RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『黒衣の女』感想:★★★☆☆

2012.12.12 Wed


黒衣の女 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

スーザン ヒル 早川書房 1987-06
売り上げランキング : 319005
by ヨメレバ



 いかにもイギリス女流作家の作品と言った趣き。
 霧に包まれるロンドン、クリスマスの情景、ヒースの花咲く荒れ地、忠実なる犬なんて要素がそう感じさせるのだろうか。
 ホラーではあるが血みどろの殺戮が起こるわけでは全くなく、べったりとした怨念、それも主人公にはどうしようもない、が濡れた長髪のように絡みついて彼の人生を変えてしまう、そんな湿度の高い物語。



 小説は郊外の暖炉を囲む一家の描写から始まる。時期はクリスマス。
 主人公のアーサー・キップスは弁護士であり、長年の仕事ぶりが認められ今や弁護士事務所の共同経営者となっている。
 彼は再婚した妻と、妻の連れ子である四人の子供たちと共にクリスマスを祝っていた。だが冬は怪談の季節でもある。
 子供達は己の話術を見せつけるように、交互に知る限りの怖い話を身振り手振りを交えて語り始める。そしてその後にアーサーにせがんだ。
「お父さんも何か怖い話をしてよ」
 それは悪意も何もない単なるお願いだったのだが、その瞬間にアーサーが克服したはずだった過去の忌まわしい恐怖が彼の中で弾けた。
 平気だと思っていたのに、つい先ほどまでは。もはやあの恐怖は過ぎ去り、今はただの過去でしかないと思っていたのに。

 耐えきれずに強い言葉で子供達を突き放し、団らんの空間から飛び出してしまったアーサー。
 このままでは過去に囚われたまま一歩も進めないと覚悟を決めた彼は、過去の暗い出来事と決着を付けるべく、一人机に向かう。書くことで悪魔払いを行うのだ。
 アーサーが書き記すのは、まだ若く希望に満ちていた彼を見舞った理不尽な日々。そして彼と彼の人生に大きな打撃を与えた、黒衣の女の姿。
 読者はアーサーの書き記す過去を、彼と一緒に追体験することとなる。



スポンサーサイト
Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ロシアのクリスマス物語』感想:★★☆☆☆

2011.12.23 Fri

ロシアのクリスマス物語

イワン・セルゲーエヴィチ シメリョフ 群像社 1997-12
売り上げランキング : 654269
by ヨメレバ


 大阪生まれ大阪育ちの私にとって、冬とはただひたすらに青空と、ひりつくような乾燥の季節である。
 吐く息は白く濁り、寒さに空は澄み渡る。雪は時折ちらつく程度であり、僅かに積もっても昼には泥水と化す。冬の冷たさも命を奪うほどの残酷さを見せはしない。
 対して本書で何人もの作者が描き出すロシアの冬は息も命も凍り付かせるほどに冷たく、積もる雪は深く白い。またそれ故に、クリスマスの煌びやかさが空気中に漂う微少な氷や屋根から伸びる氷柱に眩く反射する。

 本書に収録されているのは全部で13作品。
・「クリスマス」 シメリョフ
・「ザリガニの鳴いたときに ―クリスマスの怪談―」 テフィ
・「イーダ」 ブーニン
・「クリスマス物語」 ゾシチェンコ
・「クリスマス」 ナボコフ
・「ヨールカ祭の森の精」 チョールヌイ
・「キリストのヨールカ祭に招かれた少年」 ドストエフスキイ
・「雪娘」 ソログープ
・「父と娘の新年の祝日」 グリーン
・「車両長 ―これぞまことのクリスマス物語―」 クプリーン
・「クリスマス・シーズンに」 チェーホフ
・「うすのろ ―過ぎし昔のクリスマス物語―」 ワグネル
・「真珠のネックレス」 レスコフ
 



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |