RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

雑誌「ナイトランド」VOL.1(2012)感想:★★☆☆☆

2012.04.05 Thu


朝松健・森瀬繚・朱鷺田祐介・
立原透耶・鷲巣義明・マット・カーペンター他
トライデント・ハウス 2012
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 「ナイトランド」創刊号をようやっと読み終わった。
 積ん読タワーから1冊崩して予習して臨んだけどさぁ……、との話は後に回してまずは収録作品一覧。縦書き表記なのに目次だけ横書きなのはちょっと違和感。


特集・ラヴクラフトを継ぐ者たち
・「ルイジアナの魔犬」 スコッチ・カースン 田中一江・訳 山田章博・画
・「沼地を這うもの」 ティム・クーレン 夏来健次・訳 楢喜八・画
・「ウェストという男」 グリン・バーラス&ロン・シフレット 金子浩・訳 松山ゆう・画
・「ダイヤー神父の手紙」 レイフ・マグレガー 増田まもる・訳 ひらいたかこ・画
・「扉」 サイモン・ブリークン 田村美佐子・訳 藤原ヨウコウ・画 

名作発掘
・「矮人族」 ロバート・E・ハワード 中村融・訳 グレゴリー・ステープルズ・画
・「コールド・プリント」 ラムジー・キャンベル 野村芳夫・訳 ヴァージル・フィンレイ・画

連載小説
・連作短篇小説「The Faceless City #1 狂雲師」 朝松健 槻城ゆう子・画

エッセイ
・「『魔道書ネクロノミコン』捏造の起源」 コリン・ウィルソン 森瀬繚・訳
・「怪奇の架け橋----『日本怪奇小説傑作集』から『Kaiki: Uncanny Tales from Japan』へ」 東雅夫

連載コラム
・エッセイ「金色の蜂蜜酒を飲みながら」 朱鷺田祐介
・エッセイ「私の偏愛する三つの怪奇幻想小説」 西崎憲
・エッセイ「Asian Horror Now (1)」 立原透耶
・ 「ファンタスティック・シネマ通信(1)」 鷲巣義明
・クトゥルー・インフォメーション(日本編) 森瀬繚
・クトゥルー・インフォメーション(海外編) マット・カーペンター



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ク・リトル・リトル神話集』感想:★★★★☆

2012.03.26 Mon


ク・リトル・リトル神話集 (ドラキュラ叢書 第 5巻)

H.P.ラヴクラフト,荒俣 宏 国書刊行会 1976-11
売り上げランキング : 135202
by ヨメレバ



 私が持っているのは初版だが、誤字が多い。
 「少しインディアンの血が」となるはずだった箇所が「少レインディアンの血が」となっているところ(p.138, 「イグの呪い」)で、昔懐かしい「インド人を右に!」を思い出してしまった。
 現在流通している版では誤字が直されていますように……。


 収録作品は以下。四部に分かれており、その頭には荒俣宏の手によると思われる短い前書きがついている。
 作品のほぼ全てのタイトル裏に、ヴァージル・フィンレイの挿絵付き。

 序文 荒俣宏
Ⅰ 発端
 ・「アルハザードのランプ」 ラヴクラフト&ダーレス 広田耕三・訳
Ⅱ 超宇宙の邪神
 ・「永劫より」 ヘイゼル・ヒールド 野村芳夫・訳
 ・「インスマスの追跡」 ラヴクラフト&ダーレス 那智四郎・訳
 ・「イグの呪い」 ゼリア・ビショップ 那智四郎・訳
 ・「博物館の恐怖」 ヘイゼル・ヒールド 野村芳夫・訳
Ⅲ 魔書の啓示
 ・「魔女の谷」 ラヴクラフト&ダーレス 広田耕三・訳
 ・「破風の上のもの」 ロバート・E・ハワード 赤井敏夫・訳
 ・「黄の印」 R・W・チェンバース 森美樹夫・訳
 ・「白蛆の襲来」 C・A・スミス 高木国寿・訳
Ⅳ 怪物の侵寇
 ・「地の底深く」 R・B・ジョンソン 赤井敏夫・訳
 ・「墳墓の末裔」 C・A・スミス 広田耕三・訳

 巻末には「ク・リトル・リトル神話事件簿(松井克弘・編)」を収録。
 これはラブクラフトの「ダゴン」、「ランドルフ・カーターの弁明」、「海底の神殿」、「妖犬」、「暗黒の秘儀」、「クートゥリュウの喚び声」、「銀の鍵」、「異次元の色彩」、「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」、「ダンウィッチの影」、「闇に囁くもの」、「インスマウスの影」、「魔女の家の怪」、「銀の鍵を超えて」、「戸口の怪物」、「超時間の影」、「闇に這う者」の作品から、起こった事件その他の出来事を時系列・地域別に分けてまとめたもの。


 感想は折りたたみ。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.4感想:★★★★☆

2012.03.07 Wed


 1973年11月号の「幻想と怪奇」はラヴクラフト=CTHULHU神話特集。
 表紙に描かれたスキンヘッド+黄色い目の人間は誰なんだろうとよく見たところ、H.P.Lovecraftなる文字を発見。
 70頁に掲載されているラブクラフトの写真と比べると、うん、似てるような気がしなくも。
 裁断ミスなのか、雑誌の最初と最後の一部分の下部分が数枚切れておらず、袋とじの下だけ残したような状態になっていた。最初の方の袋とじ状態は指でも簡単に綺麗に切れたが、後ろの方は惨事になってしまった……。


 掲載作品は以下。盛りだくさんでございます。

CTHULHU神話特集
・「クトゥルー神話の神々」 L・カーター、大瀧啓裕・訳
・「宇宙よりの影」 ラヴクラフト&ダーレス、島本葵・訳
・「石の民」 H・ヒールド、綾瀬雅之・訳
・「ウボ=サトゥラ」 C・A・スミス、広田耕三・訳
・「ラヴクラフトとかれの昏い友愛団」 荒俣宏

連載
・Fantastic Gallery 「アルフレート・クービン 薄明の世界」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩4 「ロン・チャニイ・ジュニアの時代」 石上三登志

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

エッセイ
・「長編怪奇小説」 都筑道夫
・「早すぎた埋葬防止会」 横瀬衛彦

幻想文学レヴュー
・『ウィアード・テールズ』誌復活 石村一男
・『アーサー・マッケン作品集成』 紀田順一郎
・『M・R・ジェイムズ全集』 瀬戸川猛資
・『蜘蛛・ミイラの花嫁』 鏡明
・幻想文学レヴュー・短評 藤沢純

・「首」 K・H・シュトローブル、村山浩・訳
・「モフレーヌの魔宴」 M・シュオッブ、伴俊作・訳
・「カタリーナ」 ヴィリエ・ド・リラダン、秋山和夫・訳
・「道具」 W・F・ハーヴィ、八十島薫・訳
・「呪われた部屋」 A・ラドクリフ、安田均・訳
・「骨牌の城」  岡田夏彦
・「ウィットミンスター寺院の僧房」 M・R・ジェイムズ、紀田順一郎・訳
・「まぼろしの国」 W・モリス、小宮山康弘・訳

メルヘンの世界
・「猫の足 ジンジムの噺」後篇 ジャーク・カゾット、荒井やよ・訳

・「世界幻想文学作家名鑑」4 荒俣宏・編
・新刊資料室=大滝啓裕
・THE YELLOW MASK
・次号予告
・読者欄


 以上、目次に記されている順に記載したが、実際の並びとは異なる。
 実際の雑誌では、エッセイと幻想文学レヴューの一群は「呪われた部屋」と「骨牌の城」の間に収録されている。

 感想は折りたたみ。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ゾティーク幻妖怪異譚』感想:★★★☆☆

2011.07.13 Wed
ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)
ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)クラーク・アシュトン・スミス 大瀧啓裕

東京創元社 2009-08-30
売り上げランキング : 104986


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 クラーク・アシュトン・スミスの手による、地球最後の大陸ゾティークを舞台とする短編16編に、詩「ゾティーク」を加えたのが本書。
 遠未来でありながら現在の科学技術は失われて久しく、もはやそんな技術があったことを知る者すらいない。
 唯一の大陸には屍体を喰らう神が君臨する都市があり、また他方では風のように速やかに命を奪う病が流行する。
 悪戯に死者を蘇らせて憚らない魔術師、拷問が趣味な王。王女は魔術で男を誑かし、また王妃の命を受けて恐ろしい納骨所に向かう騎士たちがいる。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |