RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『夢見る飛行船―イカロスからツェッペリンまで』感想:★★☆☆☆

2014.04.15 Tue


夢みる飛行船―イカロスからツェッペリンまで
夢みる飛行船―イカロスからツェッペリンまで天沼 春樹

時事通信社 2000-12
売り上げランキング : 1250148


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 『飛行船ものがたり』の改訂版と言った赴き。『飛行船ものがたり』では事実と虚構の記述の境目が分かりにくかったが、今回は若干改善されている。
 加えて『飛行船ものがたり』(1995年)から『夢見る飛行船』(2000年)の間に起こった飛行船絡みの情報が書き加えられ、更に作者のツェッペリンNT搭乗日記も加えられている。
 が、代わりに図版が随分と削られてしまっている。



 情報が加えられたと言っても今となっては古いものであるし、『飛行船ものがたり』と『夢見る飛行船』の両方を読む必要性は感じられない。
 飛行船の絵や図を色々と見たいのならば『飛行船ものがたり』を、そこまで拘りがないのならば『夢見る飛行船』で良さそうだ。
 飛行船の歴史と技術をざっくり知りたいのならば、作家は異なるが『飛行船の歴史と技術』の方が纏まっていて、オススメ。

 以下は本書『夢見る飛行船』を読んでいて気になったことを調べてみた記録。
1)ツェッペリン博物館について
2)雄飛饅頭なるものについて
3)高僧LTAプラットフォームについて
4)成層圏プラットフォームについて


スポンサーサイト
Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

『飛行船ものがたり』感想:★★★☆☆

2014.03.25 Tue

飛行船ものがたり
飛行船ものがたり天沼 春樹

NTT出版 1995-04
売り上げランキング : 207997


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 飛行船に魅入られた作者による、飛行船に纏わる一冊。
 空気よりも軽い機体を袋に入れ、その浮遊力で飛ぼうという概念が生まれた。最初は暖かい空気を用いた熱気球、そして後には水素、下ってはヘリウムを用いた飛行船へと繋がって行く。
 科学の勃興と共に飛行船は見世物として、そして後には夢のある技術としてその命脈は繋がり、第一次世界大戦を経て洗練を増す。

 だが一度目の世界大戦で戦時に投入されるにはあまりに不安定要素が多いと判断された飛行船は、飛行船先進国ドイツではもはや商業路線でしか生き残る道を持たなかった。
 一時はグラーフ・ツェッペリン号の世界一周旅行により名声を得たものの、ドイツ―アメリカ定期便として着実に実績を積みかさねていたヒンデンブルク号の印象的すぎる爆発炎上事故により、夢は潰えた。
 未だ飛行船を所持していたアメリカ海軍も、ヒンデンブルク号の後、その二隻を解体しここに飛行船の歴史は幕を下ろす。


 ヒルデンブルク号の事故は、ヘリウムではなく水素を浮揚ガスとして用いていたことが原因とされている。
 ナチス政権下のドイツにアメリカがヘリウムの販売を許可しなかったがために、ヒルデンブルクは水素で飛び、何度も安定的に飛び続けていたにも関わらず、その日、炎上したのだった。
 人間の抱いた夢によって育まれ、戦争により洗練され、そして国家間の諍いにより燃え尽きた飛行船の過去と今を描く一冊。 


Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『馬車の文化史(講談社現代新書)』感想:★★☆☆☆

2014.03.24 Mon

馬車の文化史 (講談社現代新書)
馬車の文化史 (講談社現代新書)本城 靖久

講談社 1993-03
売り上げランキング : 511387


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『グランド・ツアー―良き時代の良き旅(中公新書)』の作者による一作。
 『グランド・ツアー』と同じく当時の人々の日記などから当時の現実を追体験しよう、との主旨の一冊。『グランド・ツアー』のテーマが「若きイギリス人たちのヨーロッパ一周修学旅行」だったのに対して、今回は「馬車の旅」。
 古代の馬車の成り立ちから馬車の最盛期となった近世を経て、鉄道や自動車にその優位性を譲った近代までをサックリと描いている。
 引用される日記の書き手は、パスカル、カサノヴァ、モーツァルト親子、マーク・トウェーンなど。


Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『馬車の歴史 古代&近代の馬車(うまはくブックレット No.3)』感想:★★★☆☆

2014.02.28 Fri


馬車の歴史 古代&近代の馬車 (うまはくブックレット(3))
馬車の歴史 古代&近代の馬車 (うまはくブックレット(3))川又 正智 末崎 真澄

神奈川新聞社 2000-12
売り上げランキング : 1184292


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ブックレットの名前の通り、薄い一冊。

 収録は以下。
・「古代中国の馬車」 川又正智
・「東西文明に見る馬車文化」 末崎真澄
・座談会 馬車を操縦する



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『和鏡の文化史 水鏡から魔鏡まで』感想:★★★☆☆

2013.04.07 Sun


和鏡の文化史―水鑑から魔鏡まで (刀水歴史全書)

青木 豊 刀水書房 1992-08
売り上げランキング : 494585
by ヨメレバ


 「和鏡」とある通り、日本に於ける鏡の変遷を追った一冊。
 考古学者仲間間でのちょっとした雑談から、柄鏡は面白いのではないかと盛り上がり、その中で最も熱心なコレクターであった作者が書き上げたのがこの本とのこと。

 鏡の製造法など根本的な部分には日本は関わっていないために、基本的には模倣とその発展の話に終始しており、その点からも全体的に軽く、面白いものとなっている。
 図や写真も多く、眺めているだけでも楽しい。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ガラスの技術史』感想:★★★★☆

2013.03.17 Sun


ガラスの技術史

黒川 高明 アグネ技術センター 2005-07
売り上げランキング : 646655
by ヨメレバ


 タイトル通りにガラス技術の発展について、ガラスが発見された時期から現代まで順を追って語った一冊。

 分析技術もなければ科学的な思考法をも欠いていた時代から既に、ガラス職人達は数多の経験に基づいてガラス技術を発展させて来た。
 彼らは政治的条件の変化により、今まで用いてきた原料の供給を奪われ、更には燃料の枯渇に苦しみながらも、様々な色や形、品質のガラスを産み出してきた。
 その発展のためには一体どれほどの失敗と、どれほど気の長い考察が繰り返されたのだろうかと創造するだけで目眩がしそうだ。
 だがその変化はやはり緩やかなものであり、科学が花開いた時代以降の飛躍的な変化は目を見張るものがある。

 本書ではそれを8章にわけてやや重複を含みながらも、基本的には時系列で語られている。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『鏡の文化史』感想:★★☆☆☆

2012.08.20 Mon


鏡の文化史 (りぶらりあ選書)

サビーヌ メルシオール=ボネ
法政大学出版局 2003-09
売り上げランキング : 676075
by ヨメレバ


 正直、感想がないのが感想。
 でもまぁ折角だし、ひねりだしてみましょうか……。
 とりあえず、とても読みにくかったことを記しておきたい。原著のせいなのか、翻訳のせいなのかは知らない。


 内容紹介によると「地位の象徴,貴族の贅沢品,女性の宝物,家具…として文明を映してきた鏡の発展史を豊富な資料から解き明かし,鏡をめぐる人々の感性と生活像を多彩に描き上げる。」とのことなのだが、「多彩」かと問われると、うーん?
 その点では『鏡の歴史』の方がずっと多彩なんじゃなかろうか。こちらは未だ50p程度までしか読み進めていないけれど、それでも視野の広さの差は歴然としている。


 本書で作者メルシオール=ボネが対象とするのは、西洋の鏡もしくはガラスに限られている。
 中心がフランスとなるのは、彼女がフランスの歴史家であることを考えれば、当然のこととは言える。その他の地域が殆ど出てこないのは予想外であったが。



Theme:感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ガラスの文明史』感想:★★★★☆

2012.07.08 Sun


ガラスの文明史

黒川 高明 春風社 2009-02
売り上げランキング : 785962
by ヨメレバ



 約五千年前に初めて作られて以来、人類と共にあった「ガラス」に関する歴史を描いた1冊。
 当初は宝石を模倣した色ガラスから始まったものの、その優れた特性から容器として、また芸術性のある贅沢品として発展し、現在でも窓ガラスを始めとして様々な分野で文明を支えているガラス。

 だがガラスの歴史は一筋縄ではいかない。
 新たな技術のパイオニアたちは自分たちの発見が盗まれることを恐れて、その秘密を文章またはそれに類似する方法で残すことはなかった。技術は人から人へとただ受け継がれ、故に戦争や政治的不安定により職人が離散した途端に失われてしまう。
 また技術が確立したところで、それを維持するには原料の安定的供給や商品の買い手、パトロンが必要なのである。
 燃料である木材の枯渇、環境への影響からの強制的な工場の移動、更には宗教的な、あるいは単純なる流行の変化からの資金繰りの悪化等の変化に晒され、ガラスを巡る環境は移り変わっていく。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『女の皮膚の下―十八世紀のある医師とその患者たち』感想:★★★★★

2011.11.24 Thu

女の皮膚の下―十八世紀のある医師とその患者たち

バーバラ ドゥーデン 藤原書店 2001-11
売り上げランキング : 788076
by ヨメレバ


 皮膚とは何かと問われれば、それは外界と「私」とを分け隔てる決定的な境界線であり絶対的な防護壁だ、と私は答える。
 なんらかの障害物により外界から隔てられた内世界の確保は生物の絶対的条件の一つであり、さらにその内世界に一定の恒常性(ホメオスタシス)を有し、自力でDNAを複製する能力を有するものを「生物」と呼ぶことになっている。
 DNAの複製能力が生物に必須の条件であるかについては、私は正直疑問である。この定義だとウイルスは生物とは呼べないこととなるが、DNAないしRNAを利用する以上、生物の枠組みに入れてやりたい気もする。そもそもこの、DNAと遺伝の関連が発見されたのはまだ比較的近年のことでもあるし、定義が確定しないのも当然かと思われる。
 だが外界と己の境界線(人間にとっては皮膚)の保持に関しては、絶対的で恒常的な、現代だけではなくもっと昔から変わらぬ当然の認識だと、私は本書を読むまで信じていたのだ。何の確証もないのに。いや、確証など必要としないほどに自明のことだと思っていたのだ。
 私にとって皮膚は、「恐ろしい」外界から私の中身を守ってくれる素晴らしい守護者であり、「私」という物理的な存在の揺らぐ余地のない外枠でもあった。
 皮膚が破れて中身がこぼれ落ちることが恐怖ならば、皮膚が開かれ外部から何かが侵入するのもまた恐怖である。
 だが一体いつから外部は「恐ろしい」存在になったのだろうか。そもそもそれは何故、恐ろしいのだろうか。
 私が想像するのは、空気中に漂う目に見えないウイルスや細菌たちである。だが彼らが発見されたのはそう過去のことではなく、それ以前は空気中には彼らは「存在しなかった」のである。認識されない存在は、存在しないのと同義なのだから。


 本書でドゥーデンが取り上げたのは、サブタイトルが示すように十八世紀をドイツはアイゼナッハとゴータで生きた内科医であるシュトルヒが記した、彼が後輩の内科医のためにと出版した書物である。シュトルヒは彼の住まう街とその周辺の患者を診たが、本書の対象となったのは女性患者たちの治療である。
 未だウイルスも細菌も発見されていない当時に於いては、外部は恐ろしい存在ではなく、皮膚もまた絶対的な守護者ではない。それどころか、皮膚は外部と「私」を隔てる障害物ですらないのである。



Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

『宮廷社会』感想:★★★★☆

2011.09.15 Thu
宮廷社会 (叢書・ウニベルシタス)
宮廷社会 (叢書・ウニベルシタス)ノルベルト・エリアス 波田 節夫

法政大学出版局 1981-01
売り上げランキング : 542281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これまた過去に書いた感想文をサルベージ。
 やたらと長い時間を掛けて読み終えた記憶のある『宮廷社会』は叢書・ウニベルシタスの中の1冊。著者はノルベルト・エリアス。
 エリアスならば『文明化の過程』の方が圧倒的に有名だが、私は未読。
 確か高校生の時に一部を英語の授業で読まされ、「一文がクソ長いとか見知らぬ単語だらけだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」な気分になったことをうっすらと覚えているような。日本語で読んでも理解出来ないに違いないものを何故英語で読まされているんだと心の底から謎だったっけなぁ。ああ、英語嫌いだ。


 この『宮廷社会』は1930年代前半にエリアスが書いた大学教授資格論文に序章と補遺を付け加えて1969年に出版した"Die höfische Gesellschaft.: Untersuchungen zur Soziologie des Königtums und der höfischen Aristokratie. Mit einer Einleitung: Soziologie und Geschichtswissenschaft "を翻訳したもの。英語版wikipediaによると英語翻訳版が出版されたのは1983年とあるので、日本語版の方が早く出たことになる。
 またしても英語版wikipediaのエリアスの項目によると、彼の代名詞である『文明化の過程』の原著"Über den Prozess der Zivilisation"は1939年に出版されている。つまり『宮廷社会』の執筆自体は『文明化の過程』に先駆けて行われたのであろう。


 以下、折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |