RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『こわい部屋 謎のギャラリー』感想:★★★☆☆

2013.06.28 Fri


こわい部屋: 謎のギャラリー (ちくま文庫)

北村 薫 筑摩書房 2012-08-08
売り上げランキング : 139617
by ヨメレバ


 暑い日には怪談を、……なんて話ではなくて、単純にソログープの「光と影」が収録されていたから読んだだけなんですけれどね。
 背後からひたひたと音もなく迫り来、振り返っては破滅だと分かってはいても、それでも振り返らざるを得ない。
 気が付かなければ幸せでいられたのに、一度違和感に気が付いてしまえば、もはや「知らなかった」頃には戻れない。
 そんな密やかな恐怖を内包する物語たちが揃っている。

 収録作品は以下。
・「チャイナ・ファンタジー」 南伸坊
・「巨きな蛤」 南伸坊
・「家の怪」 南伸坊
・「寒い日」 南伸坊
・「七階」 ディーノ・ブッツァーティ、脇功・訳
・「待っていたのは」 ディーノ・ブッツァーティ、脇功・訳
・「お月さまと馬賊」 小熊秀雄
・「マナイタの化けた話」 小熊秀雄
・「四つの文字」 林房雄
・「煙の環」 クレイグ・ライス、増田武・訳
・「お父ちゃん似」 ブライアン・オサリバン、高橋泰邦・訳
・「懐かしき我が家」 ジーン・リース、森田義信・訳
・「やさしいお願い」 樹下太郎
・「どなたをお望み?」 ヘンリィ・スレッサー、野村光由・訳
・「避暑地の出来事」 アン・ウォルシュ、多賀谷弘孝・訳
・「ねずみ狩り」 ヘンリィ・カットナー、高梨正伸・訳
・「死者のポケットの中には」 ジャック・フィニイ、福島正実・訳
・「二十六階の恐怖」 ドナルド・ホーニグ、稲葉迪子・訳
・「ナツメグの味」 ジョン・コリア、矢野浩三郎・訳
・「光と影」 フョードル・ソログープ、中山省三郎・訳
・「斧」 ガストン・ルルー、滝一郎・訳
・「夏と花火と私の死体」 乙一
・「価値の問題」 C・L・スィーニイ、田中小実昌・訳
「『こわい部屋』の愉しみ」 宮部みゆき・北村薫

 南伸坊の4作品は漫画、末尾の「『こわい部屋』の愉しみ」は宮部みゆきと本書の編者でもある北村薫の対談。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『黒衣の女』感想:★★★☆☆

2012.12.12 Wed


黒衣の女 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

スーザン ヒル 早川書房 1987-06
売り上げランキング : 319005
by ヨメレバ



 いかにもイギリス女流作家の作品と言った趣き。
 霧に包まれるロンドン、クリスマスの情景、ヒースの花咲く荒れ地、忠実なる犬なんて要素がそう感じさせるのだろうか。
 ホラーではあるが血みどろの殺戮が起こるわけでは全くなく、べったりとした怨念、それも主人公にはどうしようもない、が濡れた長髪のように絡みついて彼の人生を変えてしまう、そんな湿度の高い物語。



 小説は郊外の暖炉を囲む一家の描写から始まる。時期はクリスマス。
 主人公のアーサー・キップスは弁護士であり、長年の仕事ぶりが認められ今や弁護士事務所の共同経営者となっている。
 彼は再婚した妻と、妻の連れ子である四人の子供たちと共にクリスマスを祝っていた。だが冬は怪談の季節でもある。
 子供達は己の話術を見せつけるように、交互に知る限りの怖い話を身振り手振りを交えて語り始める。そしてその後にアーサーにせがんだ。
「お父さんも何か怖い話をしてよ」
 それは悪意も何もない単なるお願いだったのだが、その瞬間にアーサーが克服したはずだった過去の忌まわしい恐怖が彼の中で弾けた。
 平気だと思っていたのに、つい先ほどまでは。もはやあの恐怖は過ぎ去り、今はただの過去でしかないと思っていたのに。

 耐えきれずに強い言葉で子供達を突き放し、団らんの空間から飛び出してしまったアーサー。
 このままでは過去に囚われたまま一歩も進めないと覚悟を決めた彼は、過去の暗い出来事と決着を付けるべく、一人机に向かう。書くことで悪魔払いを行うのだ。
 アーサーが書き記すのは、まだ若く希望に満ちていた彼を見舞った理不尽な日々。そして彼と彼の人生に大きな打撃を与えた、黒衣の女の姿。
 読者はアーサーの書き記す過去を、彼と一緒に追体験することとなる。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「ナイトランド」VOL.1(2012)感想:★★☆☆☆

2012.04.05 Thu


朝松健・森瀬繚・朱鷺田祐介・
立原透耶・鷲巣義明・マット・カーペンター他
トライデント・ハウス 2012
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 「ナイトランド」創刊号をようやっと読み終わった。
 積ん読タワーから1冊崩して予習して臨んだけどさぁ……、との話は後に回してまずは収録作品一覧。縦書き表記なのに目次だけ横書きなのはちょっと違和感。


特集・ラヴクラフトを継ぐ者たち
・「ルイジアナの魔犬」 スコッチ・カースン 田中一江・訳 山田章博・画
・「沼地を這うもの」 ティム・クーレン 夏来健次・訳 楢喜八・画
・「ウェストという男」 グリン・バーラス&ロン・シフレット 金子浩・訳 松山ゆう・画
・「ダイヤー神父の手紙」 レイフ・マグレガー 増田まもる・訳 ひらいたかこ・画
・「扉」 サイモン・ブリークン 田村美佐子・訳 藤原ヨウコウ・画 

名作発掘
・「矮人族」 ロバート・E・ハワード 中村融・訳 グレゴリー・ステープルズ・画
・「コールド・プリント」 ラムジー・キャンベル 野村芳夫・訳 ヴァージル・フィンレイ・画

連載小説
・連作短篇小説「The Faceless City #1 狂雲師」 朝松健 槻城ゆう子・画

エッセイ
・「『魔道書ネクロノミコン』捏造の起源」 コリン・ウィルソン 森瀬繚・訳
・「怪奇の架け橋----『日本怪奇小説傑作集』から『Kaiki: Uncanny Tales from Japan』へ」 東雅夫

連載コラム
・エッセイ「金色の蜂蜜酒を飲みながら」 朱鷺田祐介
・エッセイ「私の偏愛する三つの怪奇幻想小説」 西崎憲
・エッセイ「Asian Horror Now (1)」 立原透耶
・ 「ファンタスティック・シネマ通信(1)」 鷲巣義明
・クトゥルー・インフォメーション(日本編) 森瀬繚
・クトゥルー・インフォメーション(海外編) マット・カーペンター



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ドラキュラ・ドラキュラ』感想:★★★★☆

2012.04.05 Thu


ドラキュラ・ドラキュラ (1973年)ドラキュラ・ドラキュラ (1973年)
種村 季弘

薔薇十字社 1973
売り上げランキング : 1199324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 『ドラキュラ・ドラキュラ』は1973年に薔薇十字社から、1986年に河出書房新社から河出文庫として出版されている。
 この二つには違いがあり、河出文庫版『ドラキュラ・ドラキュラ』からは薔薇十字社版では収録されているダレルの「謝肉祭」、オーギュスタン・カルメの「吸血鬼」たち、ヴォルテールの「吸血鬼」、日夏耿之介の「吸血鬼譚」が省かれている。
 これら4作が読みたい場合は、薔薇十字社版を買いましょう。私はヴォルテールとカルメが読みたかったのに、河出文庫版を買ってしまい、「載ってないよ?」と首を傾げる羽目になりました。

 ちなみにどちらも現在絶版もしくは重版未定。
 薔薇十字社版はAmazonに表紙イメージすらなくて寂しい。この表紙は、映画ドラキュラ伯爵と言えば彼、なクリストファー・リー、のモノクロの写真を囲むように縁は赤色で、やや野暮ったいとも言えるデザインが逆に良い。


 薔薇十字社版『ドラキュラ・ドラキュラ』収録作品は以下。末尾に(※)マークが付いている作品は、河出文庫には収録されていない。
・「吸血鬼」 ジャン・ミストレル 種村季弘・訳
・「グズラ(抄)」 プロスペル・メリメ 根津憲三・訳
・「吸血鬼」 ジョン・ポリドリ 佐藤春夫・訳
・「吸血鬼の女」――『セラピオン同盟員』より E・Th・A・ホフマン 種村季弘・訳
・「カルパチアの城」――エピソード―― ジュール・ヴェルヌ 安東次男・訳
・「吸血鳥」 マルセル・シュオッブ 種村季弘・訳
・「サセックスの吸血鬼」 コナン・ドイル 延原謙・訳
・「謝肉祭」――「バルタザール」より ローレンス・ダレル 高松雄一・訳(※)
・「吸血鬼」 ルイージ・カプアーナ 種村季弘・訳
・「吸血鬼を救いにいこう」 ベレン 種村季弘・訳、橋本綱・訳
・「受身の吸血鬼」 ジェラシム・ルカ 種村季弘・訳、橋本綱・訳
・「ドラキュラ・ドラキュラ」――トランスシルヴァニアの物語―― H・C・アルトマン 種村季弘・訳
・「吸血鬼たち」 オーギュスタン・カルメ 種村季弘・訳(※)
・「吸血鬼」 ヴォルテール、種村季弘・訳 福井信雄・訳(※)
・「吸血鬼譚」 日夏耿之介(※)
 編纂者は種村季弘。


 扱われているのは全て古き良き吸血鬼たち。登場する吸血鬼たちにはロマンがあり、また土着信仰の香りも完全には失われてはいない。
 作品毎の感想は以下は折りたたみで。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ク・リトル・リトル神話集』感想:★★★★☆

2012.03.26 Mon


ク・リトル・リトル神話集 (ドラキュラ叢書 第 5巻)

H.P.ラヴクラフト,荒俣 宏 国書刊行会 1976-11
売り上げランキング : 135202
by ヨメレバ



 私が持っているのは初版だが、誤字が多い。
 「少しインディアンの血が」となるはずだった箇所が「少レインディアンの血が」となっているところ(p.138, 「イグの呪い」)で、昔懐かしい「インド人を右に!」を思い出してしまった。
 現在流通している版では誤字が直されていますように……。


 収録作品は以下。四部に分かれており、その頭には荒俣宏の手によると思われる短い前書きがついている。
 作品のほぼ全てのタイトル裏に、ヴァージル・フィンレイの挿絵付き。

 序文 荒俣宏
Ⅰ 発端
 ・「アルハザードのランプ」 ラヴクラフト&ダーレス 広田耕三・訳
Ⅱ 超宇宙の邪神
 ・「永劫より」 ヘイゼル・ヒールド 野村芳夫・訳
 ・「インスマスの追跡」 ラヴクラフト&ダーレス 那智四郎・訳
 ・「イグの呪い」 ゼリア・ビショップ 那智四郎・訳
 ・「博物館の恐怖」 ヘイゼル・ヒールド 野村芳夫・訳
Ⅲ 魔書の啓示
 ・「魔女の谷」 ラヴクラフト&ダーレス 広田耕三・訳
 ・「破風の上のもの」 ロバート・E・ハワード 赤井敏夫・訳
 ・「黄の印」 R・W・チェンバース 森美樹夫・訳
 ・「白蛆の襲来」 C・A・スミス 高木国寿・訳
Ⅳ 怪物の侵寇
 ・「地の底深く」 R・B・ジョンソン 赤井敏夫・訳
 ・「墳墓の末裔」 C・A・スミス 広田耕三・訳

 巻末には「ク・リトル・リトル神話事件簿(松井克弘・編)」を収録。
 これはラブクラフトの「ダゴン」、「ランドルフ・カーターの弁明」、「海底の神殿」、「妖犬」、「暗黒の秘儀」、「クートゥリュウの喚び声」、「銀の鍵」、「異次元の色彩」、「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」、「ダンウィッチの影」、「闇に囁くもの」、「インスマウスの影」、「魔女の家の怪」、「銀の鍵を超えて」、「戸口の怪物」、「超時間の影」、「闇に這う者」の作品から、起こった事件その他の出来事を時系列・地域別に分けてまとめたもの。


 感想は折りたたみ。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『屍衣の花嫁(世界恐怖小説全集・12)』感想:★★☆☆☆

2011.12.08 Thu

屍衣の花嫁―世界怪奇実話集 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第12〉)
屍衣の花嫁―世界怪奇実話集 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第12〉)平井 呈一

東京創元社 1959
売り上げランキング : 1462140


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 翻訳、編集ともに平井呈一。
 「解説」によれば、実話篇である本書は本来ならば「世界恐怖小説全集」の最終巻として最後に発行される予定だったのが、他巻の担当翻訳者の都合で前倒しで発行されたそうな。

 本書は三部構成となっている。その内訳を「解説」から引用すると、
”Ⅰ”には記録風なもの、”Ⅱ”には実話、”Ⅲ”には参考の意味で、現代の心理学、精神分析学が「怪異現象」というものをどう解釈づけているかという見本に、ナンドー・フォーダー博士の講演を訳出しておいた(p.291)

とのこと。
 最後のⅢ部には「現代の」との記述が見えるが、本書が発行されたのが1959年であることからお察し頂きたい。
 フォーダー博士の怪異の解釈はなかなかに面白いとは思うが、彼が言い張る件の怪異の理由が余りにもテンプレートであり、またご都合主義に感じられ、今となってはその信憑性に疑問が残るところだ。


 以下、収録作一覧は長いので折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『吸血鬼カーミラ (世界恐怖小説全集・1)』感想:★★★★★

2011.11.07 Mon

吸血鬼カーミラ (1958年) (世界恐怖小説全集〈第1〉)
吸血鬼カーミラ (1958年) (世界恐怖小説全集〈第1〉)S・レ・ファニュ 平井 呈一

東京創元社 1958
売り上げランキング : 1344794


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 3回目のカーミラ。今回は世界恐怖小説全集の栄えある第1巻目。現在絶版。タイトル作を含む5作品を収録。
 収録作は以下。
 「白い手の怪」
 「緑茶」
 「仇魔」
 「判事ハーボットル氏」
 「吸血鬼カーミラ」

 私が以前読んだ、現在でも入手可能な創元推理文庫の『吸血鬼カーミラ』の収録作は以下。
 「白い手の怪」
 「墓掘りクルックの死」
 「シャルケン画伯」
 「大地主トビーの遺言」
 「仇魔」
 「判事ハーボットル氏」
 「吸血鬼カーミラ」

 「緑茶」が読めない以外は創元推理文庫の方がお得。
 創元推理文庫の方を読んだ時には、「傑作と名高いらしい『緑茶』をなんで入れなかったの?」と思ったけれど、読んでみるとその理由が分かる気がする。日本人には身近すぎる、緑茶は。
 身近過ぎて正直「緑茶disってんじゃねーよ」なんて気持ちになった上に、ちょっと飲むの嫌になったんですけども。どうしてくれるんですか、レ・ファニュさん。
 ……でもまぁ、そんな気持ちにさせてこそ「恐怖小説」だよなぁ。つまりは作者の勝利だ。



Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『暗く、深い、夜の泉』感想:★★☆☆☆

2011.08.14 Sun
暗く、深い、夜の泉 (一迅社文庫 は 1-2)
暗く、深い、夜の泉 (一迅社文庫 は 1-2)萩原 麻里 Fuzzy

一迅社 2008-07-19
売り上げランキング : 690887


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「私」はどこまで「私」の支配下にあるのか、という問いかけがずっと以前から気になっている。
 良くも悪くも何かに対して衝撃を受けたときに湧き上がる感情、それは激怒だったり感動だったり歓喜だったり嫌悪だったりするのだが、その源泉を私は知らないし、それが湧き出す勢いもタイミングも私のコントロール下にはない。けれどもそれは紛れもなく私自身の感情なのである。それなのに勝手にあふれ出る感情は、時に私自身をひどく驚かせる。コントロール出来ない私は、一体何に規定されているのであろうか?

 最も私が驚愕するのは、私の『落窪物語』に対する偏愛だ。私はとてもこの物語が好きだ。それは否定しようがない。けれども『落窪物語』は一言で言えば「何もせずに白馬の王子様が出現するのを待つ」物語であり、それを愛する自分自身が理解出来ない。泥にまみれてでも自分の足で歩くことこそを良しとするのが私の嗜好であるはずなのに、それでも私は座してなにもしない『落窪物語』が大好きなのである。素晴らしく矛盾している。
 けれども『落窪物語』を愛する私も、それに対して嫌悪を剥き出しにする私も、どちらも「私」なのであり、無理矢理に否定するのは間違っているように思う。矛盾を解消する術がない以上、私に出来るのはただただ見つめることだけである。

 突発的に湧き上がる感情を否定せずに見つめ続けた結果、一つ気が付いたことがある。私が持っている意外な願望だ。それは自殺願望と名付けられるものであった。私はどこかで己の死を願っているのだ。思考する主体から逃げ出して、ただの物になりたいとどこかで願っている。その願いは静かでその分根深く、そして他者に否定されることを最も嫌っている。
 名付けるならば、それは緩やかな自殺願望。それは意識されるかされないかの境界線上に存在するほどに緩やかであり、また他人に否定されたくないがために他人に説明するのをも嫌う性質を持つ。故に、説明を求められるような激しい行為に出ることはない。高層ビルの上から飛び降りるようなことも、手首を切りつけることもない。そんな激しさとは無縁だ。
 けれど、選択肢が複数あれば、その中で最も死に近づけるものを選ぶ。いつか必ず訪れる死を少しでも手元に引き寄せようと、静かに暗く、深く、願っているのである。

 そんな己の願望を再度意識させてくれたのが本書『暗く、深い、夜の泉』なのでした。
 前振りが壮絶に長くなりすぎたので、あらすじその他は折りたたみ。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『八月の暑さのなかで』感想:★★★☆☆

2011.08.01 Mon
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)金原 瑞人

岩波書店 2010-07-15
売り上げランキング : 80457


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 八月になったらこの本を紹介しようと思っていたんだ。周回遅れだけどね!

 激しすぎる日光に白く塗りつぶされる視界。立ち上るアスファルトからの熱気。降り注ぐセミの鳴き声が頭蓋に反響しては外界を埋めていく。
 光と蒸気と音に閉じ込められて、独りぼっち。誰もいない。違う。ただ認識出来ないだけだ。けれど、それは「誰もいない」ことど同義なのではないだろうか。暑さに足下は揺らぎ、セミの鳴き声に今にも己の思考を放り出したくなる。不快さに自分自身を忘れ、真っ白な夏の日差しに溶けて同化してしまいたい、そんな日に相応しい一冊。


 収録作品は以下13作品。
・「こまっちゃった」 エドガー・アラン・ポー 原作、金原瑞人 翻案
・「八月の暑さの中で」 W・F・ハーヴィー
・「開け放たれた窓」 サキ
・「ブライトンへいく途中で」 リチャード・ミドルトン
・「谷の幽霊」 ロード・ダンセイニ
・「顔」 レノックス・ロビンスン
・「もどってきたソフィ・メイソン」 E・M・デラフィールド
・「後ろから声が」 フレドリック・ブラウン
・「ポドロ島」 L・P・ハートリー
・「十三階」 フランク・グルーバー
・「お願い」 ロアルド・ダール
・「だれかが呼んだ」 ジェイムズ・レイヴァー
・「ハリー」 ローズマリー・ティンパリ

 以下は感想。
 


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『MORSE―モールス』感想:★★☆☆☆

2011.07.30 Sat
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト John Ajvide Lindqvist

早川書房 2009-12-30
売り上げランキング : 1980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 8月5日に全国ロードショー(公式サイトはコチラ)とのことなので、今更ながらの読書感想文。
 ちなみに今年公開されるハリウッドのはリメイクであり、最初に本書を映画化したのはイタリア。こちらも去年、日本で公開されていた。公式サイトはコチラ
 既にこちらは『ぼくのエリ 200歳の少女』のタイトルでDVDが販売されております。


 ある日、いじめられっ子の少年オスカルが住むマンションの隣に美しい少女エリが引っ越して来た。
 エリのしゃべり方は古風だし、ルービックキューブも知らないと言う。それにとても不潔だ。どう考えても普通じゃない。
 そうオスカルは思うものの、彼女と出会ったことで勇気を得る。彼女に見せても恥ずかしくない生活を手に入れたいと願うようになったのだ。
 時を同じくして、恐るべき犯罪が新聞を賑わした。
 オスカルの住むブラックベリからそう遠くない場所で、少年が殺されたのだ。それも奇妙な方法で。再度の犯行が囁かれる中、実際に犯人は次なる犯行を企て、そして……。


 と言うのが本書の簡単なあらすじ。
 そもそもとして、貴方は吸血鬼物が好きですか? 私は大好きです。吸血鬼に限らず、「人間の形をした人間ではないモノ」が好きだ。
 何せ彼らは常識からの逸脱が許されているのだもの。どれだけ普通の人間から離れていても問題視されることはない。だって「人間じゃない」んだもの。違うのは当然だ。
 普段から他者と己の認識の違いに戦慄しがちな私としては、そんな許された彼らが羨ましくて仕方がない。私が世間の「普通」と違うのに理由はない。けれど、吸血鬼が世間の「普通」と違うのは当然だ。
 しかし、そんな「人間の形をした人間ではないモノ」である吸血鬼ではあるが、彼らは生きていくために生き血を必要とする。つまり人間の常識から解き放たれている筈の彼らは、人間の近くで生活する必要があり、そのために人間の振りをしなくてはならないのだ。
 そして場合の多くにおいて、彼らは元人間でもある。人間であった頃の記憶を有し、その昔を懐かしく思い返したりもする。

 人間から逸脱した存在でありながら、人間の振りをして暮らし、人間生活を懐かしく愛おしく思う。そんな矛盾を抱えた吸血鬼というファンタジーがとても私は好きだ。
 が、やっぱり個人的には吸血鬼には人間から抜け出した「人間の形をした人間ではないモノ」として超然としていて頂きた。い。吸血鬼と化したその日の姿のまま永遠を生きる彼らに、年齢を重ねたが故の「何か」を期待したい。それは若さを喪失しながら生きる私という一個の人間に希望を与えてくれるものだから。
 化け物でありながらある意味で人間でもあり、若くありながらも年寄りであり、死者でありながら生き物である。その解決されない矛盾こそが私の吸血鬼への傾倒の理由だ。
 もう既にお気づきのことと思うが、私はこの作品が気に入らない。なので以下は覚悟してどうぞ。ネタバレも全開です。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |