。どっかで売りに出されてないかなぁ。


 との私の絶叫は置いておくとして、これも図書館本。
 例によって書影はないが、表紙はなかなかに可愛らしかったです。
 本書はおそらく、現時点で最も多くのソログープの作品を収めた一冊。著者が翻訳者の前田晁名義になっているが、もうそんなことすらもどうでも良いくらいに、ありがとうございます! ありがとうございます!

 収録作は以下。
・「翼」
・「いい香のする名前」
・「影繪」
・「花冠」
・「かよわい子供」
・「氷砂糖のかけら」
・「金の柱」
・「かうして誤解が起こつた」
・「蛙」
・「搜索」
・「地のものは地へ」
・「小さな棒」
・「對等」
・「小石の冒險」
・「道とあかり」
・「鍵と合鍵」
・「獨立した葉」
・「森の主」
・「少年の血」
・「魂の結合者」
・「獸の使者」




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

『影をなくした男』感想:★★★☆☆

2013.03.24 Sun


影をなくした男 (岩波文庫)

シャミッソー 岩波書店 1985-03-18
売り上げランキング : 96911
by ヨメレバ


 「悪魔とうかつな契約をしてしまったばかりに、窮地に陥る」とのストーリーを踏まえて展開する短い物語。
 この度の主人公はペーター・シュレミール、彼は赤貧に喘いでいたがために金貨のあふれ出る財布と交換に影を悪魔に売り渡してしまう。
 結果、シュレミールは金貨に困ることはなくなったが、代わりに太陽の下に出て行けない身となってしまったのだった。
 彼に影のないことを知ると人々は露骨に彼を避けた、あまつさえ子供などは面白がって石を投げつけてくる有様。
 あれほど望んだ金貨に埋もれながらもシュレミールはもはや幸福ではない。だが彼は一人忠実な召使ベンデルにだけは恵まれた。今や彼だけがシュレミールの心の支え。
 ベンデルは主人の信頼に応え、彼がために心を砕き、彼が影を喪失していることが露見しないようにと力を尽くしてくれた。
 結果しばしの安寧を得たシュレミールは、ある日恋をする。だがいざ恋が叶うという段になり、またしても影がないこと、悪魔のせいだ、が彼を失望へと追い立てるのであった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『壁』感想:★★★☆☆

2012.03.10 Sat


壁 (新潮文庫)

安部 公房 新潮社 1969-05-20
売り上げランキング : 29069
by ヨメレバ


 纏わり付くは既視感。記述される全ては奇想天外なのに。
 そのせいか、第一の感想は「物語が長い、長すぎる。もっと短篇にしてくれ」。


 本書、『壁』は安部公房の短篇集。収録作品は以下。
  第一部 S・カルマ氏の犯罪
  第二部 バベルの塔の狸
  第三部 赤い繭
   赤い繭
   洪水
   魔法のチョーク
   事業


  「S・カルマ氏の犯罪」は第25回芥川賞を、「赤い繭」は第2回戦後文学賞をそれぞれ受賞した。
 感想は折りたたみ。
 我ながら長すぎると思うの。って、いつもか。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

『かくれんぼ・白い母 他二篇』感想:★★★★★

2012.01.26 Thu


かくれんぼ・白い母―他二篇 (1953年) (岩波文庫)
かくれんぼ・白い母―他二篇 (1953年) (岩波文庫)ソログープ 中山 省三郎

岩波書店 1953
売り上げランキング : 1512998


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 旧字旧仮名。
 収録されているのは、以下の4作品。
・「かくれんぼ」
・「白い母」
・「光と影」
・「小羊」

 一番長い作品である「光と影」でもせいぜい50ページ、最も短い「小羊」になると僅か6ページ。翻訳者のあとがきを入れてもトータルで117ページの薄い1冊ながら、読後に残す印象は鮮やかな白と黒。
 鋭いくせに繊細で、触ると溶けてしまいそうな儚さを有するソログープの短篇たちは、実に寒い冬に相応しい。と、個人的には思う。

 そんなわけで、復刊しましょうよ岩波文庫さん。もうすぐ青空文庫で読めるようになりそうだけどさぁ。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |