RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』感想:★★★★☆

2014.12.24 Wed

言語が違えば、世界も違って見えるわけ
言語が違えば、世界も違って見えるわけガイ ドイッチャー 椋田 直子

インターシフト 2012-11-20
売り上げランキング : 56227


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 サクサク読めて面白いけれど、タイトルが示すほどに劇的な結論に到達するわけではない。
 まぁ確かに母国語が違うだけで世界が劇的に違って見えるのならば、世界の東西を越えた交流とか難易度半端ないことになってしまうものね。と、そんなわけで割と常識的な結着に落ち着くのが本書の良いところでもあり、ややガッカリするところでもある。


 ホメロスの描く世界には、色が極端に少ない。彼は空の青さを誉め称えることは一度もないし、海と羊は同じくすみれ色である。
 そう気が付いたのは、ホメロスの熱心な研究社であったグラッドストン。彼はその謎に頭を悩ませる。ホメロスほどの優秀な詩人が、色についてこんな不可解な表現を残しているのはどうしてなのか。
 最初の仮説は、ホメロスは色弱だったというもの。だがもしそうならばホメロスの色彩感覚は一般的な感性とはズレることとなり、彼に対する違和感が同世代人から発せられるはずだ。しかしそうはなっていない。
 ならば色弱なのは彼だけではなく、当時の人たち全員がそうだったのではないか。
 グラッドストンの大胆な仮説は、最初は歯牙にも掛けられなかった。だが時代が下ってから、彼の説は再度発見され、そしてダーウィンの提唱した進化説の流れに乗って主流へと浮かび上がる。


スポンサーサイト
Theme:オススメの本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『夢見る飛行船―イカロスからツェッペリンまで』感想:★★☆☆☆

2014.04.15 Tue


夢みる飛行船―イカロスからツェッペリンまで
夢みる飛行船―イカロスからツェッペリンまで天沼 春樹

時事通信社 2000-12
売り上げランキング : 1250148


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 『飛行船ものがたり』の改訂版と言った赴き。『飛行船ものがたり』では事実と虚構の記述の境目が分かりにくかったが、今回は若干改善されている。
 加えて『飛行船ものがたり』(1995年)から『夢見る飛行船』(2000年)の間に起こった飛行船絡みの情報が書き加えられ、更に作者のツェッペリンNT搭乗日記も加えられている。
 が、代わりに図版が随分と削られてしまっている。



 情報が加えられたと言っても今となっては古いものであるし、『飛行船ものがたり』と『夢見る飛行船』の両方を読む必要性は感じられない。
 飛行船の絵や図を色々と見たいのならば『飛行船ものがたり』を、そこまで拘りがないのならば『夢見る飛行船』で良さそうだ。
 飛行船の歴史と技術をざっくり知りたいのならば、作家は異なるが『飛行船の歴史と技術』の方が纏まっていて、オススメ。

 以下は本書『夢見る飛行船』を読んでいて気になったことを調べてみた記録。
1)ツェッペリン博物館について
2)雄飛饅頭なるものについて
3)高僧LTAプラットフォームについて
4)成層圏プラットフォームについて


Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

『飛行船の歴史と技術』感想:★★★★☆

2014.03.29 Sat


飛行船の歴史と技術 (交通ブックス 308)
飛行船の歴史と技術 (交通ブックス 308)牧野 光雄

成山堂書店 2010-08-08
売り上げランキング : 61363


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『飛行船ものがたり』で私が抱いた不満を全て解消してくれた、と言っても差し支えのない一冊。
 もはや栄光を過去に置き去ってきた飛行船に対する感傷はほぼ抑えられ、飛行船の歴史と各国が取り組んだ技術的な革新も描かれている。
 加えて飛行船の離着陸・操縦の方法、飛行船の構造などの技術的な面、更に物理の話も少し披露され、なんとも幅広い一冊となっている。


Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『飛行船ものがたり』感想:★★★☆☆

2014.03.25 Tue

飛行船ものがたり
飛行船ものがたり天沼 春樹

NTT出版 1995-04
売り上げランキング : 207997


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 飛行船に魅入られた作者による、飛行船に纏わる一冊。
 空気よりも軽い機体を袋に入れ、その浮遊力で飛ぼうという概念が生まれた。最初は暖かい空気を用いた熱気球、そして後には水素、下ってはヘリウムを用いた飛行船へと繋がって行く。
 科学の勃興と共に飛行船は見世物として、そして後には夢のある技術としてその命脈は繋がり、第一次世界大戦を経て洗練を増す。

 だが一度目の世界大戦で戦時に投入されるにはあまりに不安定要素が多いと判断された飛行船は、飛行船先進国ドイツではもはや商業路線でしか生き残る道を持たなかった。
 一時はグラーフ・ツェッペリン号の世界一周旅行により名声を得たものの、ドイツ―アメリカ定期便として着実に実績を積みかさねていたヒンデンブルク号の印象的すぎる爆発炎上事故により、夢は潰えた。
 未だ飛行船を所持していたアメリカ海軍も、ヒンデンブルク号の後、その二隻を解体しここに飛行船の歴史は幕を下ろす。


 ヒルデンブルク号の事故は、ヘリウムではなく水素を浮揚ガスとして用いていたことが原因とされている。
 ナチス政権下のドイツにアメリカがヘリウムの販売を許可しなかったがために、ヒルデンブルクは水素で飛び、何度も安定的に飛び続けていたにも関わらず、その日、炎上したのだった。
 人間の抱いた夢によって育まれ、戦争により洗練され、そして国家間の諍いにより燃え尽きた飛行船の過去と今を描く一冊。 


Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |