RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.4感想:★★★★☆

2012.03.07 Wed


 1973年11月号の「幻想と怪奇」はラヴクラフト=CTHULHU神話特集。
 表紙に描かれたスキンヘッド+黄色い目の人間は誰なんだろうとよく見たところ、H.P.Lovecraftなる文字を発見。
 70頁に掲載されているラブクラフトの写真と比べると、うん、似てるような気がしなくも。
 裁断ミスなのか、雑誌の最初と最後の一部分の下部分が数枚切れておらず、袋とじの下だけ残したような状態になっていた。最初の方の袋とじ状態は指でも簡単に綺麗に切れたが、後ろの方は惨事になってしまった……。


 掲載作品は以下。盛りだくさんでございます。

CTHULHU神話特集
・「クトゥルー神話の神々」 L・カーター、大瀧啓裕・訳
・「宇宙よりの影」 ラヴクラフト&ダーレス、島本葵・訳
・「石の民」 H・ヒールド、綾瀬雅之・訳
・「ウボ=サトゥラ」 C・A・スミス、広田耕三・訳
・「ラヴクラフトとかれの昏い友愛団」 荒俣宏

連載
・Fantastic Gallery 「アルフレート・クービン 薄明の世界」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩4 「ロン・チャニイ・ジュニアの時代」 石上三登志

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

エッセイ
・「長編怪奇小説」 都筑道夫
・「早すぎた埋葬防止会」 横瀬衛彦

幻想文学レヴュー
・『ウィアード・テールズ』誌復活 石村一男
・『アーサー・マッケン作品集成』 紀田順一郎
・『M・R・ジェイムズ全集』 瀬戸川猛資
・『蜘蛛・ミイラの花嫁』 鏡明
・幻想文学レヴュー・短評 藤沢純

・「首」 K・H・シュトローブル、村山浩・訳
・「モフレーヌの魔宴」 M・シュオッブ、伴俊作・訳
・「カタリーナ」 ヴィリエ・ド・リラダン、秋山和夫・訳
・「道具」 W・F・ハーヴィ、八十島薫・訳
・「呪われた部屋」 A・ラドクリフ、安田均・訳
・「骨牌の城」  岡田夏彦
・「ウィットミンスター寺院の僧房」 M・R・ジェイムズ、紀田順一郎・訳
・「まぼろしの国」 W・モリス、小宮山康弘・訳

メルヘンの世界
・「猫の足 ジンジムの噺」後篇 ジャーク・カゾット、荒井やよ・訳

・「世界幻想文学作家名鑑」4 荒俣宏・編
・新刊資料室=大滝啓裕
・THE YELLOW MASK
・次号予告
・読者欄


 以上、目次に記されている順に記載したが、実際の並びとは異なる。
 実際の雑誌では、エッセイと幻想文学レヴューの一群は「呪われた部屋」と「骨牌の城」の間に収録されている。

 感想は折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.3感想:★★★★★

2012.02.17 Fri


 1973年の9月号は黒魔術特集。巻末の編集後記(表記はnot exactly editorだが)を読む限り、かなり気合の入った号だった模様。
 後でまた触れるが、マイリンクの「レオンハルト師」やマクドナルドの「黄金の鍵」など、その力みっぷりに見合う作品が収録されている。
 次のNO.3(11月号)もやる気十分のようだが、出来栄えや如何に?
 ちなみに次号の特集は「ラブクラフト→CTHULHU MYTHOS」とのこと。

 小さなことだが、編集後記には前の7月号に掲載されたFantastic Gallery「挿絵画家アーサー=ラッカム」のページが手違いで一部76~77頁と80~81頁が入れ替わってしまったことに対する編集部からのお詫びも載っていた。
 持っている2冊が2冊とも同じように頁が狂っていたのはそういうことだったのね。たまたま運悪く乱丁に当たったのではなく、どれも乱丁だったと。
 ちょっと期待して2冊目買ったのにー。


 なんてことは置いておいて以下、掲載作品一覧。

黒魔術特集
・「霊魂の物語」 マダム・ブラヴァツキー、小田佐基・訳
・「魔術師」 エリファス・レヴィ、饗庭善積・訳
・「降霊術の実験」 アレイスター・クロウリー、岡田三美雄・訳
・「現代魔術の思想と行動」 紀田順一郎
・「黒弥撤の丘」R・エリス・ロバーツ、桂千穂・訳
・「レオンハルト師」 グスタフ・マイリンク、種村季弘・訳

連載
・Fantastic Gallery「回帰する闇の画家=ハリー・クラーク」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩3 「吸血鬼ドラキュラ」 石上三登志

・「ラントの妻」 H・ウォルポール、八十島薫・訳
・「黄金の鍵」 ジョージ・マクドナルド、鏡明・訳

・「異端的神秘主義序説」 山下武
・地下なる我々の神々3 秋山協介

エッセイ
・火星から来た少年 草森紳一
・恐怖小説の古さと新しさ 権田萬治

幻想文学レビュー
・吸血鬼ヴァーニ 石村一男
・エクソシスト 狩々博士

・「銀の鍵の門を超えて」 H・P・ラヴクラフト、団精二・訳
・「スマラ または夜の悪魔たち」 シャルル・ノディエ、秋山和夫・訳

メルヘンの世界
・「猫の足 ジンジムの噺」前篇 ジャーク・カゾット、荒井やよ・訳

連載
・「世界幻想文学作家名鑑」3 荒俣宏・編
・新刊資料室=大滝啓裕
・THE YELLOW MASK
・次号予告
・読者欄


 「新刊資料室=大滝啓裕」以下は記載する必要があるのかすら分からない小さなコーナーなのだが、目次にも載っているので一応。
 感想はいつものように折りたたみ。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ロシアのクリスマス物語』感想:★★☆☆☆

2011.12.23 Fri

ロシアのクリスマス物語

イワン・セルゲーエヴィチ シメリョフ 群像社 1997-12
売り上げランキング : 654269
by ヨメレバ


 大阪生まれ大阪育ちの私にとって、冬とはただひたすらに青空と、ひりつくような乾燥の季節である。
 吐く息は白く濁り、寒さに空は澄み渡る。雪は時折ちらつく程度であり、僅かに積もっても昼には泥水と化す。冬の冷たさも命を奪うほどの残酷さを見せはしない。
 対して本書で何人もの作者が描き出すロシアの冬は息も命も凍り付かせるほどに冷たく、積もる雪は深く白い。またそれ故に、クリスマスの煌びやかさが空気中に漂う微少な氷や屋根から伸びる氷柱に眩く反射する。

 本書に収録されているのは全部で13作品。
・「クリスマス」 シメリョフ
・「ザリガニの鳴いたときに ―クリスマスの怪談―」 テフィ
・「イーダ」 ブーニン
・「クリスマス物語」 ゾシチェンコ
・「クリスマス」 ナボコフ
・「ヨールカ祭の森の精」 チョールヌイ
・「キリストのヨールカ祭に招かれた少年」 ドストエフスキイ
・「雪娘」 ソログープ
・「父と娘の新年の祝日」 グリーン
・「車両長 ―これぞまことのクリスマス物語―」 クプリーン
・「クリスマス・シーズンに」 チェーホフ
・「うすのろ ―過ぎし昔のクリスマス物語―」 ワグネル
・「真珠のネックレス」 レスコフ
 



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『月桃夜』感想:★★★☆☆

2011.11.17 Thu

月桃夜

遠田 潤子 新潮社 2009-11-20
売り上げランキング : 269102
by ヨメレバ


 奄美の海をただ流されるままのカヤックの中で、茉莉香は溜め息を吐いた。海から続く空に浮かぶのは下弦の月。
 死を覚悟して漂う彼女のカヤックに降り立ったのは、大きな鷲だった。曲がった嘴、強靱な爪。片眼の潰れた鷲は茉莉香に語りかける。
 それは今は遠い昔、彼の島が薩摩の支配にあった時代の、生まれながらの奴隷である少年と、奴隷に身を落とした少女の物語。少年の名前はフィエクサ、意味は鷲。少女の名前はサネン。月桃の意味だ。
 幼くして両親を亡くした彼らは兄妹のように育った。フィエクサにとってサネンはただ一つの生きる理由であった。だが彼らの成長と共に、二人だけの幸福な関係は色を変えていく。
 そして、茉莉香にも大きな秘密があった。
 どうして鷲は世界の終わりを願い、茉莉香は海を漂流することとなったのか。その理由が明かされた時、長い長い夜が終わる。


 兄妹の恋愛モノは今も昔も一定の人気を誇るジャンルのようだ。血が繋がった者の間に芽生える禁断の愛のテーマに魅せられる人は多いのだろう。確か今放送中のドラマ『蜜の味』も兄妹でこそないが、叔父と姪の禁断の恋がテーマなようだし。
 本書『月桃夜』も兄妹間の禁断の関係がテーマとなってはいるが、その問題が表面化するのはかなり後半になってからである。

 それよりも目を惹くのは江戸時代末期に於ける奄美大島の実情である。砂糖の生産を強制される島と、そのために生み出されたヤンチュと呼ばれる奴隷。貧しい者から順々にヤンチュへと身を落とし、ヒザと呼ばれるヤンチュの子供は生まれた瞬間から死ぬまでずっと奴隷だ。本書に登場するフィエクサはヒザであり、サネンはヤンチュである。
 苛酷な環境で生まれた上に幼くして両親を亡くし、すっかり心を閉ざしてしまったフィエクサが、同じく独りぼっちのサネンと出会い、彼女が自分を見てくれること、自分に語りかけてくれることを支えに、彼女のために生きて行こうと決意する様が悲しく切ない。またその願いが彼の、そしてサネンの人生を大きく変えてしまうのである。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

『飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見―きわめて哲学的な物語』感想:★★★★☆

2011.10.23 Sun
飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見―きわめて哲学的な物語
飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見―きわめて哲学的な物語 (1985年)レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 植田 祐次

創土社 1985-01
売り上げランキング : 1510350


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本作が世に出たのは1781年。ルイ十六世の即位が1774年、王の処刑が1794年だ。
 一つの時代が終焉を迎えつつあったが故に、人々は次の時代に様々な理想郷を想像したのだろう。これもまた、レチフの夢である。彼のユートピア。彼のための、ユートピア。


 物語はレチフこと「ニコラの大将」はある日、乗合馬車の中で奇妙な猿を連れた不思議な人物と知り合いになるところから始まる。彼はニコラの大将に、自分は南半球の人間であること、南半球にはヨーロッパ人が知らない島々があり、そこには様々な「人類」が今も存在していることを語り始める。

 南半球の男は言う、全ては一人の人間の夢から始まったのだと。その男の名はヴィクトラン。彼は身分違いの恋を叶えるために、ギリシア神話のダイダロスよろしく人工翼を開発したのだ。
 翼を上手く操れるようになったヴィクトランは、誰も立ち入れぬ険しい山の上に自分の楽園を作る。その土地だけで完結した生活が送れるように家畜や作物を運び、またそれらの世話をするための人間をも連れてくる。彼は彼だけの人工翼で彼らを脅し、自分を魔法使いだと思わせるのに成功したのだ。ヴィクトランを絶対支配者とする「国」の成立である。
 準備を整えたヴィクトランは、ついに恋しいお嬢様であるクリスチーヌを攫う。犯人がヴィクトランだとは知らぬクリスチーヌは彼を命の恩人だと思い込み、彼を愛するようになる。

 ヴィクトランの幸福は続くが、彼の国は徐々に手狭になりつつあった。クリスチーヌを攫ったのが自分であることを告白し、さらにその行為に対する許しをも得たヴィクトランは、クリスチーヌのための(と言いながらも、結局は彼自身の幸福のためだ)新たな土地を欲するようになる。
 そして飛び出した先が、南半球なのである。

 
 長くなってきたので、ここで一旦折りたたみ。ネタバレ全開でお送りします。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.2感想:★★★★☆

2011.08.28 Sun
 1973年7月号は吸血鬼特集。正直、「特集?」ってのが感想だったりするのだが。
 この2号目からは歳月社からの出版に。最終ページの「発行人ご挨拶」を読む限り、創刊号を発行した三崎書房から2号以降を出すことが難しくなったことから、この雑誌のためだけに立ち上げた会社のようだ。ガッツである。


 以下、掲載作品一覧。

吸血鬼特集
・「魅入られた家族」 アレクセイ・トルストイ、島本葵・訳
・「白い巫女」 C・A・スミス、米田守宏・訳
・「闇なる支配」 H・R・ウェイクフィールド、矢沢真・訳
・「吸血鬼観念の普遍性」 紀田順一郎

・「マダレーナ」 H・ウォルポール、安田均・訳
・「月蔭から聞こえる音楽」 J・B・キャベル、山田修・訳
・「コンラッドと竜」 L・P・ハートリィ、八十島薫・訳

連載
・Fantastic Gallery 「挿絵画家アーサー=ラッカム」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩2 「激突!」 瀬戸川猛資

・「運命」 W・デ・ラ・メア、紀田順一郎・訳
・「街はずれの家」 W・H・ホジスン、鏡明・訳

エッセイ
・怪奇幻想小説の擁護 権田萬治  
・怪奇SF問答 石川喬司

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

幻想文学レビュー
・ベスト・ファンタジー・ストーリィズ 石村一男
・ゴースト・ストーリー 山下武

・我が怪奇小説を語る H・P・ラヴクラフト、団精二・訳
・地に呪われたもの=生きながらの埋葬者ポオ 竹中芳

連載 
・「悪魔の恋」第二回 ジャーク・カゾット、渡辺一男・平岡昇・共訳
・「世界幻想文学作家名鑑」2 荒俣宏・編


 創刊号では「作品の最初の1ページは三段組みなのに、ページを繰ると二段組みに!」な展開が見られたのだが、今回は作品内での段組は固定されていた。地味に気になっていたので嬉しい限り。
 カラーページでの連載Fantastic Galleryのページの順番が乱れていた。事態を理解するまで、「は装飾された形式は」から書き始めるなんて斬新だなぁ、意味分からないけど、などと思っていた自分の脳みその茹り具合を何とかしたいと思いました。
 その他の感想は折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.1感想:★★★★☆

2011.08.08 Mon


 創刊号は魔女特集。この号だけ三崎書房からの刊行である。
 裏表紙に「我国最初の幻想怪奇文学研究誌」とある。そうか研究誌だったのか。


 掲載作品は以下。

魔女特集
・「魔女の樹」 M・R・ジェイムズ、紀田順一郎・訳
・「裏庭」 ジョゼフ・P・ブレナン、岡田三美雄・訳
・「ジプシー・チーズの呪い」 A・E・コッパード、鏡明・訳
・「白い人」 アーサー・マッケン、饗庭善積・訳

エッセイ
・「魔草マンドラゴラ」 種村季弘
・「さよなら、ドラキュラ伯」 権田萬治

・「顔」 E・F・ベンスン、鈴木栄吉・訳

連載
・Fantastic Gallery 「ヒリアルト・ミューラーの世界」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩1 「ドラキュラ血のしたたり」 瀬戸川猛資

・「女王の涙を求めて」 ロード・ダンセイニ、中原儀介・訳
・「妖犬」 H・P・ラブクラフト、団精二・訳
・「鼠の埋葬」 ブラム・ストーカー、桂千穂・訳
・「リーシュリップ城」 C・R・マチュリン、安田均・訳
・「焔の丘」 アルジャナン・ブラックウッド 、竹下昭・訳

幻想文学レビュー
・海外『ジ・オカルト』 石村一男
・日本『ブラックウッド傑作集』 山下武

・魔女文学案内 小宮卓

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

・「だれかがエレベーターに」 C・R・ハートリー、伊丹皓一・訳
・「蒲団」 橘外男
・人でなしの世界 紀田順一郎

連載
・「悪魔の恋」第一回 ジャーク・カゾット、渡辺一男・平岡昇・共訳
・「世界幻想文学作家名鑑」1 荒俣宏・編



 魔女に特化しているのは巻頭の4作品くらいのもので、後は幻想怪奇文学全般からという構成。もうちょっと魔女作品が掲載されているのかと思っていた。
 三段組みだったり二段組みだったりと忙しい。同じ作品の途中で段組変わるとか、ちょっとビックリした。揃えて欲しい、ってのは挿絵の関係で無理な注文なのだろうか。
 感想は以下。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ゾティーク幻妖怪異譚』感想:★★★☆☆

2011.07.13 Wed
ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)
ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)クラーク・アシュトン・スミス 大瀧啓裕

東京創元社 2009-08-30
売り上げランキング : 104986


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 クラーク・アシュトン・スミスの手による、地球最後の大陸ゾティークを舞台とする短編16編に、詩「ゾティーク」を加えたのが本書。
 遠未来でありながら現在の科学技術は失われて久しく、もはやそんな技術があったことを知る者すらいない。
 唯一の大陸には屍体を喰らう神が君臨する都市があり、また他方では風のように速やかに命を奪う病が流行する。
 悪戯に死者を蘇らせて憚らない魔術師、拷問が趣味な王。王女は魔術で男を誑かし、また王妃の命を受けて恐ろしい納骨所に向かう騎士たちがいる。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『水妖記―ウンディーネ』感想:★★★★☆

2011.06.24 Fri
水妖記―ウンディーネ (岩波文庫 赤 415-1)
水妖記―ウンディーネ (岩波文庫 赤 415-1)フーケー 柴田 治三郎

岩波書店 1978-05-16
売り上げランキング : 69138


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ヨーロッパの民間伝承からフーケが生み出した、ドイツロマン派の幻想的な物語。


 恐ろしい森を抜けた先で騎士フルトブラントは、周囲から孤立して生活する老夫婦と、彼らに養育される美しい少女ウンディーネと出会うところから物語は動き始める。
 美しいが我が儘で自由気ままであり、どこか人間離れした雰囲気を纏うウンディーネにフルトブラントは恋に落ちる。森の奥の老夫婦の家で結婚式を挙げた二人は、フルトブラントが暮らしてきた町に居を定めるのだが……。


 と、こんな具合で進行する『人魚姫』(≠リトルマーメイド)を思わせる物語。
 以下ネタバレを含むので、折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |