RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ケースファイルで知る 統合失調症という事実《電子増補版》[Kindle版]』感想:★★★★★

2014.05.16 Fri


ケースファイルで知る 統合失調症という事実《電子増補版》
ケースファイルで知る 統合失調症という事実《電子増補版》林公一 村松太郎

保健同人社 2013-01-31
売り上げランキング : 1185


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 紙で出た同タイトルの本を加筆し、電子書籍化した一冊。統合失調症という病気の最も明るい部分と、最も暗い部分が書き加えられたとのこと。


 統合失調症。怖ろしい病気と思われているこの病気は、罹患率が100人に1人と一般に思われているよりもずっと高い。つまり、統合失調症を患う人間は、この世に「ありふれている」。
 私にも貴方にも発症の可能性はあり、そしてこの高い罹患率から考えれば、周囲に既に発症している人がいることだろう。だが彼らの多くは、社会で暮らしている。事件を起こす者はそう多くはない。

 けれどもこの病気への偏見は根強く、病院を訪れること、そんな最も簡単なことすらもハードルが高い。しかし治療が始まったからと言って、安心は出来ない。
 多くの患者は劇的な症状をきっかけとして病院へと赴く。否、赴かされると言った方が正確か。最初の激烈な症状はほぼ薬で収まることが本書では示される。だがそれからが難関なのだ。
 一旦は症状が治まれば本人は病識を得、周囲の人間は安心する。すると疑問が生まれてくる。精神病の薬なんて危険なものを、いつまでも飲んでいて良いものだろうか?
 この疑問は不合理だと作者は説く。何度も何度も繰り返し。それは、それほどまでにも多くの患者が、その根拠の脆弱な不安から薬を止め、結果不幸な結末に至っているからなのだろう。


スポンサーサイト
Theme:オススメの本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です(impress QuickBooks)[Kindle版]』感想:★★★★★

2014.05.11 Sun

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます
“こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です (impress QuickBooks)
こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です (impress QuickBooks)林 公一

インプレスコミュニケーションズ 2013-12-13
売り上げランキング : 473


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 私達は真実を理解出来るようには出来ていない。そんなことを念頭に設計されてはいないのだ。
 

 弟の奇行に悩む相談者に対して、「まさかとは思いますが、この『弟』とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか」との意外すぎる返答で知られる精神科医・林公一のサイト「Dr 林のこころと脳の相談室」から、編まれたのがこの一冊。
 一冊と言っても手に触れられる実書籍のない、電子版のみだが。

 1997年4月に開設されてから数多の相談に答えてきたこのサイトだが、その相談数のあまりの多さは初見者を圧倒してしまう。
 サイトの解説者である氏本人も、相談に答えるのに手一杯でサイトの整理が行き届かないことを気にしていたらしく、それを叶えるために作られたのがこの『こころと脳の相談室名作選集』とのこと。


 己が正常なのか異常なのか悩む相談者の切実なる、けれども明らかに「おかしい」相談には心が痛くなる。
 対して、精神異常者を装ったメールもある。彼女の様子がおかしいと本人は必死だが、けれどもどう見ても単純に振られただけにしか思えない相談もある。
 暗澹たる相談もあれば、希望を伝えるものもある。悪戯もある。取り越し苦労もあれば、無邪気に断薬を勧め地獄へと続く善意の道を引こうとする相談もある。

 混沌たる相談の渦の中でも、氏の指針は明白でブレることがない。「事実だけを伝える。光か闇か、希望か絶望か、そういうことは意に介さず、事実だけを伝える」(まえがきより)。


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『パラケルススの世界』感想:★★★☆☆

2013.01.16 Wed


パラケルススの世界

種村 季弘 青土社 1996-05
売り上げランキング : 163270
by ヨメレバ


 既に栄光は過去に過ぎ去り、暮れゆく中世に生を受けたパラケルススの人生を追いながら、同時に彼と同じ時代を生きた人間たちがパラケルススをどう見ていたかにも踏み込んで描いた一冊。
 そのために公的書類のみに依存する伝記とは一風変わった読み物となっている。ただしその分、事実とのズレも生まれているのだろうが。


バルトロ 無知蒙昧な職人めが、あらゆる技術の中でも最高にして、最大、最も有益な医術を貶めるのはお前に似合ったやり口だわい!
伯爵 有益そのもの、医を商売とするやからにはな。
バルトロ 太陽といえども、その成果を照らすのを光栄と思う医術だぞ!
伯爵 そして大地は急いでそのへまを隠してくれるのさ。
(p.65-66 『セビーリャの理髪師』岩波文庫)




Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『中世の身体』感想:★★★☆☆

2012.03.30 Fri


中世の身体

ジャック ル=ゴフ 藤原書店 2006-06
売り上げランキング : 174352
by ヨメレバ


 中世を主なフィールドとする歴史家ル=ゴフが、文化ジャーナリストのニコラ・トリュオンの協力の下に書き上げた1冊。
 原著ではトリュオンの名前も入っているようなのに、日本語翻訳版のこちらからは名前が削られていてやや不憫。

 現在のヨーロッパを産み出す源泉を中世に見いだし、その諸々を実際に取り上げて色々と語ってはいるが、踏み込みは浅い。
 この内容でこの値段はちょっとなぁ、と正直なところ思わなくもない。が、数多の図版は全て日本語版オリジナル、それもその多くが翻訳者の一人である池田健二が撮った写真だと言うのだから驚き。
 これらの図版が作者が示したいものとピタリと一致しており、本書に分かりやすさという魅力を与えている。その一点だけで単行本である価値があるのかもしれない。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『すばらしい人間部品産業』感想:★★☆☆☆

2012.01.21 Sat

すばらしい人間部品産業

アンドリュー・キンブレル 講談社 2011-04-15
売り上げランキング : 87475
by ヨメレバ


 本書の原題は"The Human Body Shop"であり、「すばらしい」との形容詞を付けたのは翻訳者である福岡伸一だ。
 一応言っておくと、この「すばらしい」は皮肉である。ハックスリーの『すばらしい新世界』と同じ意図で使用されている。


 かつてアメリカで西部劇が流行したのは未開の地に踏みだし己のものに作り替えていく過程が受けたのだ、との説明を読んだことがある。その文章はこう続いていた。今や未開の西部は存在せず、故に舞台は宇宙へと移行した。スタートレックは、西部劇の現代版である。アメリカの思考を他者に押しつけ拡大していく様を描いているに過ぎないのだ、と。
 当時、スタートレック:ヴォイジャーを深夜放送で見ていた私は「そうかもね」と思ったのだが、もはやどこで読んだ文章なのかを思い出すことが出来ない。
 だが宇宙は既に征服対象としての魅力を失ってしまったようだ。現にスタートレックのTVシリーズは新作が作られる見込みはない。
 ならば次なる征服対象はと言えば、それはミクロの世界なのである。現在最も未知なのは、私たちの体そのものである。そしてこの征服対象は、とても金になる。宇宙は遠いが、身体は私たちそのものであり、誰もそこから逃げ出すことは出来ない。
 人間を部品の集合体として扱い、その部品を交換可能なものと見なす思考の蔓延に警告を鳴らすのが、本書である。




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『女の皮膚の下―十八世紀のある医師とその患者たち』感想:★★★★★

2011.11.24 Thu

女の皮膚の下―十八世紀のある医師とその患者たち

バーバラ ドゥーデン 藤原書店 2001-11
売り上げランキング : 788076
by ヨメレバ


 皮膚とは何かと問われれば、それは外界と「私」とを分け隔てる決定的な境界線であり絶対的な防護壁だ、と私は答える。
 なんらかの障害物により外界から隔てられた内世界の確保は生物の絶対的条件の一つであり、さらにその内世界に一定の恒常性(ホメオスタシス)を有し、自力でDNAを複製する能力を有するものを「生物」と呼ぶことになっている。
 DNAの複製能力が生物に必須の条件であるかについては、私は正直疑問である。この定義だとウイルスは生物とは呼べないこととなるが、DNAないしRNAを利用する以上、生物の枠組みに入れてやりたい気もする。そもそもこの、DNAと遺伝の関連が発見されたのはまだ比較的近年のことでもあるし、定義が確定しないのも当然かと思われる。
 だが外界と己の境界線(人間にとっては皮膚)の保持に関しては、絶対的で恒常的な、現代だけではなくもっと昔から変わらぬ当然の認識だと、私は本書を読むまで信じていたのだ。何の確証もないのに。いや、確証など必要としないほどに自明のことだと思っていたのだ。
 私にとって皮膚は、「恐ろしい」外界から私の中身を守ってくれる素晴らしい守護者であり、「私」という物理的な存在の揺らぐ余地のない外枠でもあった。
 皮膚が破れて中身がこぼれ落ちることが恐怖ならば、皮膚が開かれ外部から何かが侵入するのもまた恐怖である。
 だが一体いつから外部は「恐ろしい」存在になったのだろうか。そもそもそれは何故、恐ろしいのだろうか。
 私が想像するのは、空気中に漂う目に見えないウイルスや細菌たちである。だが彼らが発見されたのはそう過去のことではなく、それ以前は空気中には彼らは「存在しなかった」のである。認識されない存在は、存在しないのと同義なのだから。


 本書でドゥーデンが取り上げたのは、サブタイトルが示すように十八世紀をドイツはアイゼナッハとゴータで生きた内科医であるシュトルヒが記した、彼が後輩の内科医のためにと出版した書物である。シュトルヒは彼の住まう街とその周辺の患者を診たが、本書の対象となったのは女性患者たちの治療である。
 未だウイルスも細菌も発見されていない当時に於いては、外部は恐ろしい存在ではなく、皮膚もまた絶対的な守護者ではない。それどころか、皮膚は外部と「私」を隔てる障害物ですらないのである。



Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』感想:★★★★★

2011.07.27 Wed
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯ウェンディ ムーア Wendy Moore

河出書房新社 2007-04
売り上げランキング : 93926


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 絶版もしくは重版未定の1冊。そんなわけで古書で買ったのでした。こんなに良い本なのに、新本で買えないなんて、とても悲しいことだ。
 ……と書いてから調べたら普通に新本が流通していた。
 今年の1月に探し回った時はどこも中古しかなかったように記憶しているのだが、まぁ良いか。折角の良書ならば、やっぱり新本で流通している方が嬉しい。
 私も新本で買いたかったなぁ。タイミングが悪すぎたのか。


 貴方は神を信じますか? この問いに対しては日本人ならば多くが「いいえ」と答えるだろう。
 貴方は全ての生物が神によってエデンの園で作られたと信じますか? との問いになれば、更に「いいえ」の比率は上がる。
 私たちは進化論を信じている。生物は神が創りたもうたものなどではなく、環境と運によって淘汰され進化してきたのだと思っている。それは最近の新型インフルエンザの発生などで理解出来るところだろう。

 だが進化論が異端とされていた時代があったのだ。本書の主人公であるジョン・ハンターは進化論で名高いチャールズ・ダーウィンの祖父と同世代であり、ハンターが生きた18世紀後半のイギリスは丁度そんな時代の真っ只中にあった。
 ほぼ全ての人間がキリスト教を信じ、全ての生物は神が創りたもうたのだ、そして永遠にその形態は変わらないのだと思い込んでいた時代にあって、ハンターはその「先入観」を退け、己の目と思考と心に忠実に理論と実践を繰り返し、失敗と成功から生命の真理を見いだそうと足掻き続けた人物である。己の屍体すら解剖に回させ、己の死因であろう心臓と、過去に自然治癒したアキレス腱を標本にさせ後世の医者たちの学習資料にしようとしたのだから、その入れ込みようはいっそ天晴れの領域である。
 彼は己だけの力で生命の真理に辿り着けるとうぬぼれず、弟子を育てた。確立された教義にただ従うのが人間の正しい姿だとされていた18世紀にあって、彼は己の頭で考えることに拘泥し、その姿勢を弟子に叩き込んだのである。そんな彼は今、「実験医学の父」と呼ばれている。また彼のレスター・スクウェアの邸は『ジキル博士とハイド氏』のモデルとされている。
 そんなジョン・ハンターの強烈な人生を描いたのが本書なのだから、これが面白くないわけがない。しかもこのジョン・ハンター、野生児かつ問題人物である。
 彼は良くも悪くも己の知識欲にどこまでも忠実であり、そのためならば墓荒らしすら厭わない。自分が行った手術のその後を知るために、かつての患者の屍体を買い取っては解剖して標本を作る。ジョン・ハンターに自分の屍体が渡るのは嫌だと言い張った巨人症患者の屍体すら、彼の友人たちを騙してまで手に入れてしまう。
 だが先述のように己の屍体すら同じように解剖させたのだから、彼の主旨は一貫してはいるのだ。同時代の他の解剖医たちが自分の屍体だけは墓荒らしに遭わないように腐心したのとは大違いである。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |