RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『アンティーク・レース 16世紀~18世紀 富と権力の象徴』感想:★★☆☆☆

2012.02.08 Wed


アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴

吉野 真理 里文出版 2007-03
売り上げランキング : 242379
by ヨメレバ


 私が読んだのは新装版。
 Amazon情報によると25.6cmx19cmの大きめな本ながら、ソフトカバーな上に100ページほどと薄いので、重すぎて腕が疲れる心配は無用。
 中に収録されているレースの写真はほぼ全てがモノクロだが、レースのほぼ全てが白色なので特に問題を感じない。


 内容としては、サブタイトルが全て。16世紀から18世紀に一大産業となり、機械化によって駆逐されることとなる手編みレースを、写真と文章で説明した本である。レース自体は作者のコレクションから選ばれているようだ。
 レースの編み図は全く収録されていない。そもそもからして、収録されているレースは私たちが普通に連想するかぎ針で編むレース(クロッシェレース)ではなく、ニードルレースとボビンレースの2種類である。
 クロッシェレースも16世紀頃から家庭で楽しまれていたそうだが、この本で扱っているのは当時の貴族階級が身につけたトップクオリティのレースのみ。
 ニードルレースとボビンレースの説明は本書内で成されているので割愛。と言いますか、私自身がよく分かっていないもので。

 レースの写真は大きくて柄が分かりやすく、なかなか良い。
 対して説明が分かりにくいが、そう感じるのは、私の頭の問題なのかもしれない。前に『手芸の文化史』を読んだ時も同じように感じたことだし。
 類書も余りない希少な分野の本だとは思うが、この本は18世紀フランスの歴史に特に拘りがなく、横書き縦書き混合の構成に耐えられる人じゃないと辛い。
 以下理由。ほぼ文句と化しているので折りたたみ。




スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |