RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『ゼロ・グラビティ』感想:★★★★☆

2014.03.03 Mon

ゼロ・グラビティ 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
ゼロ・グラビティ 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2014-04-23
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ロシアのやらかしっぷりが激烈すぎて彼らの立場が心配になる&宇宙に関することは全部アメリカの管轄なのか?の二点が気になってしまい、ラストシーンどころではなかったぜ!

 それと字幕が。字幕が邪魔。
 宇宙空間の無重力感の演出に全力を挙げているのに、字幕が出る度に「ハーイここが水平ラインねー」状態になってしまって、制作陣の努力が水の泡に帰しまくりである。
 もう字幕も傾けば良いんだ。



 メディカル・エンジニアとして宇宙での任務に参加したライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、通信システムの故障を修理するべく船外活動を行っていた。
 彼女のサポートに付くのは、ベテラン宇宙飛行士のマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。緊張感の抜けないストーン博士に対して、彼は実に楽しげに宇宙を満喫していた。
 だが彼らの元に、予想外の知らせが届く。ロシアが人工衛星の破壊実験を行ったと言うのだ。
 その結果生まれた多数のデブリが他の衛星に衝突し、更なるデブリを生み出す悪循環に陥っていた。その上、衝突が起こる度に、デブリの進行方向の予想は困難となる。
 シャトルへの帰還を促された一行だがしかし、それよりも早くデブリ群が彼らを襲った。

 一人宇宙空間へと投げ出されたストーン博士。暗黒の宇宙で恐怖に飲み込まれる彼女であったが、コワルスキーの的確な指示によって何とか我を取り戻す。
 だがもうコワルスキー以外の仲間は居ない。彼らはみな、デブリによって命を奪われていた。地上との通信も途絶えた。
 宇宙は広く、地球は遠い。酸素は刻一刻と減り続け、宇宙を泳ぐための推進ガスもまた有限である。 
 そんな絶望的な状況にも関わらず、コワルスキーは真っ直ぐに希望を抱き続ける。彼は地上に帰還することを望んでいた。彼には待っている人がいるのだ。
 だが、ストーンには。

 彼女が抱く闇と、そしてそこに差し込む光りが、宇宙と地球、無重力と重力下の対比によって描かれる一作。


スポンサーサイト
Theme:映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドキュメンタリー『宇宙へ~冷戦と二人の天才~』感想:★★★★★

2014.02.13 Thu

Space Race 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~ [DVD]
Space Race 宇宙へ ~冷戦と二人の天才~ [DVD]
NHKエンタープライズ 2006-10-27
売り上げランキング : 37830


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 またしてもhuluネタ。これまたナショナルジオグラフィックで、これまた今月16日にhuluから消えてしまう作品。
 huluはドラマも良いけれど、この手のドキュメンタリーも数多くあってお気に入り。ドラマはだいたいDVDになっているからレンタル出来るけれど、ドキュメンタリーだとそうも行かないしね。この作品はNHKによってDVD化されてはいるけれど。
 これでもう少し消えなければ完璧だけど、huluもサーバーの容量の関係で厳しいのだろうか。



 なんて前置きはこれくらいにして、今回の『宇宙へ~冷戦と二人の天才~』は全4回。それぞれのサブタイトルは、「ロケット開発」、「衛星開発」、「友人宇宙飛行」、「月面着陸」。各51分の作品。
 かつてNHKで放送された時には60分だったらしい。あれ、長さが違う? 単純にカウント方法の違いなのか?
 各国の協力の下に作られたらしく、エンドクレジットが大盛り状態なのが特徴的。NHKのサイトによると、制作陣はイギリスのBBC、チャンネルワンロシア、アメリカのナショナルジオグラフィックチャンネル、ドイツのNDRとなっている。ちなみに2005年制作だそうだ。
 huluにあるのは日本語吹き替え版なのだが、どの声も私でも聞き覚えがあるあたり、有名声優を使っているんじゃなかろうか。なんか凄い聞き覚えがあって、モヤモヤする。


 宇宙を目指す。その夢の発端は、ナチ時代のドイツ。
 徐々に敗色の気配を強めていくナチスドイツ軍は、起死回生を狙い革新的兵器の開発に血眼となる。その中で生まれた技術こそが、ヴェルナー・フォン・ブラウン博士が開発したV2ロケット。
 その威力は確かに凄まじかったものの、製造過程で数多の犠牲者を出し、さらに量産化にも難を抱えていた。V2は起死回生の一手にはなれなかった。
 そもそも開発者フォン・ブラウンは、兵器を作りたかったわけではなかったのだ。彼の夢は、宇宙。
 ナチ政権の下で研究費用を得るために、ナチ党員となり兵器の開発に手を染めていたのだ。だが今や、祖国には敗色の気配が漂っていた。
 己の研究を継続させるべく、フォン・ブラウンは仲間の研究者と共にアメリカ軍に投降する道を選ぶ。


Theme:ドキュメンタリー動画 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドキュメンタリー『宇宙~時空超越の旅~』感想:★★★☆☆

2014.02.08 Sat

宇宙~時空超越の旅~


 9日の23時にhuluから消えてしまうナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーを見よう企画五回目。
 今回は『宇宙~時空超越の旅~』、各45分全4話。

 案内役となるのは、コロンビア大学の教授であり作家としても有名(らしい、知らなくてゴメンよ)ブライアン・グリーン。
 時間とは一方方向かつ常に同じテンポで流れるものだと思われているが、実はそれは違う。宇宙は一つではないかもしれない。空間は常に同じ姿をしているわけではなく、捻れたり波打つことすらも可能なのだ。
 ……などなど、「常識」だと一般に考えられている事象に対して、現在物理学が明らかにした新しい概念を紹介する。

 なんとも上質な物理ドキュメンタリー。映像もなかなか凝っていて素敵。
 けれども、途中で寝落ち余裕でした……。ぶっちゃけ三回くらい寝ました。


Theme:ドキュメンタリー動画 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |