RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『植物(書物の王国・5)』感想:★★☆☆☆

2011.09.30 Fri
植物 (書物の王国)

オスカー ワイルド 国書刊行会 1998-05
売り上げランキング : 749452
by ヨメレバ


 各巻異なるテーマを掲げ、それに合う物語、エッセイ、評論などを収録するシリーズ「書物の王国」の第5巻『植物』が今回。
 同シリーズの内、私が既読な『吸血鬼』『人形』に比べると収録されている物語数が少ない印象。個人的にはエッセイや評論ではなく、物語を期待して読んでいるので、感想はどうしても辛めに。
 まぁ、面白ければ何でも良いんですけれどね。


 収録作品は以下。編纂責任者は須永朝彦。

・「花の教」 クリスティナ・ロセッティ、上田敏・訳
・「植物の眠り」 ファーブル、日高敏隆・林瑞枝・訳
・「望樹記」 幸田露伴
・「毒よりの脱出」 一戸良行
・「新曼陀羅華綺譚」 須永朝彦
・「疾める薔薇」 ブレイク、日夏耿之介・訳
・「ナイチンゲールと薔薇」 ワイルド、矢川澄子・訳
・「神秘のばら」 ピエール・ルイス、釜山健・訳
・「花魄」 袁枚『子不語』、前野直彬・訳
・「藤の奇特」 井原西鶴『西鶴諸国ばなし』、須永朝彦・訳
・「菊」 内田百聞
・「花のこころ」 小松左京
・「白いダリア」 ラスカー・シューラー、川村二郎・訳
・「相思」 王維、須永朝彦・訳
・「かざしの姫君」 「御伽草紙」、須永朝彦・訳
・「柳の精」 『裏見寒話』、須永朝彦・訳
・「清貧譚」 太宰治
・「牡丹と耐冬」 蒲松齢『聊斎志異』、増田渉・訳
・「晶子牡丹園」 興謝野晶子
・「零人」 大坪砂男
・「人間華」 山田風太郎
・「毒の園」 ソログープ、昇曙夢・訳
・「柏槇の話」 グリム兄弟、金田鬼一・訳
・「受難華」 ベッケル、高橋正武・訳
・「乳母ざくら」 小泉八雲、上田和夫・訳
・「百合」 川端康成
・「風景」 山村暮鳥
・「玉川の草」 泉鏡花
・「庭樹」 鏑木清方
・「サフラン」 森鴎外
・「銀杏とGinkgo」 木下杢太郎
・「植物の閨房哲学」 荒俣宏
・「巨樹の翁の話」 南方熊楠
・「蓮喰いびと」 多田智満子

 全部で34作品。
 例によって長くなるので、以下は折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『人形(書物の王国・7)』感想:★★★★☆

2011.09.04 Sun
人形 (書物の王国)
人形 (書物の王国)種村 季弘 エルンスト・テーオドア・アマデーウス

国書刊行会 1997-12
売り上げランキング : 500707


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  テーマに沿った小説、詩、エッセイを集めるシリーズ「書物の王国」から、今回は『人形』を。
 前に読んだ『吸血鬼』は今も昔も人気のテーマだけれど、それに比べて人形はどうかなーと思っていたのだが、不要な心配だったようだ。


 責任編集者は服部正。収録作品は以下。

・「人形幻想」 種村季弘
・「蒲団の国」 スティーヴンソン、水谷まさる・訳
・「クルミ割り人形とネズミの王様」 ホフマン、前川道介・訳
・「しっかり者の錫の兵隊」 アンデルセン、大畑末吉・訳
・「マルスリーヌ」 レニエ、志村信英・訳
・「彫像の呪い」 ハーディ、高畠文夫・訳
・「代書人」 ゲルドロード、酒井三喜・訳
・「女王人形」 フエンテス、木村榮一・訳
・「人形つくり」 北原白秋
・「泥人形の兄」 紀昀『閲微草堂筆記』、武田武彦・訳
・「人形奇聞」 高古堂主人『新説百物語』、須永朝彦・訳
・「承久二年五月の夢」 明恵上人『明恵上人夢日記』、服部正・訳
・「人形つかい」 日影丈吉
・「雛がたり」 泉鏡花
・「人形」 江戸川乱歩
・「ものいう人形」 柴田宵曲
・「マリオネット劇場について」 クライスト、佐藤恵三・訳
・「悪魔の創造」 澁澤龍彦

 全部で19作品収録。
 感想は続きを読む以下で。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『吸血鬼(書物の王国・12)』感想:★★★★☆

2011.07.04 Mon
吸血鬼 (書物の王国)
吸血鬼 (書物の王国)エドガー ポオ 須永 朝彦

国書刊行会 1998-11
売り上げランキング : 339580


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 この「書物の王国」は一冊ごとのテーマに沿う、様々な作家の手による作品を集めたシリーズ。収録する作品は西洋東洋を問わず、詩や評論までもが対象……らしい。
 本書収録の作品は以下。

・「コリントの花嫁」 ゲーテ、竹山道雄・訳
・「断章」 バイロン、南條竹則・訳
・「吸血鬼」 ポリドリ、今本渉・訳
・「ドラキュラの客」 ストーカー、桂千穂・訳
・「ベレニス」 ポオ、大岡昇平・訳
・「月のさやけき夜」 ウェルマン、紀田順一郎・訳
・「仮面舞踏会」 ダーレス、森広雅子・訳
・「吸血鬼は夜恋をする」 ウィリアム・テン、伊藤典夫・訳
・「血の末裔」 マチスン、仁賀克雄・訳
・「クラリモンド」 ゴーティエ、芥川龍之介・訳
・「ラテン系ユダヤ人」 アポリネール、鈴木豊・訳
・「刺絡」 シュトローブル、森鴎外・訳
・「夜ごとの調べ」 ステンボック伯爵、加藤幹也・佐藤弓生・訳
・「死者の訪ひ」 スロヴァキア古謡、須永朝彦・訳
・「吸血鬼の茶屋」 紀昀、前野直彬・訳
・「紫女」 井原西鶴、須永朝彦・訳
・「春の歌」 円地文子
・「吸血鬼」 日影丈吉
・「支那の吸血鬼」 山尾悠子
・「樅の木の下で」 須永朝彦
・「室内楽」 寺山修司
・「吸血鬼幻想」 種村季弘
・「狼の血と伯爵のコウモリ」 長山靖生
・「アイリッシュ・ヴァンパイア」 下楠昌哉
・「夜の末裔たち」 菊地秀行

 責任編者は須永朝彦。


 たっぷり詰まって26作品。「吸血鬼幻想」以下の4作品は評論・エッセー。
 個人的には物語と詩が収録されていると思っていたので、ちょっと後半はガッカリ。物語が読みたくて買ったもので。
 ちなみに本書に使われている紙はかなり厚め。けれど2段組みなので、本自体はそう分厚くもない。
 以下、個人的感想。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『鉱物(書物の王国・6)』感想:★★★☆☆

2011.06.23 Thu
鉱物 (書物の王国)
鉱物 (書物の王国)アンドレ ブルトン

国書刊行会 1997-12
売り上げランキング : 618327


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 各巻異なるテーマを掲げ、そのテーマに沿う物語、詩、エッセイなどを収録するシリーズ「書物の王国」から今回は6巻『鉱物』を。


 収録作品は以下の36作。
・「石の夢」 澁澤龍彦
・「貝の火」 宮沢賢治
・「水晶物語」 稲垣足穂
・「異石」 杜光庭『録異記』、岡本綺堂・訳
・「石髄の話」 葛洪『神仙伝』、飯塚朗・訳
・「狐の珠」 戴孚『広異記』、前野直彬・訳
・「石を愛する男」 蒲松齢『聊斎志異』、増田渉・訳
・「巡礼のひとりごと」 ヴォルケル、栗栖継・訳
・「石の女」 ピエール・ド・マンディアルグ、生田耕作・訳
・「食べる石」 種村季弘
・「産む石」 種村季弘
・「石中蟄龍の事」 根岸鎮衛『耳嚢』、須永朝彦・訳
・「懐中へ入った石」 『梅翁随筆』、須永朝彦・訳
・「動く石」 柴田宵曲
・「室の中を歩く石」 田中貢太郎
・「サファイア」 寺山修司
・「水晶の卵」 ウェルズ、小野寺健・訳
・「博物誌より」 プリニウス、佐藤弓生・訳
・「フィシオログスより」 作者不詳、梶田昭・役
・「雲根志より」 木内石亭、須永朝彦・訳
・「鉱石倶楽部より」 長野まゆみ
・「白描・白描以後より」 明石海人
・「青色夢硝子」 加藤幹也
・「馬鹿石、泥石」 サンド、篠田知和基・訳
・「妖気噴く石」 石上堅
・「クマルビの神話」 矢島文夫
・「岩」 オマハ族の歌、金関寿夫・訳
・「石の花」 日野啓三
・「石の言語」 ブルトン、巖谷國士・訳
・「鍾乳石」 ガスカール、有田忠郎・訳
・「黄銅鉱と化した自分」 池澤夏樹
・「断片・続断片より」 ノヴァーリス、飯田安・訳
・「石」 西條八十
・「ファルンの鉱山」 ホフマン、種村季弘・訳
・「山の親方」 バジョーフ、佐野朝子・訳
・「青晶楽」 塚本邦雄
 責任編者は高原英理。

 長いので折りたたみ。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |