RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『太陽の塔』感想:★★☆☆☆

2011.11.25 Fri

太陽の塔 (新潮文庫)

森見 登美彦 新潮社 2006-05
売り上げランキング : 3338
by ヨメレバ


 ないようがないよう。

 太陽の塔、それは謎めいたな構造物である。それが立つ万博公園には子供の頃何度も行っており、塔は私に身近な存在のはずであった。
 だが、ある日。珍しく大阪モノレールに揺られていた私は、晴れた日中の心地よい微睡みから目覚めた。ふと顔を上げたのは万博記念公園駅でのこと。
 そこで私は目が合った。太陽の塔と。正確には、太陽の塔の複数ある顔の一つと、目が合った。太陽の塔の金色の顔は、故意になのだろうか、モノレールと同じ高さなのである。なのでバッチリ目を合わせることが可能となっている。
 うたた寝から目覚めて直後に受けたその衝撃は、言葉に表しにくい。私は何かを叫ばなくてはならない衝動に駆られたが、「気持ち悪い!」では太陽の塔が確かに有する何らかの偉大さを表現出来ず、「凄い!」ではこの気味の悪さを排除することとなり、「意味分からん!」ではこの構造物が持つ奇妙な親近感を追い出すことになる。
 すっかり深い悩みの中に落ち込み、何を叫ぶべきなのか分からずに口を半開きにした私を乗せて、モノレールは万博記念公園駅を出発した。
 青い空、すぐそこで煌めく太陽の塔の金色の顔。あの光景を私はきっと忘れないだろう。
 後に「モノレール乗ってたら太陽の塔と目が合った」と知人に語ったところ、彼女は「前に見た時はライトアップされてたよ」との恐ろしい情報をくれた。夜空に浮かび上がる光る金色の顔。泣く。私はきっと泣く。
 ……私は兎も角として、子供の心に深い傷を残しそうな気がするのだが、大丈夫か。


 とまぁ、太陽の塔は奇妙奇天烈で理解不能なクセに、妙に馴れ馴れしい顔をして私の記憶に座を占めている。だが、そんな強烈な構造物の固有名を冠した本書は、私にとって「ないようがないよう」状態である。



スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ラブ・ケミストリー』感想:★★☆☆☆

2011.06.15 Wed
ラブ・ケミストリー
ラブ・ケミストリー喜多 喜久

宝島社 2011-03-04
売り上げランキング : 63368


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作。
 とは言え、ミステリー成分は皆無。少なくとも私には嗅ぎ取れず。
 ミステリーだと思って読んだせいで、肩透かし喰らわされた気分。これはジャンル的にはラブコメディーに分類されるんじゃないのかな。それも「ラブコメだから何でもありですよ!」くらいのノリで読まないと駄目なレベル。
 ま、そのノリで読むには値段が高いけれども……。


 一人称で展開される本書の語り手は二人。
 片方は「僕」。主人公でもある東京大学の院生・藤村桂一郎。絵に描いたような化学馬鹿。しかし単に化学に憑かれただけの馬鹿ではない。彼はなんと、物質の構造式を見るだけでその合成経路を閃くことが出来るという、超絶能力の持ち主なのだ。例え対象が複雑怪奇でドデカイ構造を持とうとも、藤村の能力を阻害は出来ない。どんな構造式であろうとも、それを一目見れば彼の脳内には合成経路が浮かび上がってくるのだ。合成系じゃない人には分かりにくいことこの上ない彼の能力だが、それは紛れもなく神が与えたたもうた奇跡。
 ……ここで思わず、一応は合成系だった私は「ねーよw」と草生やしながら裏手で突っ込み入れてしまいましたよ。なんだそれ。どんなチートだよ。フィクションだと分かっていても、それでも羨ましい通り越してムカつくわー。
 ああ、ご心配なく、作者の懇切丁寧な説明がなされているので、誰が読んでも「意味がサッパリ分かりません」状態にはならないことは保障します。
 この彼の「素晴らしいにも程度があるっつーの」な能力を持ってすれば、今まで誰にも合成出来なかった天然物の合成経路を発見し放題で、論文も書き放題。論文の数は科学者の能力を示す指数なのだから、つまり、科学者としての彼の未来はどこまでも輝いていたのです。そう、その運命の日までは。
 その日、指導教官の雇った美人秘書を紹介された彼は、一瞬にして一方的な恋に落ちる。そしてその瞬間から、彼の能力は失われてしまったのだった。

 語り手のもう片方は「私」。彼女が語り手となるのは各章に挿入された短いダイアローグだけ。
 彼女は死を間近に控えた身であった。その惨い運命を告げるために現われたのは、カロンと名乗る黒服の美女。カロンは、死者がこの世に強いを残すことのないように、死の迫った人間の望みを叶えてやるのが仕事だと言う。
 「私」の願いはだた一つ。奇跡の能力を藤村に取り戻させてあげたい。
 その願いを聞いたカロンは意味深長に微笑みながらも、彼女の望みを叶えるべく、彼に近づくのであった。


 ってのがあらすじ。あらすじって割には長かったけど。
 長いついでに以下は折りたたみ。


Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |