RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『鏡 科学的伝説についての試論、啓示・SF・まやかし(バルトルシャイティス著作集4)』感想:★★★★☆‏

2012.10.02 Tue


鏡 バルトルシャイティス著作集(4)

ユルギス バルトルシャイティス 国書刊行会 1994-12
売り上げランキング : 702799
by ヨメレバ


 途中から、花粉症のせいで「下を向いたら死ぬ(鼻水的な意味で)」状態の中で読む羽目になった、バルトルシャイティスの『鏡』をようやく読み終えた。

 内容はタイトル通り「鏡」をテーマに、ヨーロッパを舞台に紀元前から現代までを縦横無尽に横切りながら、「鏡」の持つ魅力とそれが喚起するイメージ、ありのままの真実を映す「鏡」または真実をゆがめて嘘だけを映し人を騙す「鏡」を語り、人間が「鏡」をどう見つめたか、そこに何を見ようとしたのかを記した書。
 特別結論じみたものは存在せず、変化自在な万華鏡を覗くかの如きめくるめく想像力と理性の一冊。


 感想としては3つ。
 1.頭の良い人ってこういう話し方するよね。
 2.物理的に重たすぎるから電子書籍にしようよ! 図版も好きに拡大出来て便利だろうし。
 3.「伝説」に復活の余地を与えるな。殺せ。ゾンビ化断固反対。


 2は実際に持ってみれば分かるが、妙にこの本は重たい。角張ってもいるので、読んでいると節々が痛くなってくる。
 こういう本こそ電子書籍にすると良いんじゃないかな。写真や図ももっと詳細なのを載せられるよ。
 って確実に赤字になるから、誰もやらないよね分かります。

 1に関しては、本書では語り手たるバルトルシャイティスは決して親切なガイドとは言えず、最低限のパンくずしか残してくれていない。
 点々と落ちているそれを手がかりに、彼の歩む道を追うのは辛い。他の本で鏡にまつわる情報を仕入れていたからまだ何とか落第せずに済んだけれど、それでも途中でドロップアウトしかけまくったよ。
 ただ豊かに飛翔する姿は実に見事で、その様を見られるならば全身筋肉痛になりながらも付いていくだけの価値はある。逆に理解出来なかった時の疲労感が凄い。
 パンくずの落とし方にはやはりある程度の規則性のようなものがあり、最初は面食らっても我慢して黙々と歩き続ければ、その内にコツを掴んで難易度は下がるのだけれど、そこまで行くのがまた辛い。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |