RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグまで(ユーラシア選書)』感想:★★★☆☆

2016.03.23 Wed

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグまで (ユーラシア選書)
スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグまで (ユーラシア選書)栗原 典子

東洋書店 2008-03
売り上げランキング : 801278


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトル通りの内容の一冊。春分の日は終わってしまったが、今年の東方正教会のイースターは5月1日とやたらとズレているので、セーフということで一つ。

 スラヴ世界でのイースターの意味と歴史を紹介し、ソ連時代の抑圧をくぐり抜けて今も伝わる各家庭でのイースター・エッグの作り方、加えて日本でも作れそうな方法を紹介している。
 その一方で、一流の技術と資金によって作られたインペリアル・エッグをも丁寧に紹介している。そのデザインの意図を辿ると、ロマノフ家の最後煌めきとその家族関係が透けて見えて、華々しいくも切ない物語となっている。


スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『声に出して読みづらいロシア人』感想:★★★☆☆

2015.12.11 Fri

声に出して読みづらいロシア人 (コーヒーと一冊)
声に出して読みづらいロシア人 (コーヒーと一冊)松樟太郎

ミシマ社 2015-05-23
売り上げランキング : 184517


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「ロシア人の名前って読みにくくない?」という誰もが一度は思うであろう疑問に真面目に立ち向かった一冊。
 ただ現実の名前以外にもドフトエフスキー作品の登場人物まで俎上に上がっているのが、なんだかちょっと残念。
 そしてロシア語ともう二年ほど仲良くしているせいか、別段読みにくいと思えなくなっている自分もなんだかちょっと残念。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『原典によるロシア文学への招待―古代からゴーゴリまで』感想:★★★★☆

2015.11.27 Fri

原典によるロシア文学への招待―古代からゴーゴリまで
原典によるロシア文学への招待―古代からゴーゴリまで川崎 隆司

成文社 2008-11
売り上げランキング : 1660085


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 何故この本を手に取ったのか、その理由はもう忘れてしまったが、しかし出会えて良かったなと思えた一冊。
 時代時代の代表的な作品と共に、その頃の歴史について記述するというスタイルで進む。引用される作品がどれも興味深いのだが、その引用部分以外の邦訳が存在しないことの方が多くて、なんとも残念である。
 時代背景の説明もそれなりに面白く紹介されており、ストイックな態度を崩さなかった『図説 ロシアの歴史』とは好対照である。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『図説 ロシアの歴史』感想:★★★★★

2015.11.20 Fri

図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本)
図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本)栗生沢猛夫

河出書房新社 2010-05-20
売り上げランキング : 376946


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 お馴染み変なサイズのふくろうの本。変なサイズ故なのか、「図説」の名に恥じぬ画像の多さ。
 ロシアという国家の設立から現代までを、コンパクトにまとめているなかなか得がたい一冊。それと同時に一方的な決めつけを極力避けようと努力している節が見え、好感を抱かせる。
 が、その態度故に描写が押さえられ、偽ドミトリーなどのかなり衝撃的な出来事もそうは見えないという欠点もあるのだが。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『フェンサー』感想:★★★★☆

2015.11.06 Fri

京都ヒストリカ国際映画祭
(画像は第7回京都ヒストリカ国際映画祭公式サイトより)


 京都ヒストリカ国際映画祭で見た映画、2本目。
 日本公開の可能性はあるような、ないような。


 舞台はドイツ・ロシア双方に何度も支配されてきた国、エストニア。1950年代初期のエストニアは、ソ連の一部となっていた。
 エストニアの片田舎ハープサルにレニングラードからやって来たのは、まだ若い体育教師エンデル・ネリス(Märt Avandi)。
 体育教室を開催するようにと校長(Hendrik Toompere Sr.)に指示されたネリスは、倉庫から見付けたスキー用具を手入れし、子供達に教えようとするが、しかし彼の準備した道具は消え失せてしまう。都会レニングラードからやって来たネリスに反感を抱く校長の仕業なのは明らかであった。

 予算も道具もないネリスは、考えた末に自分の特技であるフェンシングを教えることを思い付く。それは身分を隠さねばならない彼にとっては、その正体への手掛かりともなり得る危険なものでもあったのだが。
 ネリスの心配など知らぬ子供達は、徐々にフェンシングにのめり込んでいく。フェンシングに大切なのは足音を立てずに静かに動くこと、そして相手との距離を取ること。
 時代は1950年代。疑心暗鬼に駆られたソ連は、エストニアの男たちを戦前のドイツに対する協力を理由に、あるいは大した理由もなく、連行しては強制収容所に送り込んでいた。
 父を、祖父を失った子供たちはネリスを父のように慕いつつあった。そんな中、子供の一人が見つけて来たのは、フェンシングの全国大会の広告。ソ連中の学校に参加資格があるのだ。だがその開催地はレニングラードであった。ソ連の中枢である。
 その頃、ネリスに反感を抱く校長は、彼の身元を詳しく調べさせていた。そして校長は、ネリスが隠してきた秘密をついに知ってしまう……。

 子供達の夢か、それとも自身の安全か。ネリスの友は言った、レニングラードから遠くに逃げろと。距離を取れと。静かに動くのだと。
 だが逃げてばかりでは、ポイントが取れない。試合に勝てない。
 ネリスは決断する。


Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『キリール文字の誕生 スラヴ文化の礎を作った人たち』感想:★★★★☆

2015.10.28 Wed


キリール文字の誕生―スラヴ文化の礎を作った人たち―
キリール文字の誕生―スラヴ文化の礎を作った人たち―原 求作

ぎょうせい 2014-02-21
売り上げランキング : 839647


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今でこそ自国の言語を大事になんて言うけれど、過去には優れたご近所さんに憧れて、自国のオリジナル部分を劣ったものと見做して投げ捨てていた時代もあった訳でして。
 日本でもそんなこんなは色々とあったが、国同士が近いが故にヨーロッパ諸国ではその流れが顕著でございました。同じ仕事内容でもフランス人ってだけでお給料が良かったりね。


 そんな今とは全く異なった時代に、粗野なものとしてその国の知識人からは捨て去られた地方諸国の言語に拘る必要に駆られたのは、熾烈な勢力争いをしていたキリスト教各派。
 まだキリスト教化されていないのは、非インテリ層のみ。伸びしろはもうそこしかない。彼らを取り込むために、禁忌を破り彼らの理解出来る言語での教化に踏み切ろうと教会が決めた時、問題となったのは、彼らの言語そのものの制定であった。
 教会各派が火花を散らす時代に、東欧諸国に己の勢力を伸ばすため、正教会が送り込んだのは言語の天才コンスタンティノス(キリール)とその兄メトディオス(メフォージイ)。
 東欧諸国の、また教会各派のパワーゲームに巻き込まれ、敵味方が目まぐるしく入れ替わる中、決して一枚岩とも呼べない各国やキリスト教各派に振り回されながらも、己の仕事を成し遂げんと努力した二人の物語。そして現在のキリル文字へと繋がる物語。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『サンクト・ペテルブルグ よみがえった幻想都市』感想:★★★☆☆

2015.10.27 Tue

サンクト・ペテルブルグ―よみがえった幻想都市 (中公新書)
サンクト・ペテルブルグ―よみがえった幻想都市 (中公新書)小町 文雄

中央公論新社 2006-02
売り上げランキング : 250574


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 サンクト・ペテルブルなのかサンクト・ペテルブルなのかがそもそもよく分からない、ロシアのかつての首都。
 ロシア語の発音規則に従えば、末尾はクになるはずだが、この書籍のタイトルでは濁っているから、サンクト・ペテルブルグが正しいのかもしれない。

 その成り立ちから因果なこの都市について、「サンクトと略すと『聖』って意味になっておかしい」なんてところから解説してくれる一冊。
 旅行者向けの書籍も随分と充実して来た現在、この都市に旅しようと前準備をしたことのある人には新規な情報は殆どなく、そもそも2006年の本書の古さも目に付くのだが、しかし、作者のこの複雑な歴史を辿った都市に対する愛情が伝わってきて、なんだかほっこりしてしまう一冊。
 この都市に興味をお持ちの方は、是非一読を。あっさり読めるので、そう時間もとりませんし。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ラザルス(世界怪談名作集)』感想:★★★☆☆

2015.10.23 Fri

世界怪談名作集 14 ラザルス
世界怪談名作集 14 ラザルスレオニード・ニコラーエヴィチ アンドレーエフ 岡本 綺堂

2012-10-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「犬」に続いてアンドレーエフの短編。こちらも青空文庫がkindle化したもの。そんな訳で無料。
 元は岡本綺堂編集の『世界怪談名作集』に収録されたものを一作ずつ分けたもの。下巻の方に収録されているようだ。初出は『澁澤龍彦文学館12 最後の箱』とのこと。
 感想はロシア語ブログの方に書いた以上のことは特に思い付かない……。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『犬』感想:★★★★☆

2015.10.17 Sat


犬レオニード・ニコラーエヴィチ アンドレーエフ 森 鴎外

2012-10-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 青空文庫が扱っている作品をKindle化した一作。元が青空文庫なので無料。
 Kindle版を読む利点は……、Kindleという慣れた環境で読めるってことくらいかな。なのでKindleに馴染みがなければ利点は皆無ということに。


 この「犬」は短編の中でも随分短い一作。紙で換算すると6ページとのこと。
 主人公はタイトル通りに犬。それもしょぼくれた、人に追い払われて人を憎むようになった犬。それが拠点にしていた別荘に、その持ち主の一家がやって来て……という物語。
 とても短いのに、いや短いからこそ、アンドレーエフの切れ味の良さが光る一作。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『森は生きている』感想★★★★☆

2015.08.11 Tue


森は生きている (岩波少年文庫)
森は生きている (岩波少年文庫)サムイル マルシャーク Samuil Marshak

岩波書店 2000-11-17
売り上げランキング : 74321


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルだけを見ると、環境問題を扱った作品かのように思えるが、これは『シンデレラ』に代表される継子イジメ物語のロシア版。
 なお原題は"Двенадцать Месяцев"、直訳すると『12か月』。これはこれで『クレヨン王国十二か月の旅』を連想する……のは私だけだろうか。
 人形劇のために書かれたので、物語は戯曲形式を取っている。そんな訳もあり、登場人物に名前はない。


 主人公である「ままむすめ」には、継子イジメ物語にはお約束ながら、継母と義理の姉が。そして二人の性格は悪い。
 しかしこの物語には、性格の悪い人物がもう一人。それはこの国の女王様。早くに両親を亡くし、ままむすめとそう歳の変わらぬ子供ながら、この国の君主となった。両親の悪いところばかりを受け継いだと作中で噂される彼女だが、しかし教えを垂れてくれる教師はいない。

 大晦日の寒い日、ままむすめは薪を取りに森へと行かされる。そこで見たのはリスとウサギの会話。
 思わず笑う娘に話しかけたのは、女王のための新年のモミの木を手に入れよと命令された老兵士。彼は言う、大晦日にはどんな不思議なことだって起こるのだと。老兵士は彼女に、彼のおじいさんのおじいさんのおじいさんが大晦日に12の月の全て、つまり1月2月3月…、と出会ったとことがあると教える。

 兵士に手伝ってもらいようやく薪を集め終えたままむすめは家へと帰るが、そこで待っていたのは意地悪な義理の家族だけではなかった。なんと我が侭女王による我が侭なお触れが出ていたのだ。
 なんの気の迷いか、女王は新年の祝いの席にはマツユキソウ(スノードロップ)がなくてはならぬと言う。この地では4月にしか咲かぬ花だ。目的の花を持ってきた者には褒美をやるとのお触れを出したものだから、さぁ大変。欲深い継母と姉は、早速ままむすめを再び森へと追い立てるのでありました。
 ままむすめに言い渡される、「マツユキソウを見付けるまで帰ってくるな」との残酷な命令。渡された籠は、失っても惜しくないボロなのだから、意地悪もここに極まれりである。
 己の死を覚悟しつつ夜の森へと踏み出す、哀れなままむすめ。しかし今日は大晦日。どんな不思議だって起こりえる日なのだ。




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |