RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『アクト・オブ・キリング』感想:★★★★★

2014.05.17 Sat

アクト・オブ・キリング

 ドキュメンタリーを一作。生まれて初めて、もう一度見たいと思った。


 人が人に話すとき、そこには必ず演技が含まれているのではないだろうか。見栄、虚勢、泣き落とし、私達はいつだって演じている。
 私が語る言葉の全てが真実ではない。そこには私の真意が反映されているだろうが、しかし全てではない。言葉は嘘だ。言葉だけではない。顔の表情、手の動き、目の動き、全てが嘘だ。演技だ。
 私達は人の目の前では素直になれない。他人の目だけではない、自分自身の目すらも気になる。
 心が発した生の感情はそうして押し殺される。加工され圧縮され、もはや自分ですら分からなくなる。
 だが一瞬だけ、抹消したはずの素の感情が見える時がある。それがうっかり姿を見せる時がある。その瞬間を、この映画は鮮やかに切り取っている。


 主人公となるのは、アンワル・コンゴ。50年前インドネシアで虐殺を行った実行犯である。彼は何人も何人も殺した。そして罰せられてはいない。孫と一緒に幸福に暮らしている。
 アヒルの子どもの足を折った孫に、アヒルに謝るように促す良いお爺ちゃんである。今は。けれども50年前に大量殺人を行った。彼が殺した人数は1000とされる。

 1965年から66年にかけて、インドネシアでは大量虐殺が行われた。軍事クーデターに伴う政変が原因だ。共産主義者と華僑が虐殺の対象者となった。彼らには、ならずもので、残酷、殺されるべき相手だとのレッテルが貼られた。そうして虐殺は正当化された。
 以後、政権交代は行われていない。虐殺を表から裏から指示した人間達は、今も変わらずそこにいる。
 ジョシュア・オッペンハイマーは、この50年前の虐殺被害者を取材していた。だが当局による妨害に悩むこととなる。
 そんなジョジュアに、被害者の一人が言った。加害者にインタビューをしてみて欲しいと。
 虐殺の実行犯、それも現在もなお裁判にかけられることなく平和に暮らしている相手に取材が受け入れられるわけがないとジョシュアは当初考えたのだが、しかし彼のインタビューは簡単に受け入れられる。ジョシュアの前で彼らは得意げに当時の己の犯行を語るのだった。
 そのあまりの屈託のなさに衝撃を受けたジョシュアだが、彼は気が付いた。彼らの屈託の無さは、楽しそうに語る姿そのものこそが、彼らの内心の不安の強さを表しているのではないか、と。

 そんな考えの末、ジョシュアは加害者の一人であるアンワル・コンゴに提案を持ちかける。映画を撮ってみないか、と。彼が行った虐殺を再現する映画を。自分はその映画の製作過程、そしてそれを見る彼らの姿を撮ってドキュメンタリーを作るから、と。
 アンワルはジョシュアの提案にのり、さっそく仲間と共に己の映画作りに邁進する。アメリカ映画好きの彼は、カメラに映る自分が格好良く見えるかどうかに拘る。50年前の虐殺の際にだって、殺し方のヒントを映画から得ていたくらいの映画狂なのだ。
 けれど、カメラの中の自分を見る内に、アンワルは徐々に変化していく。かつての虐殺を再現する自分を見る自分。無害化した過去が、生の姿で現在へと甦る。
 そんな彼を、ジョシュアのカメラが追う。そして私たちが見るのだ。それがこの映画だ。


 一応言っておくが、私はアンワルに共感や哀れみを施すつもりはない。
 そして人間とは人間を殺す生き物だと思っている。私たちは人殺しだ。潜在的に。
 科学の世界では再現性があれば真実だと見做される。歴史を振り返れば、人間が人間を殺した事実には枚挙に暇がない。再現性があると見做すには充分だろう。ならばそれが真実なのだ。


スポンサーサイト
Theme:映画館で観た映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |