RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『吸血セラピー』感想:★★★★☆

2015.11.05 Thu

京都ヒストリカ国際映画祭
(画像は第七回京都ヒストリカ国際映画祭公式サイトのスクリーンショット)


 先日、京都ヒストリカ国際映画祭を見に行って来たよ。そんな訳で三連続で、映画の話。
 最初に見たのは『吸血セラピー』。こちらは日本公開の予定はないらしい。




 時代は1932年、大戦の狭間の時期、ウィーン。
 若い画家ヴィクトル(ドミニック・オレイ)は、生活費を稼ぐため精神科医ジークムント・フロイト(カール・フィッシャー)のところで彼の患者の見た夢をスケッチする仕事をしていた。
 今日もヴィクトルの元を訪れたのは、恋人のルーシー(コーネリア・イヴァンカン)。だがヴィクトルの描いたルーシーの肖像画は、彼女自身にはちっとも気に入らない。彼女は自立心の高い、勝ち気な女性なのであった。

 一方、資金難に呻吟していたフロイトに、太っ腹な出資者が現れた。それはミステリアスな雰囲気を漂わせる伯爵(トビアス・モレッティ)であった。
 彼はフロイトにセラピーを所望する。深い悩みがあるのだと彼は言う。それはもう妻の存在に耐えられないという深刻な相談であった。妻がそこにいるだけでイライラしてしまい、数百年前に失った恋人ナディラへの愛は深まるばかりだと。
 実はこの伯爵、吸血鬼なのである。だがそんなこととは知らぬフロイトは、彼の相談を真面目に聞いてやる。
 だが事態は突然意外な展開を見せる。フロイトの部屋にヴィクトルが置いていったルーシーの絵。それを偶然見た伯爵は、一目で確信するのだ。この女こそがかつて失った恋人ナディラの生まれ変わりであると。

 伯爵の妻(ジャネット・ハイン)にも悩みがあった。吸血鬼たる彼女は鏡に写らないのだ。もう何百年も自分の顔を見ていない。
 伯爵はそんな妻に、ヴィクトルを紹介する。鏡に写らなくとも、肖像画を描いて貰えば自分の顔を見られるではないか、と彼は勧めるのであった。その本心は、妻の排除なのであるが。

 伯爵とルーシー、ヴィクトルと伯爵夫人、そしてルーシーに恋してしまう伯爵の召使い(ダーフィト・ベンネント)が入り乱れ、喜劇の幕は開く。


スポンサーサイト
Theme:映画館で観た映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』感想:★★★★☆

2014.01.10 Fri

ポスター A4 パターンB オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ 光沢プリント
ポスター A4 パターンB オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 シネコンではなくミニシアターの方が相応しいんじゃないかな、と思うほどに見る人を選びそうな作品。

・ジム・ジャームッシュ監督のファン
・トム・ヒドルストンの裸が見たい
・マーロウ、バイロンの名前にときめく怪奇小説愛好家
の条件に一つでも当て嵌まるのならば、楽しめるのではないでしょうか。
 ちなみに私は一番最後だったりします。


 更に付け加えると、見に行く場合は何も知らないままで行くのが良いと思います。
 でないと間がもたない恐れが。
 そんな訳で、見に行く予定のある人以外に送る「続きを読む」以下。


Theme:映画館で観た映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

僕たちの吸血鬼:よく言及される有名作品一覧

2013.10.07 Mon


吸血鬼イメージの深層心理学: ひとつの夢の分析


 「『吸血鬼イメージの深層心理学』は新しいだけあって、取り上げる作品にも最近のが含まれていて嬉しかった」的なことを以前に書いたついでに、具体的に作品名を挙げてみようと思った次第。
 「最近のが含まれて」いるのであって、最近のものばかりではないところに注意いただきたい。
 『吸血鬼幻想』他を本の山から発掘した暁には、そちらで言及された作品群も追加したい次第。その希望を含めて、今回の記事タイトルにした。紛らわしくてごめんなさい。

1) ノンフィクション
2) フィクション
 2-1) 小説 / 2-2) 映画 / 2-3) アニメ / 2-4) 漫画



 地誌や歴史、あるいは心理学関係の本なども参考あるいは参照として取り上げられているが、吸血鬼とあまりに関連のないと分かるものは省いた。
 複数メディアに渡って展開している作品の場合には、原則としてオリジナルを掲げた。その後の派生作品は、分かる範囲で補足として付した。

 書式は次の通りとした。
『タイトル』(あればレーベル):著者、発行年、発行所

 翻訳作品の場合は、原著の著者と発行年を記し、日本語の情報を次の行で示した。文庫版も同じ形式で示した。
 映画の場合、著者の欄に監督を記した。漫画作品の場合、発行年の欄に連載期間を記した。

1) ノンフィクション
2) フィクション
 2-1) 小説 / 2-2) 映画 / 2-3) アニメ / 2-4) 漫画



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『Le Manoir du Diable(悪魔の城)』感想:★★☆☆☆

2013.10.05 Sat





 1896年はフランス、ジョルジュ・メリエス(Georges Méliès)監督によるサイレント映画。3分ほどの短篇。
 英題では"The House of the Devil"あるいは"The Haunted Castle"、"The Devil's Manor"、"The Manor of the Devil"とも。
 ギネスブックが認定した世界最初の映画が1888年の『Roundhay Garden Scene(ラウンドヘイ・ガーデン・シーン)』 、わずか2秒、だそうなので、1896年のこの映画が3分しかないのは技術的な問題なのでありましょう。
 短いだけにYouTubeにフルで上がっているのだが、トップページに貼ると重たくなりそうなので、「続きを読む」の先に貼った。


 以下、あらすじ。

 舞台中央に突如現れる巨大コウモリ、ふわりふわりと舞ったかと思えば、突然の白煙。その向こうには、悪魔メフィストフェレスの姿があった。コウモリは彼の化けた姿であったのだ。
 メフィストフェレスは何もない空間から鍋だの美女だのを取り出して見せたかと思えば、一旦退場。悪魔の消えた空間に登場するのは、何も知らぬ貴族らしき男が二人。
 彼らが来るのを知っていたかの如き悪魔は、先ほどと同じように虚無から様々な異形を呼び寄せては、彼らを驚かし散々に弄ぶ。
 だがついに一人の男が手にした十字架により、立場は一転。メフィストフェレスは逃げ惑う側になるのでありました。


Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『吸血鬼イメージの深層心理学 ひとつの夢の分析』感想:★★★★☆

2013.09.26 Thu


吸血鬼イメージの深層心理学: ひとつの夢の分析

井上 嘉孝 創元社 2013-02-23
売り上げランキング : 770260
by ヨメレバ


 作者本人が末尾で言ってしまっているが、なんとも対象読者を絞る本である。帯に短し襷に長しと言うか、紐とテープの狭間的な中途半端さ言うか。
 タイトルである『吸血鬼イメージの深層心理学』の「深層心理学」部分に惹かれた人には吸血鬼話に付き合う覚悟が、「吸血鬼イメージ」部分に惹かれた人間には心理学の説明と遭遇する覚悟が必要となっております。
 ちなみに私は、後者のグループでございます。

 そんな後者の方のために言っておくと、吸血鬼イメージの変遷に興味があり既に何冊か読んでいるのならば、取り立てて目新しい話題はない。新しい本だけあって、対象となる小説・漫画・映画が最近の物まで含んでいるのは利点だが、まぁその程度である。
 モンタギュー・サマーズ原著と言いながらその実、日夏耿之介がメイン執筆者と化している『吸血妖魅考』、みなさまご存知、種村季弘『吸血鬼幻想』、作者の論考よりも引用にこそ価値が光る『ヴァンパイアと屍体 死と埋葬のフォークロア』、これら三冊をまだ読んでいないのならば、本書を読む時間をこれらの捜索に充てた方が断然良い。


 とは言えど、対照実験と再現性に拘泥する私にとっては、その二つにそれほど重きをおかない心理学の話はなかなかに興味深かった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー』感想:★★☆☆☆

2013.09.22 Sun


吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー ヘア無修正完全版 [DVD]吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー ヘア無修正完全版 [DVD]

パイオニアLDC 2002-10-25
売り上げランキング : 39879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 こんなタイトルのDVDを借りた以上、エロに期待していなかったとは言わない。言わない……が、まさかエロ以外の全てを投げ打っているとは、さすがに思わなかったよ。
 冒頭からいきなり全裸にマントとベルトだけ装着して、霧の向こう側から登場するというフルスロットルっぷりであります。
 TSUTAYAのホラーの棚にあったものの、ホラー感は皆無。DVDのパッケージが一番真面目にホラーやってるレベル。まぁ一応、人死にまくってはいるんですけどね。


 舞台となるのはどこぞのリゾートアイランド。その島の休火山の傍には、カールシュタイン伯爵家が代々受け継いできた別荘がある。
 そしてカールシュタイン家は吸血鬼であると噂されていた。そんな中、カールシュタイン家の最後の一人であるイレーナが島を訪れる。
 休火山の傍には別の世界の生き物が暮らし、この島は悪霊と聖霊が出会う場所だと囁く男爵。カールシュタイン家の秘密に迫ろうと野心を燃やす女ジャーナリスト。血のない死体に疑問を抱く検視医。
 唖者であるイレーナは、同じく唖者である使用人一人だけを連れ、己の止められぬ吸血衝動と悲しみを抱いて島を闊歩する。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『吸血鬼ドラキュラ』感想:★★★★☆

2013.09.21 Sat


吸血鬼ドラキュラ [DVD]

クリストファー・リー ワーナー・ホーム・ビデオ 2003-02-07
売り上げランキング : 23092
by ヨメレバ


 『ダーク・シャドウ』で既に心が折れそうになったが、一人吸血鬼映画祭りはまだ開催中。ええ、実は開催中だったんです。
 そんなわけで2作目。
 初のカラーフィルムによるドラキュラ映画であり、クリストファー・リー演じるドラキュラが初登場する今作は1958年の映画ながら、テンポが良く、最後まで飽きさせない。
 リーばかりが取り上げられている気がするが、ヘルシング役のピーター・カッシングも正統派な二枚目で素敵だと思うんです、個人的に。



 打倒ドラキュラ伯爵との決意を胸に秘めるジョナサン・ハーカーは、その胸のうちを押し殺してドラキュラ伯爵の司書として雇われることに成功する。
 ドラキュラ城に招きいれられたハーカーは、さっそくドラキュラとその仲間の棺を見つけることに成功するが、仲間を滅ぼしたところであえなく時間切れ。ドラキュラの魔の手に斃れてしまったのでありました。

 一方、ヘルシングは、友人であるハーカーの身を案じてドラキュラ城へと向かう。その途上に立ち寄った酒場には、不穏な空気が満ちていた。飾られたニンニクの花、ドラキュラの話題を避ける主人。
 だがただ一人、宿で働く女だけはヘルシングに同情し、ドラキュラ城の近くで拾ったと一冊の手帳をヘルシングに託す。それは、ハーカーの日記であった。
 日記にはハーカーの絶望的な戦いが描かれていた。ヘルシングはドラキュラとハーカーに永遠の眠りを齎すべくドラキュラ城に向かうが、そこには既にドラキュラの姿はなかった。
 彼はハーカーによって奪われた仲間の復讐のため、ハーカーの婚約者ルーシー・ホルムウッドにその魔の手を伸ばしていたのだった。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『ダーク・シャドウ』感想:★☆☆☆☆

2013.09.20 Fri


ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

ジョニー・デップ ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-10-03
売り上げランキング : 17146
by ヨメレバ


 劇場公開前後に放送されていたCMが面白そうだっただけに、期待しすぎたのかもしれない。
 でもなんて言うか、……この映画の元となったテレビシリーズは人気だったんだよね? それを元にした映画も2まで作られているし、つまり面白かったんだよね!? と、誰かを問い詰めたいくらいに、面白くなかったよ。
 割と人間殺しておいてコメディとか最初から無理だったんだ、と言いそうになったが『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』中盤のクローディアが人間殺しに精を出すシーンはコメディ化していたから、やってやれないことはない、ハズ。


 1752年、コリンズ一家はイギリスから新大陸アメリカへと移住を果たした。一家の父親はイギリスで培った技術で水産業を興し、何も無かった土地は徐々に人と活気に満ちた街に、コリンズポート、へと発展して行った。
 コリンズ家の跡取り息子バーナバスもまた、人から好かれる有能な美男子へと成長していた。だがある日、コリンズ家の召使いの娘の求愛をバーナバスが退けたことから一家に不幸が降りかかる。
 その娘アンジェリークはなんと魔女だったのだ。
 自分を袖にした癖に、他の女を愛するバーナバスに怒りを露わにしたアンジェリークは彼の両親を事故死に見せかけて殺害、また彼の愛したジョゼットに身投げを強要する。
 崖から落ち行くジョゼットの姿に絶望したバーナバスは、後追い自殺を試みるが失敗。なんと彼はアンジェリークの呪いにより、ヴァンパイアへと変えられてしまっていたのだ。
 それだけでは飽き足らないアンジェリークは、周辺の住人を煽動し、不老の怪物となったバーナバスを棺桶に詰めさせ深く地中に埋めさせたのであった。

 時は流れて1972年。バーナバスが埋められた場所が偶然掘り返された。棺桶から甦ったバーナバスは居合わせた現場の作業員の血を啜り、復活を遂げる。
 ずっと大事にしてきたコリンズ家の現在を知ろうと二世紀ぶりに屋敷に戻ったバーナバスが見たのは、不仲を極めたコリンズ家の生き残り四人と、彼らの家業である水産業で敵対するアンジェリークの姿であった。
 ほぼ同時に、ジョゼットと生き写しの娘が、己の呪われた過去から決別するべく偽名で家庭教師としてコリンズ家にやって来る。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

『新ドラキュラ 不死者』感想:★☆☆☆☆

2013.02.05 Tue


新ドラキュラ(上) (文庫ダ・ヴィンチ)

デイカー・ストーカー,イアン・ホルト
メディアファクトリー 2013-01-24
売り上げランキング : 134543
by ヨメレバ


 メディアファクトリーの文庫レーベルから出たこの『新ドラキュラ 不死者』を読もうと思う者に告ぐ。
 ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』が好きか? あるいは、『吸血鬼ドラキュラ』の作中人物に好意を持ったことがあるか?
 ならば宜しい、読むな。真面目に。

 上下巻のこの書物を読む間に貴方は困惑し苛立ち、そして読み終わった直後にはゴミ箱にダンクシュートしたくなることをお約束する。
 貴方が正真正銘の悪食、なおかつ自身が抱く悪感情すら美味しく愉しめる類の人間ならば、止めはしないが。



 メディアファクトリーの文庫レーベルから出たこの『新ドラキュラ 不死者』を読もうと思う者に告ぐ。
 ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』が嫌いか? 古くさいと思ったか?
 あるいは「駆除」されるドラキュラ公に同情したか? ここに登場する男共よりも断然ドラキュラ公が素敵だと思ったか? ミナに相応しいのは、ジョナサンなどではないと感じたか?
 ならば宜しい、読むが良い。この『新ドラキュラ 不死者』は貴方のための本だ。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星1つ:★☆☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『Virginia/ヴァージニア』感想:★★★★☆

2012.12.20 Thu


Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]

ヴァル・キルマー 東宝 2013-01-25
売り上げランキング : 9822
by ヨメレバ


 フランシス・F・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』。
 たまたま時間がとれたので、元町まで寒い中震えながら観に行ったのだけれど、いやぁ、行って良かったよ。
 元町映画館でこんな時期にこの映画を上映することになったのは、1本しかないフィルムでの上映に拘ったからとのこと。
 デジタル版との違いがどこになるのかはそちらを見ていないので何とも言えないが、美しい幻と美しくない現実が交差する良い映画でした。

 物語としては破綻が見られるものの、美しい映像と印象的な色使い、はっとさせられる構図などが好印象すぎて、もはや多少の辻褄の合わなさはどうでも良い。
 そもそもが主人公の夢であり、主人公の回想であり、主人公の書く小説なのだと思えば、そこに合理性を求めるのは興ざめでもある。
 最後、怒涛のごとく幻想を畳み掛けて混乱が最高潮に達した時点で、唐突な現実への回帰をやってのけ、あっけにとられる観客に対してサックリと顛末を文字だけで語り主人公の日常生活への帰還を示し、さらにはそのままスタッフロールに突入し映画自体を終わらせ、観客を幻想の美しい世界からクソ寒い夜の映画館へ放り出す幕引きっぷりには驚愕したが、もはやここまで鮮やかに撤収されては賞賛するしかない。


 それになによりも、この映画の舞台となる町に七つの文字盤を持つ時計台を配したことが素晴らしい。
 町のどこからでも見える町のシンボルながら、どの文字盤も狂っており何度も同じ時を告げる古い古い時計台。
 悪魔に呪われているとも噂されるこの怪異の時計台は、エドガー・アラン・ポーの短篇「鐘楼の悪魔」から影響を受けたものだろう。
 ポーが描いた七つの文字盤を有する正確無比な時計台は、この映画では狂っており、鐘楼守りも悪魔も登場しはしない。だが時計台自身は映画内で幻想と怪奇の象徴となり、また今と過去とを混濁を印象付ける。
 ポー自身すらも登場する『Virginia/ヴァージニア』には、他にもポーの作品を思わせるディテールが見られ、その点でも面白い。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |