RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『フォースタス博士の悲話』感想:★★★☆☆

2013.03.10 Sun




 インターネット上で得られる情報が少なすぎて、いつものように記事トップに書影も情報も引っ張って来られなかった。
 補足のために書いておくと、これは愛育社の叢刊海外文學からの1冊、『フォースタス博士の悲話』。
 著者はマーロウ、翻訳者は細川泉二郞、発行は昭和二十三年(表記は「廿三」年)。
 書影その他は過去に紹介しているので割愛。

 ゲーテ以前のファウストであり、またゲーテのファウスト像に影響を与えたドイツの人形劇に多大な影響を与えた戯曲。
 言うなればゲーテ版ファウストのお祖父さんとでも言えばいいのか。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |