RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『亡霊(英国ゴシック文庫・4)』感想:★★★★★

2014.05.19 Mon



 自費出版の「英国ゴシック文庫」から1冊。19世紀イギリスの下層階級が主な客であったチャップブックと呼ばれるもの。
 下層階級を主な販売層としていたとのイメージとは異なり、50ページ足らずの小品ながら、ゴシック小説の王道を織り込み、きちんと物語を畳んでいる。面白い。


 物語はある酷い雨の日に、かつての繁栄を失い今はもう古くからの使用人夫婦マーティンとベアトリスだけが暮らす古い城を舞台として始まる。彼ら二人が過去の思い出話をしていたところに、一人の若者が立ち寄った。馬が怪我をして立ち往生してしまい、困っていたのだ。
 彼ら二人は若者、ロドルフォに親切を施してやる。雨に濡れた彼の服の代わりに、かつての主人マンフレディ伯爵オズワルドのものを着せてやったところ、なんとロドルフォは彼そっくりであることが判明する。その類似の程は、長らく彼に使えてきたベアトリスをもって、余りの恐怖に失神させるほどだ。
 彼女が卒倒したのは、オズワルドが奇妙な死を遂げたことが大きく影響していた。そうロドルフォが偶然立ち寄ったこの古き城には、忌まわしい過去が染みついていたのだった……。


スポンサーサイト
Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『黒衣の女』感想:★★★☆☆

2012.12.12 Wed


黒衣の女 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

スーザン ヒル 早川書房 1987-06
売り上げランキング : 319005
by ヨメレバ



 いかにもイギリス女流作家の作品と言った趣き。
 霧に包まれるロンドン、クリスマスの情景、ヒースの花咲く荒れ地、忠実なる犬なんて要素がそう感じさせるのだろうか。
 ホラーではあるが血みどろの殺戮が起こるわけでは全くなく、べったりとした怨念、それも主人公にはどうしようもない、が濡れた長髪のように絡みついて彼の人生を変えてしまう、そんな湿度の高い物語。



 小説は郊外の暖炉を囲む一家の描写から始まる。時期はクリスマス。
 主人公のアーサー・キップスは弁護士であり、長年の仕事ぶりが認められ今や弁護士事務所の共同経営者となっている。
 彼は再婚した妻と、妻の連れ子である四人の子供たちと共にクリスマスを祝っていた。だが冬は怪談の季節でもある。
 子供達は己の話術を見せつけるように、交互に知る限りの怖い話を身振り手振りを交えて語り始める。そしてその後にアーサーにせがんだ。
「お父さんも何か怖い話をしてよ」
 それは悪意も何もない単なるお願いだったのだが、その瞬間にアーサーが克服したはずだった過去の忌まわしい恐怖が彼の中で弾けた。
 平気だと思っていたのに、つい先ほどまでは。もはやあの恐怖は過ぎ去り、今はただの過去でしかないと思っていたのに。

 耐えきれずに強い言葉で子供達を突き放し、団らんの空間から飛び出してしまったアーサー。
 このままでは過去に囚われたまま一歩も進めないと覚悟を決めた彼は、過去の暗い出来事と決着を付けるべく、一人机に向かう。書くことで悪魔払いを行うのだ。
 アーサーが書き記すのは、まだ若く希望に満ちていた彼を見舞った理不尽な日々。そして彼と彼の人生に大きな打撃を与えた、黒衣の女の姿。
 読者はアーサーの書き記す過去を、彼と一緒に追体験することとなる。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集Ⅰゴシック編』感想:★★★☆☆

2012.12.03 Mon


黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)

エドガー・アラン ポー 新潮社 2009-03-28
売り上げランキング : 116559
by ヨメレバ


 新潮文庫のポー短編集Ⅰは「ゴシック編」と題して、6作品を収録。
・「黒猫」
・「赤き死の仮面」
・「ライジーア」
・「落とし穴と振り子」
・「ウィリアム・ウィルソン」
・「アッシャー家の崩壊」

 どれも既読、だけどもポーの怪奇幻想な作品がオーソドックスに集まっている点は高評価。
 しかし、どうにもこうにも、久しぶりにこう言いたくて堪らなくなってしまった。「日本語でおk」

 何だか変だよ日本語が。折角のゴシック風味なポーの作品なのに、もはや日本語しか気にならないよ。
 それも、どいつもこいつも奇妙な日本語なら慣れもするのに、作品によって日本語の奇妙さレベルが違うのがまた耐えられない。これ同じ人が訳してるんだよね?
 翻訳者が様々な創元推理文庫の『ポオ小説全集』シリーズの方が違和感が断然マシなのは、どうしてだ。
 あちらもあちらで、古すぎて日本語に苔が生えてる気配すら見られるし日本語としてどうなのと思う箇所もあったが、それでもこの奇妙に捻れた日本語よりは良い。

 しかも何が怖いって、この手の文句を言っている人がざっと検索した限りでは見つからなかったという事態。
 この日本語の奇妙さが、私の書く文章の奇妙さとどこか似ているから、一種の自己嫌悪で私はここまで過剰に反応してるとでも言うのだろうか。
 まぁ何にせよ、違和感にのたうち回ったのが私だけなら、それは幸いなことだ。
 作品のラインナップとしては、初ポーな人にとても良いと思うしね。



Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ポオ小説全集1』感想:★★★★☆

2012.11.30 Fri


ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)

エドガー・アラン・ポオ 東京創元社 1974-06-28
売り上げランキング : 102010
by ヨメレバ


 ポーの作品を発表された順に、傾向に配慮せずに収録した全集の第1巻。
 収録作品と翻訳者は以下。

・「壜のなかの手記」 阿部知二・訳
・「ベレニス」 大岡昇平・訳
・「モレラ」 河野一郎・訳
・「ハンス・プファアルの無類の冒険」 小泉一郎・訳
・「約束ごと」 小泉一郎・訳
・「ボンボン」 永川玲二・訳
・「影」 河野一郎・訳
・「ペスト王」 高松雄一・訳
・「息の喪失」 野崎孝・訳
・「名士の群れ」 野崎孝・訳
・「オムレット公爵」 永川玲二・訳
・「四獣一体」 高松雄一・訳
・「エルサレムの物語」 高松雄一・訳
・「メルツェルの将棋差し」 小林秀雄、大岡昇平・訳
・「メッツェンガーシュタイン」 小泉一郎・訳
・「リジイア」 阿部知二・訳
・「鐘楼の悪魔」 野崎孝・訳
・「使いきった男」 宮本陽吉・訳
・「アッシャー家の崩壊」 河野一郎・訳
・「ウイリアム・ウィルソン」 中野好夫・訳
・「実業家」 宮本陽吉・訳


 怪奇的な作品の多くには読んだ記憶があるが、その他の風味のものはほとんどが初。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『マンク』感想:★★★★★

2012.07.01 Sun


世界幻想文学大系 第2巻 A マンク 上

井上一夫,マシュ-・グレゴリ・ルイス
国書刊行会 1985-08
by ヨメレバ


 読んだのは、国書刊行会から出された世界幻想文学大系のもの。
 ただし出版は上のデータと異なり、1976年3月。



 舞台となるのは、中世スペインはマドリッド。当地に建つカプチン教会は人間の熱気で充ちていた。
 そう宗教熱心とは言えないはずの人々がここまで多く集っているのは、ひとえにカプチン教会の若き僧院長であるアンブロシオの人気故なのだった。
 彼は未だ物心もつかぬ赤ん坊の頃にカプチン教会の前に捨てられ、その後は修道院の中で育てられ、今や院長にまで上り詰めていた。
 修道院の世界しか知らぬ彼は、徳の厚さと信仰心の確かさで知られ、その説教には説得力があり、更には見目も麗しく、マドリッド中の尊敬と崇拝の的となっているのだ。

 そんな彼の修道院に、二人の女が入ってきた。未だ己の美しさすら知らぬ純潔なる娘アントニアと、その叔母だ。
 アントニアは彼女の両親の望まれぬ結婚の末に、今や親族中から縁を切られ、貴族の娘の身分ながらそれに見合う扱いを受けられずにいた。
 そんな現状を打破し、少しでも生活を助けて貰うため、アントニアの父の弟にして現在のシステルナス侯爵を訪ねるためにマドリッドに出てきたのだ。

 アントニアは初めて聞くアンブロシオの説教に心を振るわせる。そしてそんな彼女に、マドリッドの有力貴族であるロレンゾは心を奪われ、システルナス侯爵と面識のある彼は、アントニアのために力を貸すことを約束するのだった。
 その一方で、ロレンゾの妹で、今はカプチン教会の隣にある聖クラレの尼僧院に入っているアグネスと、システルナス侯爵の間にも恋の炎が燃え立っていたのであった。
 こうして、ロレンゾとアントニア、システルナス侯爵とアグネスの二組の恋の物語が始まる。



Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |