RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『未来の回想』感想:★★★★★

2014.01.22 Wed


未来の回想

シギズムンド・クルジジャノフスキイ
松籟社 2013-10-22
売り上げランキング : 255914
by ヨメレバ


 時間は誰にとっても均等に流れる……だがなんとか、誰かの名言らしきものを聞いたのは一体いつだったのだろう。
 チックタック、チックタック、ただ只管に流れ行く時間は圧倒的な強者である。誰もが彼女に跪き、反逆は許されない。
 だがそんな時間に勝負を挑む者がいた。マクシミリアン・シュテレル。本書の主人公だ。


 子供に時計に、そして時間という概念に取り付かれた彼は、全てを時間に捧げる。
 他のものを投げ打って研究に、との形容句はシュテレルには当て嵌まらない。彼には時間しかなかったのだから。
 友人関係も人間性すらも持ち得ず、まっすぐに時間と取り組まんとするシュテレルではあったが、しかし、それを時代(それは時間の集合体だ)は許してはくれない。
 シュテレルはドイツとの戦争に駆り出され、革命の波にぶつかり、彼の「時間切断機」の研究は前途を阻まれてしまう。それは征服されることを拒絶する時間からの抵抗であった。
ノートの一冊に、シュテレルはこう苦々しく記している――「今日二二歳になった。ぼくが呑気に瞑想している時間に、時間は時間をめぐる闘いにおいて時間を稼いでいる」。この数行後にはこう書かれている――「時間は過ぎ去るがゆえに常に勝つ。ぼくが時間から意味を奪うよりも早く、時間がぼくから生を奪ってしまうのが先か、それとも……」(p.25-26)



しかし、第三の可能性があります――私、マクシミリアン・シュテレルは拘束服からも拒絶される狂人であり、私によって語られたことはみな譫言で戯言だという仮説です。ひとつ、衷心からの助言をさせてください――この最後の仮説を採ったほうがよろしい。それが一番有益かつ堅固で、安全ですから。(p.119)


 彼の一部に共鳴する人物はいても、彼そのものを理解し彼そのものと共鳴し得る人物は登場しない。
 シュテレルにとっては、そんな人物の有無などどうでもいいことのはずなのに、読んでいる身にはなんとも切ない。
 それはそこに作者クルジジャノフスキイの姿を見てしまったからだろう。彼はこの『未来の回想』を世に出すチャンスを見出せぬままこの世を去ったのだから。何の因果か、執筆から60年経って初めて、その原稿は引き出しから抜け出し日本語にまで成ったのだが。


スポンサーサイト
Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク』感想:★★★☆☆

2014.01.15 Wed

ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク 【ドラマCD付特装版】 (キョート殺伐都市)

ブラッドレー・ボンド, フィリップ・N・モーゼズ
エンターブレイン 2013-12-28
売り上げランキング : 1933
by ヨメレバ


 第一部の「ネオサイタマ炎上」が全4冊だったから、第二部「キョート殺伐都市」も4冊で完結するのだとばかり思い込んでいたが、そんなことはなかったぜ! な一冊。

 主人公だけでは物語は奏でられない。強大な敵が、仲間が、曰くありげな連中が響かす音があってこそ、主人公は際立ち、物語は魅力を増すのだ。
 そんな訳で、一貫して主役を張ってきたニンジャスレイヤーから少し離れて、彼の行く手を阻む大いなる壁、ダークニンジャに頁が割かれるのが本作の見どころ。

 このダークニンジャ、フジキドとはまた違った意味で背負う過去が重たく、加えて、彼の方がポテンシャル的にフジキドよりも上であり憑いているニンジャソウルも上位な強敵である。
 ただ「ニンジャ殺すべし」なんて闇雲な目的意識しか持たぬニンジャスレイヤーと同程度には、ダークニンジャの目的もまたあまりに壮大ではあるのだけれど。
 己の現在に拒絶を叫び、己が己になった所以の全てを破壊し尽そうとする両者が迎える未来とは、一体どんな者なのでありましょうや。


 収録作品は以下。
・「カース・オブ・エンシェント・カンジ・オア……」
・「システム・オブ・ハバツ・ストラグル」(初翻訳)
・「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」
・「……ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」
・「アウェイクニング・イン・ジ・アビス」
・「シャドー・コン」


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー 荒野の三忍』感想:★★★☆☆

2014.01.05 Sun

ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 (キョート殺伐都市 # 3)

ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ
エンターブレイン 2013-10-31
売り上げランキング : 2902
by ヨメレバ


 世はマッポー。世界には伝説的存在ニンジャが跋扈する。
 ネオサイタマを首都として抱える日本と、その西に位置するキョート共和国。その両国を股にかけ、ニンジャの殺害に勤しむ者こそニンジャスレイヤー。
 己自身ニンジャでありながら、ニンジャを殺すことを己の使命と信じる矛盾に満ちた存在だ。

 彼を突き動かすのは、恨み。
 一介のサラリマンに過ぎないフジキド・ケンジは、ザイバツ・シャドーギルドとソウカイ・シンジケート二つの闇組織の抗争に不運にも巻き込まれ、妻子を失った上に自身も瀕死に陥ったのであった。
 己の無力さに苛まれながらただ死を待つフジキドに、ナラク・ニンジャのソウルが宿った。そして彼はニンジャスレイヤーとして甦えることとなったのだ。

 何の罪もない妻と子供を殺した恨みを晴らすべく、ニンジャスレイヤーは全てのニンジャ抹殺を心に誓った。
 その戦いがまた、無辜の市民を巻き込むことになると知っていても。
 ネオサイタマを拠点としていたソウカイヤの首領の首は取った。次なる標的は、キョート共和国を拠点とするザイバツである。
 だがソウカイヤも壊滅した訳ではなかった。その残党と首領の息子が、新たなる組織アマクダリ・セクトを結成していたのだ。

 好むと好まざるとに関わらず、生きることは他者との関係を生む。
 ニンジャスレイヤーもまたネオサイタマで、そしてキョート共和国で、数多の人・ニンジャと出会い、殺し合い、そして縁を深めていく。


 収録作品は以下。
・「ブレードヤクザ・ヴェイカント・ヴェンジェンス」
・「ビヨンド・ザ・フスマ・オブ・サイレンス」
・「チューブド・マグロ・ライフサイクル」
・「フィジシャン、ヒール・ユアセルフ」
・「ナイト・エニグマティック・ナイト」
・「フェル・アスリープ・イン・ザ・ムービング・コフィン」(初翻訳)
・「スリー・ダーティー・ニンジャボンド」


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『原子の帝国』感想:★★★☆☆

2013.12.26 Thu


原子の帝国 (創元SF文庫)

A.E. ヴァン・ヴォークト
東京創元社 1966
売り上げランキング : 88128
by ヨメレバ



 表題作「原子の帝国」に加えて、「見えざる攻防」を収録。

 「原子の帝国」、主人公となるのはクレイン。
 舞台は人類が太陽系の各惑星にまで生息域を広げた遠未来。だが、原子力その他の科学の原理は忘れられてしまっていた。
 クレインはリン帝国の皇帝の息子夫婦の子として生まれたが、しかし、母親の不注意故にミュータントとしてこの世に生を受けることとなった。
 生まれた彼を即刻抹殺しようとする皇帝一族の意向を覆すべく、奮闘したのは神殿科学者のジョクイン。
 ジョクインはミュータント、神の子、に普通の教育を施せばどうなるのか試してみたかったのだ。ミュータントは仲間から迫害されるが故なのか、どれも短命でまともな大人には育たたないのが通例であったから。
 彼の命がけの抗議により生きることを許可されたクレインは、ジョクインの教育の元に成長し、ジョクインや皇帝をも驚かすほどに利発な青年へと変貌を遂げつつあった。
 リン帝国に脅威が忍び寄る中、望まれぬ存在であったクレインは、帝国の存亡のために動き出す。


 「見えざる攻防」で主人公となるのは、マイクル・スレード。
 彼はある日、交通事故に遭った。額に負った大きな切り傷の下から見付かったのは、第三の目。
 スレードは長らく、己の額になにやら柔らかい部分があることを知ってはいたが、それが「目」であることを事故によって初めて知ったのだ。
 三ツ目の夫に驚愕したスレード夫人は、皮膚移植により三つ目の目を隠すことを願うが、スレード本人は新たな目の視力矯正を試みることを決意する。
 この目の存在により妻や今までの人間関係を失いつつあるスレードは、その一方で三つ目の目により新たな次元の地球を見いだしつつあった。
 その次元の地球では、他人の血を啜る人間が跋扈していた。しかもスレードは、その世界を一変させる鍵を握っていると言われ……。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ブラインドサイト』感想:★★★★★

2013.12.17 Tue

ブラインドサイト<上> (創元SF文庫)ブラインドサイト<下> (創元SF文庫)


 我々人間は、果たして「最適解」なのか?
 客観的なる意見など持ちようがない。そういう風に我々は作られてはいないのだ。
 私の見る世界は、どこまでも私本位なものである。私が見たいものしか、私が予測し得るものしか私は見ることが出来ない。
 ブラインドサイト現象もその一つだ。
 視覚野は見ているのに、脳は見ていない状態を指す。目という入力端子から確かに信号は送られているのだが、しかし、脳はそれを認識出来ない。見えているのに、見えないのだ。

脳は生存エンジンであって、真実発見器ではない。自己欺瞞が適応性を促進するなら、脳は嘘をつく。不適合なものを――知覚しなくなる。真実はどうでもいい。適応性だけ。きみたちは存在するがままの世界を体験しない。経験するのは推測に基づくシミュレーションだけ。ショートカット。嘘。種全体が最初から失認症。(下巻 p.140)



 私にはこんな経験がある。
 小学生だったある夏の日、私は学習机に向かって勉強をしていた。すると消しゴムがないのだ。確かに先ほどまではあったはずなのに。
 消しゴムが勝手に動くはずはなく、そして私もまた机から離れてはいない。ならば近くにあるはずだと探し回ったが、ない。
 途方に暮れる中でふと気が付いた。左の手のひらがなんだか暑い。汗をかいている。
 見れば私の左手は握られていた。一体いつから握っていたのか分からぬままに手を開けば、そこにはあれほど探し回った消しゴムが。
 探す過程で何度か視野に左手は入ったはずなのに、それが不自然に握られていることに気が付かなかった。握り締めた手の中に何かがあることを、一度も意識しなかった。
 この経験はなかなかに強烈であって、今でも私は探し物をする際にはまず手を広げてチェックしてしまう。

 他にも、お団子にした髪の毛に鉛筆を差し込んだのを忘れて探し回ったこともある。何故か右手に持った教科書を必死に探したこともある。
 私ほどではなくとも、誰にだってこの手の失態はあるのではないだろうか。
 情報は入力されているにも関わらず、意識されない。この欠陥。
 果たして人間は、本当に優秀なのであろうか。生物として「最適」な進化を遂げた存在なのであろうか?


 人間の設計はただの自然の気まぐれであり、他にもっと素晴らしい解答があるのではないか。知能にはもっと別の姿があるのではないか。
 本書はそう問いかける。
 本書は決して読みやすくはない。登場人物もことごとく人間から逸脱した存在である。
 読む人を選ぶのは確かだが、しかし、一度チャレンジしてみる価値はあると私は思う。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪!』感想:★★★★☆

2013.11.06 Wed


ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪! (キョート殺伐都市 # 2)

ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ エンターブレイン 2013-08-31
売り上げランキング : 4468
by ヨメレバ


 今回の『ゲイシャ危機一髪!』は第二部キョートサツバツ都市の、第二巻。
 舞台となるのは、どこかの世界の日本。東京の機能を飲み込んだネオサイタマが首都である。
 現在の日本は鎖国状態となっており、それがなくとも殺人マグロが群れなす外洋には出られない。
 酸性雨が降り注ぐネオサイタマの環境悪化は著しいが、何も悪くなっているのは環境だけではない。治安も政治家も、今や真っ黒だ。
 その上ある時期を境に、古の伝説的存在ニンジャのソウルを吸収し、人間からニンジャへと変貌した者たちが、跋扈するようになってしまった。彼らは通常の人間を遥かに超える能力を持ち、更にはニンジャソウルを持たぬ普通の人間のことを卑下する傾向にあった。
 そうなれば何が起こるかは自明である。
 まさにマッポーである。古事記に記されていた通りだ(注:という設定です)。



 本書の主人公たるフジキド・ケンジもまた、ニンジャに理不尽に虐げられた者であった。平和なる家族団欒は一瞬にして悲劇と化し、妻も子供も失った。
 瀕死の彼は憎んだ。ニンジャを。そんな彼の呪いに応じる声が一つ。それは肉体を持たぬ存在であった。その名はナラク・ニンジャ。
 ニンジャでありながらニンジャを憎み、全てのニンジャの抹殺を願うナラクの魂が、フジキドに宿る。そしてフジキドはニンジャスレイヤーとなったのだ。

 妻子の復讐のため、ネオサイタマを根城とするソウカイ・シンジケートを壊滅に導いたニンジャスレイヤーであったが、彼の戦いはまだ終わらなかった。
 彼ら家族が遭遇したマルノウチ・スゴイタカイビルでの抗争は、ネオサイタマまでその手を伸ばさんとするキョートのザイバツ・シャドーギルドが引き起こしたものであったのだ。
 妻子の仇を討つため、また全てのニンジャを抹殺するために、フジキドは生まれ育ったネオサイタマを離れ、ザイバツの本拠地キョートへと足を踏み入れる。



 収録作品は以下。ニンジャスレイヤー・シリーズの常として、時系列ではない。
・「モータル・ニンジャ・レジスター」
・「ゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル」
・「クライ・ハヴォック・ベンド・ジ・エンド」
・「ライズ・オブ・アマクダリ」(初翻訳)
・「ウェイティング・フォー・マイ・ニンジャ」
・「デス・フロム・アバヴ・セキバハラ」


 共感しやすい理不尽に妻子を奪われた恨みを抱くフジキドと、その欲求自体が理不尽な全ニンジャ抹殺の願望を抱くナラク。その両者から成るニンジャスレイヤーという存在は、人間性と非人間性の両面を有する複雑なヒーローだ。
 彼を取り巻く環境もまた多彩である。ニンジャスレイヤーと対立するソウカイヤ、ザイバツ所属のニンジャたち。闇組織に属さず、人間社会の一部として生きることを選ぶネザークイーンやヤモト・コキなどのニンジャ。
 更にはニンジャスレイヤーと同じくソウカイヤやザイバツに恨みを抱くニンジャに、ただの人の身ながらニンジャスレイヤーに力を貸す者。
 この暗黒の世界でも必死に生きる無力な人間たちの間を、彼らは駆け抜けていく。それは時に他人の助けとなり、また時に他人を巻き込み理由無き死に追い落としもする。
 何が正しくて何が間違っているのか。その境目も曖昧模糊と消えつつある中で、各々は己の良心あるいは野心のために必死に走る。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2』感想:★★★★☆

2013.07.30 Tue


ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2

ブラッドレー・ボンド フィリップ・N・モーゼズ
エンターブレイン 2012-11-30
売り上げランキング : 8329
by ヨメレバ


 第一部第二巻。収録作は以下。

・「パンキチ・ハイウェイ・バーンナウト」(初翻訳)
・「チャブドメイン・カーネイジ」
・「ユーレイ・ダンシング・オン・コンクリート・ハカバ」
・「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」
・「フジ・サン・ライジング」
・「ジ・アフターマス」
・「ア・カインド・オブ・サツバツ・ナイト」
・「アット・ザ・トリーズナーズヴィル」
・「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」
・「グランス・オブ・マザーカース#1」
・「オウガ・ザ・コールドスティール」


 初翻訳となる「パンキチ・ハイウェイ・バーンナウト」は、ニンジャスレイヤー世界がいかなる環境にあるかを示す一作。
 ナボリ・ドックは元ハッカー。野心に溢れたそれなりに才能のあるハッカーだったのだが、ケチな失敗でヤクザにケジメさせられることとなり、指を一本失ったのだ。
 それを切っ掛けに野心は怖気づき、バイオLAN端子を埋めてハッカーから足を洗ってしまった。
 今のナボリは彼女の家に居候する情けない身の上である。その家とて、高速道路の下にかろうじて立っている有様で、いつ崩壊するか分かったものではない。
 ついに愛する彼女にまで愛想を尽かされそうになったナボリは、上の階の住人スズキの誘いに乗り、再度ヤバイ仕事に乗り出す。

 彼女に殴られてもじっと耐え、美味しいものを食べた感想が「彼女にも食べさせてあげたい」だったりと、情けなくて見得っぱりだけれど良い人なナボリを待ち受ける試練に手に汗握るエピソード。
 最後の最後に幸運が舞い降りた……のだろうか。



Theme:ライトノベル | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!』感想:★★★☆☆

2013.07.24 Wed


ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!【ドラマCD付特装版】

ブラッドレー・ボンド フィリップ・N・モーゼズ
エンターブレイン 2013-06-29
売り上げランキング : 1368
by ヨメレバ


 第二部キョート殺伐都市の第一巻。
 通常版に加えて、ドラマCD付特装版も登場。後者の方が700円ほど高い。
 ドラマCD収録エピソードは「ラスト・ガール・スタンディング」、「メナス・オブ・ダークニンジャ」の2本。

 通常版・ドラマCD付特装版ともに、収録作品は同一。
・「ロンサム・パイン・アンド・ツー・ニンジャズ」
・「キックスタート・ア・ニュー・デイ」
・「マーメイド・フロム・ブラックウォーター」
・「リキシャー・ディセント・アルゴリズム」
・「オン・ジ・エッジ・オブ・ザ・ホイール・オブ・ブルータル・フェイト」
・「ソード・オブ・ザ・ビトレイヤー」
・「シー・ノー・イーヴル・ニンジャ」
・「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」


 最後の「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」を読むまで「ザイバツ強襲」を「ザイバツに強襲」だと思い込み、「一体いつ強襲するんだろう?」と首を傾げ続けていたのが私です。
 「ザイバツに強襲」ではなくて、「ザイバツが強襲」なのね。

 そのザイバツが強襲する相手は、ネオサイタマを支配していたソウカイヤ。
 ソウカイヤがニンジャスレイヤーの手により崩壊した今、キョート共和国を本拠地とするソウカイヤが、日本の首都ネオサイタマを手に入れるべく動き出したのだ。
 一方のニンジャスレイヤーは、ソウカイヤの首領ラオモト・カンを下したものの、彼の復讐は未だ決着を見てはいなかった。
 完全なる復讐を果たすために、ニンジャスレイヤーは新たなる敵ザイバツに立ち向かう。舞台はネオサイタマを飛び出し、キョートまでをも巻き込み、大きく広がっていく。



Theme:ライトノベル | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1』感想:★★★★☆

2013.07.11 Thu


ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1

ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ
エンターブレイン 2012-09-29
売り上げランキング : 1223
by ヨメレバ


 ニンジャスレイヤー、即ち「ニンジャを殺すもの」、の活躍を描いた短編集。
 原作は出版社と揉めた為に手作りの冊子を販売していたようだが、それもプリンターの故障でストップ(早く修理に出そうよ)し、いまや入手困難なレア物らしい。
 それをたまたま手に入れた日本人が入れ込み、原作者と契約を交わした上でtwitter上での翻訳を開始。それが話題を呼び、ついに日本で書籍として発売されるに至った。それがこの「ニンジャスレイヤー」シリーズ。
 現在は第二部の1巻目まで発売済み。漫画化企画もスタートしている。

 ただ媒体が本に変わっても、140文字との制限のあるtwitterで公開していたスタイルを引き摺っており、1ツイート毎に空白行が挿入されているのが若干気になる。
 まぁ「こういうもの」だと思ってしまえばそれまでなのだが、緊迫したシーンでも空白行が定期的に入っているのがちょっと嫌だ。間延びする。


 本書に収録された作品は以下。
 なんと最初の「ゼロ・トレラント・サンスイ」からいきなりあらすじが付いてくるという斬新な仕様になっているが、「こういうもの」です。
 原作が複数の雑誌に不定期連載されていた関係で、各話の時系列は前後しており、そんな原作に配慮して日本語版でも収録順はランダムにしたのだそうで。
 各話の時系列に思い悩んでみても良いし、サッパリ無視しても大丈夫。

・「ゼロ・トレラント・サンスイ」
・「べイン・オブ・サーペント」
・「ネオヤクザ・フォー・セール」
・「メナス・オブ・ダークニンジャ」
・「キルゾーン・スモトリ」
・「キックアウト・ザ・ニンジャ・マザーファッカー」
・「アポカリプス・インサイド・テインティッド・ソイル」
・「レイジ・アゲンスト・トーフ」
・「サプライズド・ドージョー」
・「ラスト・ガール・スタンディング」
・「フィスト・フィルド・ウィズ・リグレット・アンド・オハギ」
・「ボーン・イン・レッド・ブラック」(初翻訳)

 基本的にはtwitter上でなされた翻訳と同じだが、一部の作品は大幅な変更が成されているようだ。
 書籍化された今もtwitter上の翻訳は変わらず残っている上、現在は第三部を更新中。
 公式twitterアカウントは@NJSLYR、公式サイトは「NINJASLAYER」。



Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『殺人者の空(山野浩一傑作選・Ⅱ)』感想:★★☆☆☆

2012.03.03 Sat


殺人者の空 (山野浩一傑作選Ⅱ) (創元SF文庫)

山野 浩一 東京創元社 2011-10-28
売り上げランキング : 296530
by ヨメレバ


 二分冊で刊行された山野浩一傑作選の二冊目ながら、どうしてそうなった……としか言いようのない一冊。
 Ⅰはまだ作品群が好きになれない理由が比較的明確だったのに、今回はもうどうしていいやら。

 とりあえず収録作一覧。
 末尾に※印が付いているのは、単行本初収録作品。著者のあとがきを参照している。
・「メシメリ街道」
・「解放時間」(※)
・「闇に星々」
・「Tと失踪者たち」
・「φ(ファイ)」(※)
・「森の人々」(※)
・「殺人者の空」
・「内宇宙の銀河」(※)
・「ザ・クライム(The Crime)」


 物語が開始され、それが変速するまでは「おっ!」と感動の声を上げるほどに面白いのに、結末に至ると「そっかー」くらいしかもはや私に言葉が残されていない。
 展開が私の好みじゃないとか、そんな次元ではなく、もう本当に何でこうなった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |