RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『殺人者の顔』感想:★★★★☆

2015.08.29 Sat

殺人者の顔 (創元推理文庫)
殺人者の顔 (創元推理文庫)ヘニング マンケル Henning Mankel

東京創元社 2001-01
売り上げランキング : 59881


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 日常。常なる日々。だがそんなのは、まやかしだ。変わりの無い日々は、突然に変わる。
 平凡な家族だと思っていたのに、娘は十五の時に突如自殺を図った。田舎にはどこにでもいる貧しい農夫の隣人は、突如惨たらしく殺された。


 スウェーデンの片田舎イースタ署に務める刑事、クルト・ヴァランダーの人生は狂ってしまった。平凡だけれどもそれなりに幸せな家庭を築けていると思っていたのに、十五歳になった娘リンダは自殺を図った。その理由は、今でも分からないままだ。
 それからリンダとの関係はこじれてしまった。彼女は家を出て行方もよく分からない。たまにヴァランダーに寄越す電話だけが彼と娘とを繋いでいる。
 妻のモナは家を出た。ヴァランダーといると自分の人生が駄目になると言う。ヴァランダーには分からない。
 ヴァランダーに分かるのは、自分は孤独だということだけだ。そんな彼に追い打ちを掛けるように、老夫婦の惨殺事件が起こる。
 第一発見者である隣人が言うには、彼らはこの田舎ではありきたりな貧しい農民夫婦だったと言う。だが彼らの殺され方は「ありきたり」とは言えない。妙だ。
 虫の息の妻が残した最後の言葉は「外国の」。外国人排斥運動が吹き荒れるスウェーデンでは、その言葉は致命的になり得た。この惨たらしい事件の犯人が外国人だなどと知られれば、その報復に国内で保護されている亡命者が襲撃されるのは必須であった。

 ヴァランダーたちはこの情報を秘匿することを決めるが、しかし情報は漏れてしまった。署内に裏切り者がいるのだ。
 そして彼の危惧した通り、外国人を襲撃するとの予告がもたらされる。何の罪もない亡命者たちを守るため、何の罪もない老人を殺した犯人を捕まえるため、ヴァランダーは精神的にも肉体的にもボロボロになりながらも事件を追う。

ヴァランダーは理解しようと努めた。しかし、結局最後には、さんざん考えてきたことに戻るのだった。いま自分がいるのは新しい世界なのだ。そのことがいままではよくわからなかった。警官としての自分は、ほかの、もっと古い世界に生きている。どうしたらこの新しい世界についていけるのだろう。世の中の大きな変化、それもとんでもない速さで変わる世の中に、自分は不安を抱いている。その不安を、どうしたらいいのだ?(p.349)



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『モルグ街の殺人・黄金虫 ポー短編集Ⅱミステリ編』感想:★★★☆☆

2012.10.19 Fri


モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)

エドガー・アラン ポー 新潮社 2009-04-25
売り上げランキング : 19102
by ヨメレバ



 文字が妙に大きくて読みにくい……のは、この本の前に読んでいたのが昔の岩波文庫だからそう感じるのも仕方が無いとして、翻訳された文章が妙に引っ掛かり何度も途中で躓いてしまった。
 ポーの翻訳物でここまで「ううん?」と思わされたことってないのだけれど、一体何が違うのだろう。と言うか、私だけ?


 新潮文庫のポー短編集Ⅱは「ミステリ編」と題して、6作品を収録。
・「モルグ街の殺人」
・「盗まれた手紙」
・「群衆の人」
・「おまえが犯人だ」
・「ホップフロッグ」
・「黄金虫」


 この短編集で気になったのは、「語り手」。
 どの作品も全て三人称ではなく、作中の一人が語り手となり彼の視点から物語は綴られていく。けれども彼はあくまでも「語り手」であり、物語の主人公ではない。
 語り手は作品によっては結局誰なのかすら分からないままに終わることすらある。ワトソン役を通り越して、黒子役に近い。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『マンク』感想:★★★★★

2012.07.01 Sun


世界幻想文学大系 第2巻 A マンク 上

井上一夫,マシュ-・グレゴリ・ルイス
国書刊行会 1985-08
by ヨメレバ


 読んだのは、国書刊行会から出された世界幻想文学大系のもの。
 ただし出版は上のデータと異なり、1976年3月。



 舞台となるのは、中世スペインはマドリッド。当地に建つカプチン教会は人間の熱気で充ちていた。
 そう宗教熱心とは言えないはずの人々がここまで多く集っているのは、ひとえにカプチン教会の若き僧院長であるアンブロシオの人気故なのだった。
 彼は未だ物心もつかぬ赤ん坊の頃にカプチン教会の前に捨てられ、その後は修道院の中で育てられ、今や院長にまで上り詰めていた。
 修道院の世界しか知らぬ彼は、徳の厚さと信仰心の確かさで知られ、その説教には説得力があり、更には見目も麗しく、マドリッド中の尊敬と崇拝の的となっているのだ。

 そんな彼の修道院に、二人の女が入ってきた。未だ己の美しさすら知らぬ純潔なる娘アントニアと、その叔母だ。
 アントニアは彼女の両親の望まれぬ結婚の末に、今や親族中から縁を切られ、貴族の娘の身分ながらそれに見合う扱いを受けられずにいた。
 そんな現状を打破し、少しでも生活を助けて貰うため、アントニアの父の弟にして現在のシステルナス侯爵を訪ねるためにマドリッドに出てきたのだ。

 アントニアは初めて聞くアンブロシオの説教に心を振るわせる。そしてそんな彼女に、マドリッドの有力貴族であるロレンゾは心を奪われ、システルナス侯爵と面識のある彼は、アントニアのために力を貸すことを約束するのだった。
 その一方で、ロレンゾの妹で、今はカプチン教会の隣にある聖クラレの尼僧院に入っているアグネスと、システルナス侯爵の間にも恋の炎が燃え立っていたのであった。
 こうして、ロレンゾとアントニア、システルナス侯爵とアグネスの二組の恋の物語が始まる。



Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『十蘭錬金術』感想:★★★☆☆

2012.06.24 Sun


十蘭錬金術 (河出文庫)

久生 十蘭 河出書房新社 2012-06-05
売り上げランキング : 117368
by ヨメレバ


 河出文庫から1年に数冊出ている久生十蘭の短編集のうち、今の所最も新しいのが本書。こちらは新字新仮名。
 時折()の中で行われる補足じみたものは、河出文庫から出すにあたって誰かが加えたものなのかどうかが分からない。
 特に断り書きがないところを見ると元からあったもののように思えるが、けれど、こんな補足を作者がするものだろうか。
 国書刊行会からも久生十蘭の全集が現在刊行途中だが、こちらは旧字旧仮名のままらしい。


 本書に収録されている作品は以下。
・「彼を殺したが……」
・「犂氏の友情」
・「勝負」
・「プランス事件」
・「悪の花束」
・「海と人間の戦い」
・「南極記」
・「爆風」
・公用方秘録二件
 「犬 (法朗西御使節モーズ候一件)」
 「鷲 (唐太モイガ御番屋一件)」
・「不滅の花」

 全ては実際に起った事件を題材にしたもの。それ故に「錬金術」とのタイトルが付いているようだ。
 感想は折りたたみ。




Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『魔女の死んだ家』感想:★★☆☆☆

2012.04.12 Thu


篠田 真由美 講談社 2003-10-26
売り上げランキング : 418430
by ヨメレバ


 珍しく、図書館本。
 これは「ミステリーランド」シリーズの1冊でして、そのコンセプトは「かつて子どもだったあなたと少年少女にための」ミステリーを提供することなんだそうな。
 つまりは子ども向けでありながら大人が読んでも楽しめる物語なんて、結構難しいことに挑戦しているシリーズらしい。 


 本作のストーリーを説明するならば、未だに大正時代の空気を漂わせる洋館に住む美しい女の死の謎についてが主題。
 この洋館に君臨する彼女は白い肌と黒い髪に切れ長の瞳の絶世の美女であり、その館には彼女の信奉者の男たちが集う。
 だが、魔女とも天使とも女王とも称される彼女は、ある日死んだ。
 場所は洋館の中の一つの密室。その中には死してもなお美しい彼女と、泥酔したかつての婚約者の男、そして十九世紀の拳銃だった。
 この状況から元婚約者の男が犯人とされ、警察的には一件落着で事件は終わってしまうのだが、彼が彼女を殺す動機が無いことなどから、関係者には彼の犯行だとは考えられなかった。
 そうなると当然出てくる疑問は「彼女を殺したのは誰なのか?」の一点である。
 この謎を追って、読者は全三部から成る物語を読み進めることになる。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

『白衣の女』感想:★★★★☆

2011.07.19 Tue
白衣の女 (上) (岩波文庫)
白衣の女 (上) (岩波文庫)ウィルキー・コリンズ 中島 賢二

岩波書店 1996-03-18
売り上げランキング : 25814


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 面白い物語に出会うことは、それだけで幸運である。それが寝食忘れて眼精疲労にも負けず腕の痺れすら打ち負かし、ひたすらにページを繰ることしか考えられないレベルに遭遇するとなれば、それは一種の奇跡ですらある。
 しかも歳を重ねるに従って、その奇跡との遭遇率はひたすらに下がり続ける。まだ見るもの読むもの全てが真新しかった子供の頃とは違い、私は既に色んなことを知ってしまった。己の器の狭さを知り、限界を知った。故に私はもうかつてのようにヒーローに己を投影することは出来ないし、「頑張れば報われる」と励まされても素直に頷けない。
 
 そんな中にあって、久しぶりに登場人物に感情移入して読めたのが『白衣の女』である。
 正しく生きる人物に眩さと反感を、せせこましい悪党に共感を抱く傾向にある私に、まっすぐ主人公側へ感情移入させただけで私はこの作者の手腕を評価する。


 物語の舞台はヴィクトリア朝イギリス。登場人物たちの証言、または日記・手記などからの抜粋の形で物語は展開されていく。
 最初の証言者は主人公でもあるハートライト。しがない絵画教師である彼は、かつて助けたイタリア人ペスカから素晴らしい仕事を紹介される。それはカンバランドにある金持ちの邸でフェアリー氏のお嬢さん二人に四ヶ月間絵画を教える、との内容であった。
 給金は上々、仕事内容も気楽、と申し分の無い仕事であったのだが、彼は何故か不思議と気が乗らない。それでもペスカ、母と妹に背中を押されるようにして、彼はロンドンからカンバランドに旅立つこととなる。
 しかし出発の前夜、ハートライトはロンドン郊外で奇妙な邂逅を果たすこととなる。「ロンドンに行くには、この道でよろしいのでしょうか?」突然そう問いかけてきた女は、全身白ずくめであった。「准男爵」を酷く恐れる白衣の女はハートライトから現実感を奪い、代わりに深い印象を刻んで去った。
 白衣の女の影を引き摺ったままカンバランドに到着したハートライトは、そこで驚愕することとなる。その地での彼の生徒の一人であるフェアリー嬢は、白衣の女そっくりなのであった。

 不吉な女の影を感じながらも、フェアリー嬢、そして彼女の異父姉であるハルカム嬢との日々は穏やかに過ぎて行った。
 しかしここでハートライトに問題が持ち上がる。彼は身分の違いも顧みず、フェアリー嬢を愛してしまったのであった。件のフェアリー嬢も彼に好意を持っている様子。だが、彼女には既にグライド卿なる「准男爵」の婚約者がいるのであった。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ラブ・ケミストリー』感想:★★☆☆☆

2011.06.15 Wed
ラブ・ケミストリー
ラブ・ケミストリー喜多 喜久

宝島社 2011-03-04
売り上げランキング : 63368


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作。
 とは言え、ミステリー成分は皆無。少なくとも私には嗅ぎ取れず。
 ミステリーだと思って読んだせいで、肩透かし喰らわされた気分。これはジャンル的にはラブコメディーに分類されるんじゃないのかな。それも「ラブコメだから何でもありですよ!」くらいのノリで読まないと駄目なレベル。
 ま、そのノリで読むには値段が高いけれども……。


 一人称で展開される本書の語り手は二人。
 片方は「僕」。主人公でもある東京大学の院生・藤村桂一郎。絵に描いたような化学馬鹿。しかし単に化学に憑かれただけの馬鹿ではない。彼はなんと、物質の構造式を見るだけでその合成経路を閃くことが出来るという、超絶能力の持ち主なのだ。例え対象が複雑怪奇でドデカイ構造を持とうとも、藤村の能力を阻害は出来ない。どんな構造式であろうとも、それを一目見れば彼の脳内には合成経路が浮かび上がってくるのだ。合成系じゃない人には分かりにくいことこの上ない彼の能力だが、それは紛れもなく神が与えたたもうた奇跡。
 ……ここで思わず、一応は合成系だった私は「ねーよw」と草生やしながら裏手で突っ込み入れてしまいましたよ。なんだそれ。どんなチートだよ。フィクションだと分かっていても、それでも羨ましい通り越してムカつくわー。
 ああ、ご心配なく、作者の懇切丁寧な説明がなされているので、誰が読んでも「意味がサッパリ分かりません」状態にはならないことは保障します。
 この彼の「素晴らしいにも程度があるっつーの」な能力を持ってすれば、今まで誰にも合成出来なかった天然物の合成経路を発見し放題で、論文も書き放題。論文の数は科学者の能力を示す指数なのだから、つまり、科学者としての彼の未来はどこまでも輝いていたのです。そう、その運命の日までは。
 その日、指導教官の雇った美人秘書を紹介された彼は、一瞬にして一方的な恋に落ちる。そしてその瞬間から、彼の能力は失われてしまったのだった。

 語り手のもう片方は「私」。彼女が語り手となるのは各章に挿入された短いダイアローグだけ。
 彼女は死を間近に控えた身であった。その惨い運命を告げるために現われたのは、カロンと名乗る黒服の美女。カロンは、死者がこの世に強いを残すことのないように、死の迫った人間の望みを叶えてやるのが仕事だと言う。
 「私」の願いはだた一つ。奇跡の能力を藤村に取り戻させてあげたい。
 その願いを聞いたカロンは意味深長に微笑みながらも、彼女の望みを叶えるべく、彼に近づくのであった。


 ってのがあらすじ。あらすじって割には長かったけど。
 長いついでに以下は折りたたみ。


Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |