RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『森は生きている』感想★★★★☆

2015.08.11 Tue


森は生きている (岩波少年文庫)
森は生きている (岩波少年文庫)サムイル マルシャーク Samuil Marshak

岩波書店 2000-11-17
売り上げランキング : 74321


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルだけを見ると、環境問題を扱った作品かのように思えるが、これは『シンデレラ』に代表される継子イジメ物語のロシア版。
 なお原題は"Двенадцать Месяцев"、直訳すると『12か月』。これはこれで『クレヨン王国十二か月の旅』を連想する……のは私だけだろうか。
 人形劇のために書かれたので、物語は戯曲形式を取っている。そんな訳もあり、登場人物に名前はない。


 主人公である「ままむすめ」には、継子イジメ物語にはお約束ながら、継母と義理の姉が。そして二人の性格は悪い。
 しかしこの物語には、性格の悪い人物がもう一人。それはこの国の女王様。早くに両親を亡くし、ままむすめとそう歳の変わらぬ子供ながら、この国の君主となった。両親の悪いところばかりを受け継いだと作中で噂される彼女だが、しかし教えを垂れてくれる教師はいない。

 大晦日の寒い日、ままむすめは薪を取りに森へと行かされる。そこで見たのはリスとウサギの会話。
 思わず笑う娘に話しかけたのは、女王のための新年のモミの木を手に入れよと命令された老兵士。彼は言う、大晦日にはどんな不思議なことだって起こるのだと。老兵士は彼女に、彼のおじいさんのおじいさんのおじいさんが大晦日に12の月の全て、つまり1月2月3月…、と出会ったとことがあると教える。

 兵士に手伝ってもらいようやく薪を集め終えたままむすめは家へと帰るが、そこで待っていたのは意地悪な義理の家族だけではなかった。なんと我が侭女王による我が侭なお触れが出ていたのだ。
 なんの気の迷いか、女王は新年の祝いの席にはマツユキソウ(スノードロップ)がなくてはならぬと言う。この地では4月にしか咲かぬ花だ。目的の花を持ってきた者には褒美をやるとのお触れを出したものだから、さぁ大変。欲深い継母と姉は、早速ままむすめを再び森へと追い立てるのでありました。
 ままむすめに言い渡される、「マツユキソウを見付けるまで帰ってくるな」との残酷な命令。渡された籠は、失っても惜しくないボロなのだから、意地悪もここに極まれりである。
 己の死を覚悟しつつ夜の森へと踏み出す、哀れなままむすめ。しかし今日は大晦日。どんな不思議だって起こりえる日なのだ。




スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ロシア・ソビエト文学全集4 死せる魂 外套 鼻 検察官』感想:★★★★☆

2013.09.24 Tue


ロシア・ソビエト文学全集〈第4〉ゴーゴリ (1964年)ロシア・ソビエト文学全集〈第4〉ゴーゴリ (1964年)

平凡社 1964
売り上げランキング : 1414877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 収録作品は全てゴーゴリ作。翻訳者はそれぞれ以下。
・「死せる魂」 中村融・訳
・「外套」 岩上順一・訳
・「鼻」 横田瑞穂・訳
・「検察官」 米川正夫・訳


 ユダヤ人とドイツ人の扱いに差別と偏見感が満載だった同じくゴーゴリの作品を集めた『ロシア・ソビエト文学全集5』に比べて、今回はその手の話題がほぼなく、心安らかに読める一冊。
 一方で、『ロシア・ソビエト文学全集5』ではロシアの土の匂いすら漂ってきそうなほどに濃厚に描かれていた土着の発想がこの『4』では薄く、良くも悪くもお上品に。『5』ではあれだけ跋扈したコサックも、悪魔も、登場しない。
 どちらが良いかは個人の趣味になるが、世間一般ではこちらの方が反応は宜しそうである。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『近代劇全集 29 露西亜篇』感想:★★★★★

2013.05.02 Thu




 図書館本。例によって書影が見つからない。
 ここ一ヶ月はこの手の、書影の見つからない本が多くなると思われます。ソログープの翻訳作品を探す旅に出ましたので……。

 ただこうやって書庫の奥から発掘する本が意外と面白くて、眠らせておくには勿体ないなぁと。
 大正から昭和初期あたりの日本の世相を反映して、この時代に産み出された本はどれも成長期といった面持ちで若々しく、そして何故か著者の欄に翻訳者の名前が書かれていたりと稚拙さも見られて、微笑ましい。いや笑えないのもあるけどさ。

 いつか今生まれた本も書庫の深くに追いやられる日が来るのだろうが、それを取り上げる未来の人は何を思うのやら。


 この露西亜篇に収録されている「近代劇」は5作品。翻訳は昇曙夢による。
・「人の一生」 レオニード・アンドレーエフ
・「我等が生活の日」 レオニード・アンドレーエフ
・「毆られる彼奴」 レオニード・アンドレーエフ
・「死の勝利」 フヨードル・ソログーブ
・「森の祕密」(別の題「畫家の夢」) エウゲニイ・チリコフ



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『フォースタス博士の悲話』感想:★★★☆☆

2013.03.10 Sun




 インターネット上で得られる情報が少なすぎて、いつものように記事トップに書影も情報も引っ張って来られなかった。
 補足のために書いておくと、これは愛育社の叢刊海外文學からの1冊、『フォースタス博士の悲話』。
 著者はマーロウ、翻訳者は細川泉二郞、発行は昭和二十三年(表記は「廿三」年)。
 書影その他は過去に紹介しているので割愛。

 ゲーテ以前のファウストであり、またゲーテのファウスト像に影響を与えたドイツの人形劇に多大な影響を与えた戯曲。
 言うなればゲーテ版ファウストのお祖父さんとでも言えばいいのか。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『フィガロの結婚』感想:★★★★★

2013.02.19 Tue


フィガロの結婚 (岩波文庫 (32-522-1))

ボオマルシェエ 岩波書店 1976-01
売り上げランキング : 255612
by ヨメレバ


 アルマヴィヴァ伯爵(アルマビーバ伯爵)がフィガロの手助けによりロジーヌと結ばれた『セビーリャの理髪師』から3年後、伯爵はまたぞろ恋の病気を再発し、あちらこちらに手を出すのに忙しい。
 可愛らしい娘だったロジーヌは立派な伯爵夫人になったものの、夫の浮気性とそのくせ強い嫉妬心に悩まされていた。

 前作で伯爵のために大立ち回りを演じたフィガロは家来に取り立てられており、今や自身の結婚の準備をしていた。お相手は伯爵夫人の侍女であるシュザンヌ。
 だが女に目のない伯爵がシュザンヌを狙っているから、さぁ大変。
 更には老女マルスリイヌがかつてフィガロと交わした「借金を返せない場合には結婚します」との契約書をもってフィガロに結婚を迫り、加えて『セビーリャの理髪師』でフィガロに一杯食わされた医師バルトロと音楽教師バジル(バジール)がかつての敵である伯爵と手を組んでまでマルスリイヌを焚き付ける!
 しかもなんとなんと伯爵は、かつてロジーヌのために廃止した初夜の貢を復活させようとしていた。その特権をつかってシュザンヌと楽しもうとほくそ笑んでいるのだ。

 対するフィガロは機転の利くシュザンヌと、伯爵夫人を味方に付けてこの困難に立ち向かう。
 果たしてフィガロは無事にシュザンヌと結婚式を挙げることが出来るのか。そして伯爵夫人はこのワガママな夫に一撃をお見舞いすることが出来るだろうか。
 物語の顛末は、読んでのお楽しみ。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『セビーリャの理髪師』感想:★★★☆☆

2013.01.22 Tue


セビーリャの理髪師 (岩波文庫)

ボーマルシェ 岩波書店 2008-07-16
売り上げランキング : 237214
by ヨメレバ


だが、嘘偽りのないところを申しましょうか、先生、若さと恋心が力を合わせて老人を騙しにかかれば、それを防ごうとして老人が何をしようと、そいつは「無駄な用心」と呼ぶにぴったりなんですよ。(p.143-144)


 ボーマルシェが描く、恋の喜劇。そして、人生の喜劇。

 スペインの大貴族で遊び人のアルマビーバ伯爵は、ある日可愛らしい女性を見、一目で恋に落ちた。
 伯爵は必死の思いで愛しい人の正体を探し歩き、ようやく彼女の居場所を探し出した。
 彼女の名前はロジーヌ。とある貴族の家に生まれたものの今は孤児であること、また後見人である医者バルトロに軟禁されるようにして暮らしていることを知った。
 更にはなんと、バルトロがロジーヌとの結婚を目論んでいることをも知った伯爵は、彼女を不幸な結婚から救おうと奮発する。
 けれどもバルトロとて、ただでロジーヌをくれてやる気は無い。
 ロジーヌを探し歩いていたアルマビーバ伯爵が同じ街にいるとの情報を得たバルトロは疑心暗鬼に陥り、小悪党バジールを仲間にし、一刻も早く結婚にこぎ着けるべく自分の計画を進める。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『夏の夜の夢・あらし』感想:★★★★★

2012.12.27 Thu


夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)

シェイクスピア 新潮社 1971-08-03
売り上げランキング : 13158
by ヨメレバ


 「夏の夜の夢」(もしくは「真夏の夜の夢」とも)と、「あらし」(「テンペスト」の方が通りが良いか?)の2作品を収めた1冊。
 そのどちらにも人間の英知の及ばぬより大きな存在の気配が満ち、人間の限界を認めると共にそれ故のおおらかさをも有する、豊穣でしなやかな世界が広がっている。
 その淡く切なく不格好に美しい古き良き世界は、極端と奇異を良しとする私にとっては否定したくて堪らない存在ではあるのだが、それでも作者の豊かな手腕を認めないのは、それはそれで醜悪だ。
 個人的な葛藤は後に回すとして、以下2作品のあらすじ。


 「夏の夜の夢」で舞台となるのは、アセンズ(アテネ)の地。
 アセンズの大公シーシアスは、アマゾン族の女王であるヒポリタとの婚礼を目前に控えていた。
 そんな中、アセンズに住まうイジアスは娘のハーミアをデメトリアスと結婚させようとしていた。その話にハーミアを愛するデメトリアスは大いに乗り気であるが、しかし何とハーミアはライサンダーを愛していると、それもライサンダーも自分を愛してくれている、つまりは両思いなのだと言い出す。
 父親の意に背く結婚はアセンズの法律違反。自分たちの気持ちを貫き通すために、ハーミアとライサンダーは駆け落ちを決意する。その前準備として、アセンズの近くの森へ逃げ出すことに。
 しかし彼らの計画を知ったハーミアの友人でありデメトリアスに恋するヘレナは、それをデメトリアスに教えてしまうのだった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『オセロー(新潮文庫)』感想:★★☆☆☆

2012.12.07 Fri


オセロー (新潮文庫)

シェイクスピア 新潮社 1973-06
売り上げランキング : 32966
by ヨメレバ



 METライビビューイングの『オテロ』を観に行く前に予習がてら読んだのが、オペラの原作シェイクスピアのこの『オセロー』。
 けれど悲劇としての出来映えならば、原作よりもオペラの方が良い。
 それは偏に原作『オセロー』では、悲劇のヒロインとなり愛する夫の手で殺される無垢なる妻デスデモーナと、唆されて嫉妬に狂い妻を殺す悲劇の主人公オセローの結婚そのものに既に「罪」が含まれているからだ。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『マンフレッド』感想:★★★☆☆

2012.07.16 Mon


マンフレッド (岩波文庫)

バイロン 岩波書店 1960-03-05
売り上げランキング : 600848
by ヨメレバ



 十六世紀を生き、その奇怪な人生と強烈な死に様で、後に長く語られることとなったファウスト博士。
 彼の生と死に関しては数多の噂が囁かれ、事実には立派な尾ひれが付き、そしていつしか彼は物語へと姿を変える。
 民衆本や人形劇として愛され、その中で何度も何度も地獄に叩きつけられ続けた彼の魂が初めて救済されるのには、十八世紀の啓蒙の時代を迎えなくてはならない。

 ファウストが地獄行きになる切っ掛けは、神のみの持ち物である「知恵」を欲したからである。そしてそのために、メフィストフェレスに己の魂を売り飛ばし、結果、神の赦しを信じることが出来なくなり破滅する。
 神の有する知恵の実に手を伸ばしたこと自体が主たる理由ではない。メフィストフェレスとの契約も然り。ただただ彼は、自分の信仰を失ったが故にメフィストフェレスに喰われるのだと、マーロウと民衆本は言う。己の自重に潰されたのだ。
 だからこそ、ゲーテのファウストは最終的に救済されるのだろう。彼とメフィストフェレスとの契約には時間の規定はない。他のファウストとは違い、彼は減りゆく己の命に震えることも、迫り来る約束の期日に怯えることもない。
 恐怖がなければ、心の揺らぎも少ない。絶望して神を呪うことも、恐れに神に再度縋り付こうとし、そんな見苦しい己に失望することもない。よってゲーテのファウスト於いては、メフィストフェレスとの賭けのみが焦点となる。


 ゲーテ以外の手によるファウストたちは、知恵という禁断の実に手を伸ばした己の罪深さによって自滅するのである。メフィストフェレスはその隙間に入り込んだに過ぎない。
 だがゲーテ以外のファウストたちはメフィストフェレスに残忍に殺されてしまうのだ。己が原因で破滅するのに、その処理を悪魔にさせるのである。
 キリスト世界にあっては自殺は重大なるタブーであることを考えれば、自殺するにも他者が必要なのだろう。だからこそメフィストフェレスが、期日の日に彼の前に現れては彼を惨殺する。
 切り裂かれた死体は、神を信じられなくなった悪人には最も相応しい最期の姿であろう。


 ファウストにとって神の持つ知恵の実に手を伸ばす手段も、最後の自死の方法としても、己の力ではなくメフィストフェレスという他者を用いる。
 つまりは最も汚い部分は悪魔に、という訳だ。
 だがそれは、決して褒められる態度ではない。悪魔が生まれた所以の一つは、人間の手で行うにはあまりにも酷い所業を押しつけるためなのだろうが、けれどそれは潔くはない。
 最も見にくい部分をも自分一人で引き受け、そして自重に押しつぶされて一人で死に往く一人完結型のファウストこそが、本書の主人公マンフレッドなのである。

 ……前振りが壮絶に長かったな。続きは折りたたみから。一応書いておくと、ネタバレ注意。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ファウスト 第一部・第二部(集英社文庫ヘリテージシリーズ)』感想:★★★★★

2012.05.30 Wed


ゲーテ 集英社 2004-05-20
売り上げランキング : 6188
by ヨメレバ


 中公文庫の手塚富雄翻訳の第一部に続いて、池内紀翻訳の第一部・第二部読了。こちらは第二部もまだ流通に乗っているので、新本で買える。
 韻文で書かれたゲーテの作品『ファウスト』を、日本語の響きに配慮して翻訳した手塚富雄訳に対して、池内紀訳は分かりやすさを重視した散文形式となっている。
 分かりやすければ良いかと問われれば、必ずしもそんなことはないと答えるが、キリスト以前の神話が乱舞する第二部を韻文で読むと意味不明に陥りそうなので、最初に読んだのが散文だったのは幸運かもしれない。
 ただ第一部の翻訳を比べてみれば、個人的には手塚訳に軍配を上げる。池内訳では場面場面の語り口の違いがよく分からない。



 知識の探求に明け暮れ、結果、大先生と慕われるようにまでになったファウストだが、当の本人は全く満足などしてはいなかった。

この世をもっとも奥の奥で動かしているものは何か、それが知りたい。(p.32, 第一部)

 全てを知りたいとの大きすぎる野望と、それを果たすことの出来ない己の限界とに疲れたファウストの前に、悪魔メフィストフェレスが現れる。
 メフィストフェレスはファウストをサイコロとして、神と賭けをしたのだった。ファウストの魂を手に入れた方が勝ちだ。
 そんなことなど当然知らぬファウストは、メフィストフェレスと契約を交わす。
 そして知識の探求など投げ捨てて、人間に備わったもう一つの能力、愛、を欲したファウストが出会うこととなるのは、マルガレーテ、愛称グレートヒェン。
 そうして彼女の悲劇が幕を開ける。
そのわたしが、いまは罪を犯している。でも――そうなるまでの道筋は、とてもよかった、うれしかった。(p.228, 第一部)


すべて生じてくるものは、当然のことながら滅びていく。だからして生じてこないのが、なおのこといい。(p.79, 第一部)


 さりとて、生じてしまったものを「なかったこと」にすることは出来ない。それはメフィストフェレスにも覆すことは不可能だ。
 幸福だった娘グレートヒェンを悲運に突き落としたファウストは、それでも生きていかなければならないのだ。



Theme:紹介したい本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |